割り切りとセフレの違いや割り切りでの危険性や回避方法

割り切りとセフレの違い


よく混同されがちなのが「割り切り」と「セフレ」ですね。

一見どちらも同じような相手であると考えるのですが、実は明確に違いがございます。

 

割り切りって何?

 

「割り切り」の方は、先に述べた様に「割り切ってセックスする」ということで、相手が誰であろうと何であろうと、そこには金銭という名の接着剤がお互いを結び付けている以上、明らかに人間味の薄い関係性を示します。

ただ勘違いをしてはいけません。

これは決して悪い表現ではなく、要は「相手のことをそこまで気遣わなくてもいい、だって金銭で成り立っている関係なのだから」という思考にもなりますから、非常に気楽なのですね。

 

・関連ページ

 >>割り切りの意味は?用語・類語は?【割り切りで会える人の意味とは】

 

セフレとは?

 

一方で「セフレ」というのは、その名の通り、お互いの関係は「友人」でもあるのです。

要は、「友人程度の相手への思い遣りがあり、かつセックスも楽しんだり共有したりできる関係」ということで、ここには明確な人間味が存在します。

しかし、もちろん友人かそれ以上の関係ではありますから、相手への不満が募ったり、喧嘩したりすることもあるでしょう。

どちらが良い関係なのかというのは勿論答えはなく、個人それぞれの持つ価値観が決定できることかと思います。

お好きな関係性を築いていくことが大事になるでしょう。

 

・関連ページ >>割り切りからセフレにする方法【女心を掴んでやり友にするには】

 

割り切ったお付き合いとは?

 

先述した通り、割り切ったお付き合いというものには、ほぼ間違いなく「金銭」が間を持って関係性を構築しているはずです。

したがって、男性からすると「お金を払っているのだから、ある程度のサービスを受けよう」という心理状態になりますし、女性からしたら「お金を貰っているのだから、ある程度は我慢してこなしていこう」という気持ちになります。

 

これには普段プライベートでするセックスとは明らかな違いが男女にあることがよくわかります。

 

つまり、お金を払っている側の男性に若干の心理的優位性が成り立つことになります。

その上でするセックスということになりますから、まさにしている最中のモチベーションも違ってくるでしょう。

 

ただ、ここで大切なのは「お金を払っているからといって、何でもしていいわけじゃない」ということです。

女性も人ですし、いくら割り切りと言っても仕事にしている人は少ないですから、女性側にも断る権利はあります。

 

中には、本当に生理的に受け付けない男性とはいくら割り切りでもやりたくないと言う女性もいます。

つまり、さすがに女性が嫌がることは無理強いしないということがポイントになります。

 

よく横柄になりがちの男性なので、ここには注意しましょう。

 

すると気に入った女性とも長続きする可能性が上がってきますので、お互いのニーズを満たしつつ、嫌がる一線は越えないように、うまく立ち回っていきましょう。

もし自分の満足が満たされなくなってしまったら、相手を変えるか、キープしつつ他を当たるかして、いろいろな方と交渉してみましょう。

 

決して、今会っている相手に、事前に打診をしなかった内容について責めたりはしないようにしましょうね。

 

割り切りの注意点【トラブル・病気・美人局対策】

 

さて、割り切りというものは非常に便利で都合の良いものであるということを伝えてきました。

自分の好きな時に、好みの女性を探すことができることはよく分かったかと思います。

しかし、途中少し触れましたが、注意点もいくつかあります。

初めて会う人同士であれば、お互いの情報がほとんどないまま会って、すぐさまセックスするわけですから、普通に考えてもリスクがありそうであるのは明確ですね。

その注意点について、いくつか触れていきたいと思います。

 

割り切りの注意点・ポイント

 

