探し方・作り方・募集方法・会えるアプリ・サイト

SNSでセフレを作りたいならツイッター|具体的な手順3ステップ

SNSでセフレを作りたいならツイッター|具体的な手順3ステップ

セフレを作る方法の一つにSNSを活用するという方法があります。一昔前はmixiやモバゲー、グリーなどのSNSでセフレを作ることができました。

しかし今ではそれらのSNSは以前に比べてユーザーが少なく、セフレを作るのは難しくなっています。

現在は、

・ツイッター
・フェイスブック
・インスタグラム

が3大SNSとして知られ多くの人に利用されています。

その中でもセフレを作るのに相応しいSNSがツイッターです。今回はツイッターがセフレ作りに相応しい理由と、実際にツイッターでセフレを作る手順を解説していきます。

フェイスブックとインスタがセフレ作りに適さない理由

フェイスブックとインスタがセフレ作りに適さない理由

セフレ作りにツイッターが最適な理由を解説していく前に、フェイスブックとインスタグラムが適さない理由を簡単に解説します。

フェイスブックがセフレ作りに適さない理由


フェイスブックがセフレ作りに適さない理由は

・基本的に本名で登録
・セフレ作り目的で登録している人がいない

の2つが主な理由です。フェイスブックは本名で登録し、リアルの友人知人とコミュニケーションを行うSNSとして一般的に認識されています。

本名でセフレを作る活動を行うのは、自分にとっても相手にとってもリスクでしかありません。セフレを探していることが周りのリアルな友人に知られたら、変な噂がたつこと間違いないでしょう。

偽名で登録することも出来ますが、偽名を使った時点でそれは架空の人物であり、相手からすると面識のない人になるので、まず相手にされません。

セフレを作るためのフェイスブックの効果的な使い方は、既に面識があるけど連絡先の知らない人にアプローチをするといったところです。

具体例は「学生のとき以来会っていない人と再び繋がりを持ち、関係を築いていきセフレに発展させる」といった使い方です。

しかし結局はリアルな繋がりで、関係が崩れれば、予期せぬ噂が広がるリスクがあります。またアプローチ出来る人数にも限りがあります。

インスタグラムがセフレ作りに適さない理由


インスタグラムがセフレ作りに適さない理由は

・写真の投稿がメイン
・写真を投稿し続けないといけない

の2つが主な理由です。インスタグラムは魅力的な画像を投稿するSNSなので、セフレを作るという目的で利用している人はいません。

・関連ページ >>【男性必見】インスタグラムでセフレは作れる?作り方・コツを徹底検証します!

 

インスタグラムでセフレを作るのであれば、魅力的な写真を投稿し続けて、周りから注目される人物になる必要があります。そこで初めて知らない女の子とメッセージのやりとりに発展し、セフレ関係への可能性を開くことが出来ます。

・関連ページ >>インスタグラムに注意点はある?注意すべき6つのポイントを紹介!

 

しかし魅力的な写真を投稿し続けるには多大な労力が必要で、女の子との接点が出来たところで、必ずセフレ関係になれるとは限りません。

・関連ページ >>インスタグラムは出会い目的で使ってもいい?出会い方・コツ・注意点を紹介します!

 

セフレを作るならツイッターが良い3つの理由

フェイスブックとインスタグラムがセフレ作りに適さない反面、ツイッターには「上手く運用すればセフレが量産できる」という魅力があります。

セフレを作るSNSとして、ツイッターが最適な理由を3つ解説します。

匿名で利用でき複数のアカウントを作れる


フェイスブックとは違い、ツイッターは本名で利用している人はほぼいません。つまりリアルの知人にバレることなく、セフレ作りの活動を行えます。

また複数アカウントを作ることが可能なので、アカウントを使い分けて、色々なタイプの女の子にアプローチすることができます。仮にアカウントが炎上したり、女の子にブロックされたところで、別のアカウントを使えばいいだけです。

