その他・一般

Tinderでマッチしない原因は?マッチング率を高める攻略法!

「Tinderでマッチしない理由を知りたい!」
「Tinderのマッチング率を上げるにはどうすればいい?」
この記事はそういう人向けに書いています。

先取結論

男性のマッチング率は6%(データ有り)

ゴールデンタイムのライクはマッチング率が高い

メイン写真は他撮り必須

Tinderでマッチしない理由

Tinderは、世界的に有名なマッチングアプリであり、会員数は全世界で5000万人存在します。

日本の利用者も多く、若者を中心に利用しており、「Tinderで出会えた」等のTinderの口コミを目にすることもあります。

しかし、Twitter等では会えるどころか「マッチしない」という口コミが多く存在。

「機能面の問題」「プロフィールの問題」等様々な理由です。
中には、マッチングするもののメッセージが継続しないという口コミも多数。

マッチしない原因は様々ですが、考えられる原因として下記が挙げられます。

マッチしない原因

・Tinderの仕組みを理解していない

・Likeを送っていない

・プロフィールが充実していない

事前にマッチしない理由を把握して、Tinderを利用すればマッチング率は上がります。

・関連ページ >>Tinderは知人にバレる?【身バレを防ぐ方法と対策とは】

Tinderの仕組みを理解していない

Tinderは、お互いライクをつけあうとマッチング成立となります。
他のマッチングアプリとシステムは同じです。

マッチングしないと、会うこともできませんしやり取りすることもできません。

ライクは、無料会員でも送ることができますが、制限があります。

無料会員:120回(12時間以内)
TinderPlus:無制限
TinderGold:無制限

相手にライクを送る場合もあれば、相手からライクが来る場合もあります。
両方がライクを送りあうと、マッチングが成立します。

この仕組みを理解しているか否かで、マッチング率に大きく影響します。

Likeを送っていない

Tinderでは、ライクを送らないとマッチングしません。
女性からライクが来ることもありますが、稀です。

全くマッチしないという原因の一つとして、積極的にライクしていないことも考えられます。

無料会員なら12時間以内であれば120件のライクを送ることが可能。
機能性を生かして、表示される人にライクを送り続けるとマッチングの可能性も高まります。

気になる男性がライクをしてマッチングする確率は、約1%と言われています。
※詳細は検証結果にて

120人にライクを押しても、1~2人しかマッチングしないことになるので、絶望的です。

原因として考えられるのは下記の通り。

・アクティブユーザーが少ない
・女性を選別できる

男性会員が積極的にいいねを送る分、女性会員はほとんどの確率でマッチングします。
無料で利用できて、マッチング率が高いと女性が利用する理由もわかります。

しかし、男性の場合はマッチング率が極端に低いので、女性を選んでいる場合ではありません。
「可愛いからライク」「タイプじゃないからノープ」等選別していると、マッチングするわけがありません。

プロフィールが充実していない

女性が男性にライクをする理由は、一番が顔写真です。
次に、プロフィールの充実度が挙げられます。

マッチしないと悩んでいる人は、プロフィール充実度が低いことが考えられます。

・顔写真を設定していない
・自己紹介文を埋めていない

項目に該当する人は、まずマッチングしません。
「面白そうな人」「話してみたいな」と思われない限りは、ライクはもらえませんしマッチングもできません。

プロフィールの書き方は後述しますが、最低限プロフィール文章だけは埋めるようにしましょう。

端的にまとめたシンプルな文章がベストで、内容がわかりやすい文章を心掛けると良いです。

自分がアピールできる項目を自己紹介文に取り入れましょう。
(高身長、高学歴、高年収等)

自分語りは避け、第三者から見て見栄えのいいプロフィール作りを心掛けると便利です。
相手の目に留まるようなプロフィールを意識しましょう。

・関連ページ >>【テンプレあり】出会い系プロフィールで異性から一目置かれる方法!

1週間使用してTinderのマッチング率をガチ検証!

