ブログ

ヤラハタについて徹底解説!男性が狙うべき理由とは?

ヤラハタについて徹底解説!男性が狙うべき理由とは?

「ヤラハタってどういう意味?」
「ヤラハタって実際どうなの?」

この記事はそういう人向けに書いています。

先取結論

ヤラハタに抵抗ない女性もいる

男性としては手を出しにくい

ヤラハタとは?

ヤラハタというワードを聞いただけでは、どういう意味なのか分かりませんよね。
実際に、私も調べるまではどういう意味か分かりませんでした。

ヤラハタとは「ヤラずに二十歳を迎えた女子」のことを指します。

20歳で処女の人のことをヤラハタと呼ぶようです。
中には、20歳で童貞の人のこともそう呼びますが、基本的には女性に使われることが多いです。

・関連ページ >>童貞卒業の平均年齢はいつ?都道府県別・全国平均は?

以前、ヤラミソについても紹介しましたが、感覚は同じです。

二十歳までにセックスをしなかった人がヤラハタに該当するので、20代以降に初体験をした人も、一応ヤラハタになります。

ヤラハタという言葉になじみはないのは使われていないからであり、言葉が流行したのは30年以上も前なので死語といっても良いでしょう。

現代社会の20代以前の経験率は下記の通りです。

男性:5~6割が経験済み
女性:4~5割が経験済み

男女ともに半分以上はヤラハタということになります。
最も、高校を卒業してから処女を卒業する人も多いようで、大学などで経験してしまうことがほとんどです。

しかし、縁がない人は、そのままヤラハタに突入してしまいます。

そこで、ヤラハタに対して男女がどういう心理を抱いているのかをそれぞれ解説していきます。

ヤラハタに対して女性が抱くこと

ヤラハタに対して女性が抱くこと

ラハタに対して女性が感じることは様々ですが、大きく分けて下記の二つが挙げられます。

女性が抱く心理

特に気にしない

焦りを感じることもある

両極端ですが、それぞれ感じ方は様々です。

以前は、「若い内にセックスを経験しておくべき」という風潮が流行しましたが、現代ではそこまで重要視されていません。

むしろ、処女や童貞がセックスしない20歳を迎える人が多く、全体の半分以上がヤラハタだということがわかっています。

特に気にしない

まず、ヤラハタに対してあまり気にしていないという人がいます。
一番の要因としては、自分以外にもヤラハタ女子が増えているということが挙げられます。

50%はヤラハタ女子ということになるので、2人に1人の確率でヤラハタというわけです。
セックスに対して興味関心はあっても、自分のタイミングでセックスをすればいいという考えの人が多いのです。

それに、短期大学や女子大に通ってしまった場合は、余計にタイミングを失うことがあります。
年齢が若いということもあって、ヤラハタでも特に気にしないという人が多いのでしょう。

20代の内は出会いのチャンスがありますし、無理して処女を卒業するということはありません。

仮に、ヤラハタを迎えたとしても、その後にセックスをすればいいという人が多いようです。

中には、恋愛に興味はあっても性的な感情にそこまで興味がない人もいます。
本当に好きになるまでその人とは、セックスをしないという意思も関係して、ヤラハタになるケースもあります。

経験者の声もある通り、エッチに対して抵抗を持っている人もいます。
興味の有無にかかわらず、エッチをすること自体が怖いということから、自然とヤラハタになるというパターンです。

女性は男性に比べると、特に貞操観念が高く、処女を大切にするのでヤラハタが増えるのもわからなくもありません。

焦りを感じることもある

https://twitter.com/tugi411/status/1086857286927011842

ヤラハタに対して、焦りを感じる人も多く、20歳になる前に早くセックスしたいという人もいます。

男女問わず考えており、普段の生活の中で焦ることはなくても、周りの話を聞いたりすると焦りを感じる人もいるようです。

女性は特に、将来的なことを考えるので、周りが結婚や出産をすると自分がヤラハタである事実に気づき、焦りを感じてしまいます。

処女だからというよりかは、周りが将来的に充実していく中で、自分は何も前進していないということに焦るわけです。

ヤラハタ女子は、彼氏がいたとしてもそういう関係に発展しません。
女性がセックスに対して興味がないか、抵抗があるかが理由になります。

また、そもそも出会いがなく男性と付き合うことができずに、ヤラハタを迎えてしまうということもあります。

男性がいない学校や職場等で日常生活を送ると、男性に対しての興味関心が薄れていき、自然とヤラハタの道を歩んでしまうこともあります。

ヤラハタに焦りを感じている人は、出会えるツールなどを見つけて、男性との出会いを見つけるところから始めましょう。

ヤラハタ女子に対して思う男子の心理4選

ヤラハタ女子が抱く心理について紹介しましたが、次は男性がヤラハタ女子に対してどういう心理を抱くのか紹介します。

やはり、自分が経験者で相手が処女というだけで、男性は様々な感情を抱くことがあります。
中でも、特に考えられる心理は下記の通りです。

男性が抱く心理

男子慣れしていない

純粋無垢

安易に手を出せない

エッチに関心があるかわからない

貞操観念が高いからこそ、簡単にエッチに発展しないだけあって、男性としても近づきにくい存在でもあります。

ヤラハタ女子は、男性を受け入れる姿勢を見せないと、いつまでもヤラハタを卒業できないということです。

男子慣れしていない

まず、ヤラハタ女子に対して最も抱きやすいのが、男子慣れしていないということです。

経験者の男性からすると、「若い内にセックスをするべき」という人が多いので、ヤラハタの女性がいれば境遇を想像してしまいます。

おそらく、自分のいた環境や周りの女性と比較するので、それらと比べると余計に男子慣れしていないと思います。

しかし、男子慣れしていない=自分色に染められると思う男性も多く、案外ヤラハタ女性は、男性から人気のあるタイプとも言えます。

攻略が難しい女性ということもあって、オーソドックスな攻略はできません。
恋愛に対して、そういうスリルやゲーム性を感じている人ほどヤラハタ女子を狙う傾向にあります。