スマホでツイッターのアプリを活用すれば、複数アカウントの切り替えも簡単です。

圧倒的にユーザーが多く全国どこでもセフレを作れる


ツイッターユーザーは全国で4000万人以上と言われています。これはフェイスブックやインスタグラムより多いです。当然ですが、マッチングアプリや出会い系サイトなどよりもユーザー数は圧倒的に多いです。

「田舎で中々出会いがないけどセフレを作れるかな?」
「10代の女の子とセフレ関係になりたいけど、そんなこと可能?」

など疑問を持つ人はいると思いますが、地域や年齢層などの悩みを一切気にすることなく、セフレ作りをすることが可能です。

サブアカウントを作り積極的にセフレを探している女の子がいる


ツイッターには「裏垢」「エロ垢」と呼ばれるサブのアカウントを作り、自分のエロい写真をツイートしたり、セックスする相手を探している女の子が存在します。

匿名で複数アカウントを作れることから、女の子も大胆に自分をさらけ出し、セフレを作る活動をしています。

フェイスブックやインスタグラムでは見られない、「裏垢」を作るという文化があることが、セフレ作りにツイッターが最適と言える最も大きな理由です。

・関連ページ >>インスタグラムでパートナーの浮気を見破る方法を徹底解説!

 

ツイッターでセフレを作る具体的な3ステップ

ここからはツイッターでセフレを作るために、具体的に行うことを解説していきます。

地味な作業ですが、ツイッターでセフレを作る肝になる部分なので、チェックしながら実際に作業してみてください。

セフレを作るためのアカウントを作成しプロフィールを書く


いわゆる「サブ垢」を作成します。今使っているツイッターアカウントにリアルな知人がいなくて、セフレを作る用に使って問題ないのであれば、それを利用しても大丈夫です。

セフレ作りに最も重要になってくるのがプロフィールです。女の子があなたのプロフィールを見て、魅力を感じたり、どんな人か理解できるようなプロフィール作成をしていきます。大事なポイントは

・年齢
・身長と体重
・趣味
・アピールポイント
・自分の体の一部の写真

を盛り込むということです。必ず全てを盛り込む必要はありませんが、強みになる部分は積極的に入れていきましょう。

当たり前ですが、男女ともに誰でもセックスが出来るというわけではありません。50歳の人とはしたくないかもしれませんし、自分より身長の低い人やデブは生理的に無理という人もいるでしょう。なのでまず、相手にセフレ対象かどうか知らせるために「身長、体重と年齢」は記入しておきましょう。

明らかな嘘を書いてはいけませんが、全てを正確に書く必要はありません。年齢は「アラサー」のように大体で構いませんし、身長も168cmであれば170cmと書いてもバレる可能性は低いでしょう。

趣味はコミュニケーションのきっかけになります。共通の話題があることで、簡単に距離を縮めることができます。あまり男性的な趣味は書かないようにし、「カフェ巡り」「食べ歩き」のような女性に好かれそうな趣味を書きましょう。

アピールポイントは少し性的な魅力を意識して書きましょう。筋トレをしていてガッチリしていたり、細マッチョな体型であれば、書く価値はあります。露骨に「ドSです」「セックスに自信があります」といったことは書かない方が無難です。そういったことは間接的にツイートで伝えるのが良いでしょう。

アイコン画像は体の一部を写した写真に設定するのが良いです。髪型がわかる写真や目、スーツ姿などがおすすめです。顔全体を写す必要はないので、スタンプなどで隠しましょう。初期の卵アイコンや、アニメキャラなどはやめておきましょう。

セフレにしたい女の子とコミュニケーションをする


プロフィール作成の次に行うことは

・女の子に響きそうなツイートをする
・裏垢女子をフォローする
・リプをしてコミュニケーションをとる

です。

まずネガティブなツイートはしないようにして、下ネタツイートは3割程度に留めておきましょう。女の子から見て「キモい」と思われてはいけないので、常に自分のツイートを客観視しておきましょう。女の子に響くツイート例として、美味しい飲食店やスイーツに関するツイートが当てはまります。これらの内容は、コミュニケーションのきっかけ作りになるのでおすすめです。