割り切りで会う際の、全体的な注意点をお伝えします。

まず、「相手のプロフィールは本当に好み?」です。

サイト内では画像が登録されていたりするので、それを見ればある程度の判断はつくのですが、全ての人が画像登録をしているわけではありません。

例えば、「体型は普通と書いてあったのに、会ってみたら凄まじくデブだった」や、「20代前半のはずなのにアラフォーが来た」などです。

こんなことがあったりするので、気になる点は失礼にならないように事前に確認や念押しすることをオススメします。

また、金銭などの条件交渉も上手くする必要があります。

できるだけ安く会いたいものですが、それでは中々会えませんので、ある程度の経費が掛かることを想定しておきましょう。

また、相手が「業者」である場合もありますので、注意が必要です(業者については他の項目で触れますので、そちらを確認下さい)。

以上の様に、会うまでのやりとりである程度工夫が必要なポイントがありますので、それらに注意をしていざ会うところまでもって行くのが良いですね。

 

割り切りでのトラブル


割り切りでのトラブルは、会う前と会った後に分けてお伝えします。

まず会う前ですが、条件などの交渉が決裂したりすると、こちらの対応によっては相手から罵声を浴びたり、ブロックされたりしてしまいます。

なので、事前のメールでのやりとりはあくまで丁寧に行って、相手に不快な思いを与えないように対応しましょう。

ここまでは簡単なのですが、問題は会った後のトラブルです。

先に述べた様に、会ってみたらとてつもないデブスだったなんてことが起こりえます。

これは事前にいろいろと確認をしておけば多くの場合は防げますが、それでも嘘を付かれて会ってみたら変なのが来たということが多少なりともあります。

これには毅然と対応し、「言われていた見た目と違うので、キャンセルさせて頂きます」として、会った後であってもしっかり断ることにしましょう。

理詰めで説明すれば大抵乗り切れますので、安心して拒みます。

また、事前に交渉していた内容(金額・プレイ内容、2回戦OKなど)が、会ってみたら「そんなの聞いてない」なんてこともあります。

これは業者に多いのですが、仲介する者が了承しても、肝心の女性に伝わっていないケースがあります。

これにも毅然と対応し、しっかり事前オファーした内容でプレイしてもらいましょう。

 

 >>割り切りの値段やプレイ時間の相場は何分?【年代別相場や交渉のタイミング】

 

割り切りして病気になる危険性

 

いくら手軽で便利な割り切りと言っても、リスクはあります。

その代表例が「病気」ですね。

例えば、通常の風俗店だったら嬢に定期的に検査をさせて陰性であることを確認してから仕事に従事させますが、割り切りをしているのは素人が多いので、そこまでしている人はとても少ないです。

ましてや、複数人を常に相手にしている場合は、やはり病気のリスクは拭えない

これはどう排除しても常に付きまとうリスクとなりますので、正直どうしようもありません。

ただ、そういったリスクを知っていても、見知らぬ人と会うドキドキや興奮は何とも言えないものですから、やめろと言われてもやめられるものでもありません。

なので、病気のリスクはありますが、自己責任で欲求と相談して割り切りをすることを選んで頂ければよいと思います。

 

割り切りしている美人局対策

 

あまりないことではありますが、美人局に引っ掛かる可能性がゼロではありません。

実際、それ引っ掛かったという体験談がかなりアップされていますし、本当にあることなのだとも思います(ちなみに筆者にその経験はありません)。

可能性は低いでしょうが、会ったホテルで若いお兄ちゃんが待ち構えていた、もしくは後から怖い男が来た、などが起こりうると考えて、事前に対策をうつことが大事ですね。

これは実は簡単です。

それは、「待ち合わせ場所、セックスするホテルは自分が決める」ことで大丈夫です。

要は、相手の準備している布陣に飛び込まない、もしくは主導権を握らせないという対策ですね。

これでほぼ防げるでしょうから、事前のやり取りで「なんか怪しいなぁ」と思ったら、そういった対策をするのも手かと思います。

 

・関連ページ >>割り切り相手の探し方【割り切りで会える人募集してる女の子が狙い目】