ヤラハタになる境遇を考えれば、男子と接する機会が少なかったということは明確です。

そういう女性は、セックスに対しての興味すらない人もいるので、男性としては扱いづらい部分もあるでしょう。

ただし、男慣れしていない女性というのは、いざ男性と付き合うと一途になるという傾向もあるので、恋愛を楽しむという意味では最適です。

男性も、段階を踏んで手を出してくるような人なら、円満な関係を築き上げることができるでしょう。

仮に、ヤラハタを気持ちよく卒業したいと思っているなら、同じく女慣れしてなさそうな男性とお近づきになったほうが良いでしょう。

純粋無垢

男性は、ヤラハタ女子に対して純粋無垢というイメージも抱いています。

20歳になるまでに処女を守ってきたということは、今までそういう経験が一切なかったということです。
性的な知識は一切なく、中には恋愛をしていない女性もいるでしょう。

仮に知識があったとしても、そこから発展することはありませんし、セックスに至ることはありません。

そういうイメージから、純粋だと感じている人が多いのです。

しかし、ヤラハタ女子の中には、性的な知識や興味は持っているものの、単に相手がいなくてヤラハタになった人もいます。

そういう人は、誰でもいいというわけではなく、本当に好きな人としかセックスをしないという考えを持っています。
貞操観念が高いので、誰とでもするわけではないのです。

その点、男性が抱いている純粋無垢というイメージとは少し離れてしまいます。
ただ、年齢が年齢ということもあってそういう感情を抱かないほうがおかしいので、恥ずかしがることではありません。

エッチな考えをすること自体が恥ずかしいと思うヤラハタ女子もいるみたいですが、性的な興味がないとヤラハタは卒業できませんからね。

男性も純粋すぎてしまうと、中々手を出せないという人が多いので、時にはそういう一面もちらつかせることが重要です。

安易に手を出せない

ヤラハタ女子に対して抱くことは様々ですが、やはり安易に手を出せないというのもあるようです。

処女というだけで結構ガードが堅いと思ってしまう男性は、いざヤラハタ女子と付き合ったときに、少し抵抗してしまう人もいます。

しかし、ヤラハタ女子は男性経験が少ない分、一度好きになった男性は大切にします。
そのため、恋愛面で充実したいと思っている男性は、処女でも気にしないという人も多いです。

ただし、自分が経験者だとしても、相手が処女というだけで手を出すことに迷ってしまいます。

処女を卒業するというのは、女性の中でも結構重要なことですし、男性としても気になる部分でもあります。

「本当に自分でいいんだろうか」「俺で卒業して後悔ないだろうか」等と考える人もいます。

相手が経験者なら、そこまで考えないことですが、処女だと余計に頭を抱えてしまう人もいるようです。

とはいえ、20代で処女の人は多く、男性も童貞である可能性もあるので、そこまで重要視することではありません。

相手のことを本気で好きだと感じて、「この人ならセックスしてもいい」と思える相手なら、処女を捧げても良いでしょう。

エッチに関心があるかわからない

エッチに関心があるかどうかわからないというのも、男性が抱く心理として紹介できます。

最も性が盛んな時期である高校生から20歳にかけて、経験をしていないということは単にチャンスがなかったか関心がなかったのかのどちらかになります。

理由は女性によって様々ですが、男性から関心がなさそうと思われてしまうと手を出されなくなります。

確かに、女性は初めてのエッチなので恐怖心もありますし、本当に大丈夫なのかなという不安もあるでしょう。

仮に、男性と二人っきりになったとしても、相手が手を出してこないのは性的な面で関心がないと思われてるからです。

男性も手を出しにくく、処女というのが相まって余計に手を出せない状況になっているのです。

ただし、関心がない女性に対して少し期待している男性もいます。

「エッチに関心がないけど、実は大胆だったら」という妄想をしている人もいます。

ヤラハタ女子は、エッチに対して関心がないわけではなく、相手がいないだけということも考えられます。
そういう女性は、いざエッチをするときに少し大胆に振舞ってみると良いでしょう。

仕方はわからなくても、積極的にスキンシップを取るだけでも、男性は興奮するものです。

・関連ページ >>童貞卒業あるあるまとめ【初体験でよくあるパターンをまとめました】

まとめ

この様に、ヤラハタ女子について解説してきましたが、いかがでしたか?

いずれも事情があってヤラハタになっているケースが多いです。

ヤラハタ女子ということに焦りを感じている人もいれば、特に抵抗ない人もいます。

20歳になって経験していない人の割合は、男女ともに50%以上です。
となると、2人に1人は経験していないことになるので、周りに人が多い分焦りを感じる人はいません。

それに、女性は特に貞操観念が高いので、処女を卒業することに対して抵抗を感じてしまう人も多いようです。

自分の貞操を大事にするという意味では、ヤラハタ女子はかなり好感が持てますよね。

20歳過ぎても処女という事実に意気消沈するのではなく、それを自信に持つのも良いです。
タイミングが来たときに卒業すれば、良いだけの話ですからね!

・関連ページ >>やらみそ女子とは?原因と特徴、卒業する方法を徹底解説!




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>