次にフォロワーが0人だとイメージがよくないので、ある程度フォロワーを増やすために裏垢女子をフォローし、フォローバックをしてもらいましょう。

裏垢女子をフォローしているうちに、セフレにしたい女の子が見つかれば、女の子のツイートに対してリプライを送ってみましょう。ここでも「キモい」と思われてはいけないので、頻度や内容を考えてリプをしましょう。

セフレにしたい女の子にDMを送る


当然ですが裏垢女子も下ネタをツイートしています。それに対してリプライを送っていると、返事がくることがあります。

下ネタのツイートに対して、キャッチボールが出来る程度の関係性が築けたら、DMを送ってみましょう。ツイートの内容によりますが、「性欲ヤバイ!セックスしたい!」のような内容に対してキャッチボールが出来ていたら、DMでサクっと日程を設定なんて可能性も十分あります。

この辺りがスムーズに進むかどうかは、これまでのプロフィールの作り込みや、自身のツイート内容にも左右されるので、今まで解説してきたことを怠らないように細部までこだわりましょう。

セフレ作りの参考になるツイッターアカウント

まだ実践していない人は「本当にセフレ作れるの?」「自分にも出来るかな?」「もっと具体的に知りたい」など疑問や要望が出てくると思います。

今回はそんな人に応えられるように、実際にセフレ作りの参考になるアカウントを3つ紹介したいと思います。

じん(大変な変態)。


ツイッターで最もセフレ作りが上手いと言っても過言ではない人です。

じんさんはツイッターで知り合った女の子とセックスをし、ハメ撮りまで行っています。ツイッターにハメ撮り動画も投稿されているので要チェックです。

フォロワーも多く、ツイート内容も参考になります。ぜひ過去のツイートをさかのぼり、テクニックを真似してみましょう。

じん(大変な変態)。さんのツイッターアカウント

らい


現在活動はされていませんが、ツイート内容は参考になるので要チェックのアカウントです。

プロフィールのアイコンは今回解説したスーツ姿です。スーツは女の子受けが良いということを体現してくれています。

過去にハメ撮り投稿をされていたのですが、今は見れないのが残念です。

らいさんのツイッターアカウント

龍之介


上の2人とはアプローチ方法が違う龍之介さん。

活動は比較的最近で、実は実績はわからないのですが、今後の参考としてチェックしておくと良いと思い紹介しました。

電話エッチを強みとしていて、女の子のオナニー音声が多数投稿されています。おそらく電話エッチからリアルセックス、という流れが出来ていると思います。

龍之介さんのツイッターアカウント

もっと簡単にセフレを作りたいなら

ここまで、ツイッターがセフレ作りに適している理由や、具体的な方法と参考アカウントの紹介をしてきました。

今回解説してきた方法と、参考アカウントを真似すれば、実際にツイッターでセフレを作ることは可能です。

しかし実際のところ、かなりの労力がかかります。例えば参考として紹介した、じんさんくらいになればセフレ量産アカウントと呼べますが、そこまでアカウントを育てるにはかなりの時間を要します。

「どうしてもSNSでセフレを作りたい」という強い思いがあるのであれば、挑戦してみる価値はありますが、単純に「セフレが欲しい」というだけであれば、出会い系サイトやマッチングアプリの方が簡単にセフレを作れます。

・関連ページ >>マッチングアプリでセフレはできる?出会い系サイトと比較してみた!

その理由は簡単で、ツイッターより本気でセックスしたい人が集まっているからです。出会い系サイトなどはユーザー数はツイッターに劣るものの、本気度の高い人や今すぐセックスしたいという人が圧倒的に多く、見つけやすいです。何よりもアカウントを育てる必要がなく、サイトに登録をして、ある程度プロフィールを作成し女の子に声をかければ、その日にセックスが出来る可能性も十分にあります。

・関連ページ >>【テンプレあり】出会い系プロフィールで異性から一目置かれる方法!

もし少しでも早くセフレを作りたいという人は、このサイトで紹介している優良出会い系アプリ・サイトランキングを一度試してみてください。出会い系サイトの具体的な攻略方法なども掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事