前述した通り、男性のTinderマッチング率は1%と言われています。
その真偽を確かめるために、今回は1週間Tinderを使って検証しました。

1日120回を上限に、一週間ライクを送ってマッチング率を検証しました。
時間帯は、最もマッチングしやすいとされている20:00~21:00です。

マッチング総数 54件
マッチング率 6%(54件/840件)
アクティブ率 7%(4件/54件)
アポイント 1%(1件/54件)

マッチング総数は、全体で54件でした。
マッチング率は、6%と推測よりも若干多め。

曜日別のマッチング件数ですが、週末の金曜日~日曜日が最もマッチングしやすいことがわかります。

しかし、マッチングした内の50人は非アクティブユーザーであり、実質返信が来たのは4人。

会話が発展して、ライン交換をして会う約束ができた人が1人。

Tinderは距離が表示されるので、距離が近いユーザーと意気投合をすれば短期間でもアポが取れるメリットがあります。

マッチング率は平均で6%だったので、マッチングしないのは事実です。
しかし、完全にマッチングしないというわけではありません。

最もマッチングしやすいのは、金曜日~日曜日の週末です。
時間帯もゴールデンタイムの20:00~以降を狙うと良いです。

マッチング率が低い分、プロフィールで差をつける他、時間帯を把握してライクを送ればマッチング率も高まります。

Tinderでマッチしやすくなる3つの攻略法

Tinderは、他のマッチングアプリと比べて、機能面や会員層が異なるので一筋縄ではいきません。

検証結果からして、全体の6%しかマッチングしないので、確率はかなり低めです。

通常の感覚で利用すると間違いなくマッチングしないので、Tinderの正しい使い方を紹介します。
3つの攻略法を把握すれば、確実にマッチング率を上げることが可能なので、実践してみると良いでしょう。

Tinder禁断の3つの攻略法

・Likeは表示される全ての女性に送る

・Super Likeの限度を考える

・ゴールデンタイムにブーストを使う

Likeは表示される全ての女性に送る

男性のマッチング率は低く、女性を選別してライクを送っているとマッチングにつながりません。
そのため、ライクは表示される全ての女性に送りましょう。

無料会員なら12時間で120件送れるので、まずは上限120に達するまで送ることをおすすめします。

「全ての女性にライクを送るのは気が引ける」という人もいます。
しかし、ライクを送ったことが周りにバレることはないので、世間体を気にする必要はありません。

Tinderは、アクティブ率も低く、マッチングしたとしてもメッセージにつながる可能性は極めて低いです。
Tinderでマッチを増やしたいと思うなら、ライクは作業と捉えることが重要です。

女性を選ぶのは、マッチング後でも問題ありません。
ライクをする時間を短縮すれば、マッチングにかかる時間も短縮できます。

ライクに時間をかけるよりも、メッセージでの女性とのやり取りに時間をかけた方が効率的です。

・関連ページ >>【例文あり】出会い系を攻略できるメッセージの送り方・テクニック!

Super Likeは限度を考える

Tinderには、スーパーライクというものが存在します。
通常のライクよりもアピールできる機能です。

積極的に利用したいところですが、課金コンテンツです。
登録時に、5件のスーパーライクが付与されますが、なくなり次第課金が必要。
※一日一回無料で付与されます。

月額課金TinderPlusに登録すれば、1日5件のスーパーライクが付与されます。

スーパーライクのマッチング率は、通常のライクとほとんど変わりません。
しかし、女性の目に留まりやすくなるので、マッチング率が高くなるという声もあります。
Tinderでも公式に、3倍になると発表していますが、母数が低いので効果を実感することはできません。

多少効果的ですが、基本は振り向かれないケースが多いので、課金する必要はありません。
送る相手を選別するよりも、不特定多数にライクを送ったほうが効率よくマッチングできます。

ゴールデンタイムにブーストを使う

ブーストはTinderの課金システムの中で、最も使えるコンテンツです。
ブーストを使うと、30分間スワイプ画面に優先表示されるので、マッチング率が10倍になると公式で発表されています。

時間が限られているということもあり、アクティブ数が少ない時に利用すると無駄打ちで終了します。

ブーストを使用するときは、20:00以降のゴールデンタイムで使用しましょう。
マッチング結果から分かった通り、週末のゴールデンタイムが使い時です。

ブースト1回当たり480円で利用可能なので、金銭負担も少ないです。
利用者の多い関西圏や関東圏では、利用者が多くライバルが多いので、ブーストの使用は必須。

効率よくマッチング率を上げたいなら、積極的に課金してブーストを使いましょう。

プロフィール作成=マッチング率

前述した通り、女性がライクする基準はプロフィールにあります。
「写真の写り方、プロフィール文章」等様々な項目がありますが、女性受けが良いプロフィール作りを心がけましょう。

プロフィール作成はマッチング率に直接かかわるので、効果的なTinderのプロフィール作成方法を解説します。

Tinderでウケるプロフィール文

どのマッチングアプリでも、プロフィール文は重要ですが、Tinderは別です。

Tinderは気軽に出会いたいという人向けのアプリであり、軽いノリでの出会いを求めています。

堅苦しい長いプロフィール文は、女性からすると悪印象です。
そのため、短文で完結にまとめることをおすすめします。

実際に、私が設定しているプロフィール文です。
Tinderのユーザーは、そこまで文章に執着していないのでこの程度で問題ありません。

これに付随して、色々な情報を付け足すと良いです。

・仕事内容
・活動エリア
・趣味

この三点は含めて損はない項目です。
仕事内容と活動エリアは同じ文章にすると親切です。
例:梅田で不動産営業してます。
例:都内でSEをしてます。

気軽に出会うことが目的なので、職種もこだわる人はいないので簡潔にまとめましょう。

趣味に関しては、文章ではなく単語でまとめると情報が多く相手に伝わります。
良い例:釣り/映画鑑賞/読書/カフェ巡り等
悪い例:釣りが好きで映画も好きです。あとは…

話題を広げるためにも、できる限り多くの情報を短くまとめましょう。

最後に、ネガティブ表現は避けるということです。

自虐的な発言や謙遜している内容は、女性から悪印象を抱かれがちです。

NG表現

・彼女いない歴○○年

・人見知りの性格です

・何も取り柄がない僕ですがよろしくお願いします

悲観的な発言は、プロフィールの価値を下げてしまう原因につながります。
女性がアカウントを見て、ライクしたくなるような万人受けするアカウント作りを心がけましょう。

メイン写真に設定すべき写真とは?

プロフィールで最も重要となるのが、メイン写真です。
スワイプの第一印象になるメイン写真は、プロフィールの顔になるのでよく選んで設定しましょう。

万人受けするような写真を設定するのが無難で、下記の条件に該当する写真を設定しましょう。

・他撮り
・顔の加工をしていない
・画質が綺麗
・清潔感がある、誠実さがある

メイン写真は、他撮りがベストです。
やむを得ない場合は、自撮りでも問題ありませんが、印象はよくありません。
スタンプで顔の一部を隠したりするのもNGです。

あくまでも、女性から見られるということを意識してメイン写真を設定しましょう。

Tinderは気軽に出会えるマッチングアプリですが、女性も男性を選んでいます。
その中で、清潔感と誠実さは男性を選ぶ基準でもあります。

特に、誠実さをアピールすることは重要で、フォーマルな服装などを意識すると良いでしょう。

一例ですが、上記の写真が女性からの好感度も高く、マッチング率が上がる写真です。

サブ写真に適しているものは?

Tinderは、メイン写真のほかにサブ写真を6枚設定することが可能です。

写真が多ければ多いほど、マッチング率を高める基準になります。
そのため、上限6枚を全て設定すると良いでしょう。

実際に、男性のアカウント50人を調べてサブ写真について統計を取りました。

自撮り 28件
風景画 23件
飲食物 20件
ペットの写真 14件
スポーツの写真 10件

最も多いのは、自撮り写真でした。
メイン写真は他撮り写真がほとんどで、サブ写真数枚に自撮り写真を設定している人が多かったです。

次いで多いのは、風景画です。
観光名所の写真や、旅行先の写真が多め。

そして、ペットの写真も案外多かったですね。
ペット単体もありましたが、ペットと一緒に写真を撮っている写真もありました。

女性受けを狙って、ペットと一緒に取るのは効果的です。

紹介した写真は、いずれも効果的な写真と言えます。
それぞれ使い分けて写真を設定すると、マッチング率も上がります。

・関連ページ >>出会い系サイトに顔写真は必要?顔写真を設定した効果を徹底解説!

Tinderの特徴を生かしてマッチング率を上げよう!

Tinderのマッチングしない原因とマッチング率を高くする攻略法を紹介しました。

マッチングしない理由は様々ですが、根本はプロフィールの問題です。
詳しく設定すれば、誰でもマッチング率は上がります。

Tinderは他のマッチングアプリとは違い、気軽さがウリなのでマッチング率を上げるためにも、積極的に自分からライクをしましょう。

・関連ページ >>Tinderで女性と会うまでの最短日数は?検証・体験を元に解説!




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事