セフレを出会い系で作る方法・やり方とおすすめアプリ・サイト※2018年8月版

出会い系でセフレを作る方法・やり方や手順とおすすめ出会い系アプリ・サイトを紹介しています。※2018年8月更新

出会い系でセフレを作る方法・やり方

 

出会い系でセフレを見つける上で気を付ける事

 

出会い系サイトで要領よくセフレになりそうな女性をターゲットし終えると、いざコンタクトを取ることになります。

 

効率を重視して、複数の女性に同時にコンタクトを取るのが良いと思います。

 

すると、気付くのが「異様にコンタクトがスムーズな人」の存在です。

 

本来、セフレを作るにあたって、女性からしたら「誰が相手でも良いわけはない」のです。

 

つまり、女性からしても男性へ求めるものがありますし、それに合致しているかどうかも分からない、どこの誰かわからない男性に、すぐなびくはずがありません。

 

少しずつ距離を縮めていって、晴れてセフレ関係になるというのが普通の流れです。

 

しかし、こちらからの誘いにホイホイ乗ってくる、とか、向こうから積極的にセフレ関係を望んでくる、とか、ちょっとやりとりがスムーズに行き過ぎる場合は注意が必要です。

 

女性の目的が「セフレ関係になりたい」ではない可能性があります。

 

例えば、他サイトへ誘導してきたり、個人情報を取ろうとして来たりするような悪徳業者も少なからずおります。

 

また、女性本人がキャバ嬢であったりすると、自分の店に来て欲しいとか、指名して欲しいなどの理由で、「セフレになりたいなら店に通って」と言ってくるかもしれません。

 

こうなると、もはや気軽にエッチできるセフレではありませんので、「やりとりがスムーズ過ぎる」人は注意しながら探るようにしてください。

 

かと言って、そんな人ばかりではありませんので、地道に関係構築を図って、セフレを見つけていきましょう。

 

出会い系でセフレにできそうな女性の特徴・見つけ方

 

一言で出会い系サイトと言っても、利用している人は様々です。

 

SNS感覚の利用のみで出会う気ゼロの人もいますし、とにかく高収入の男を捕まえようとしている人もいます。

 

エロ要素も持っていて、セフレとして関係を持ちたいと男性が思っていても、一朝一夕で見つかるものではありません。

 

つまり、目的に合った人と出会おうとすると、少しコツがいります。

 

まずは、どういった女性をターゲットにするかで、効率が変わってきます。

 

女性の特徴としては、多少でもエロくないとセフレには発展しませんから、そのエロ要素を見つける作業が大切です。

 

かといって、全面にエロを出している人は怪しいので、ほどよくなくてはいけません。

例えば、日記やつぶやき機能を駆使して、ちょっとエロい要素がある投稿をしているかどうかをチェックします。

 

エロ写真を投稿している必要はありません。

 

ただ、エロの日常について触れているかどうかが重要です。

 

少しでもエロ要素があれば、セフレの候補と考えて、コンタクトをとるようにしましょう。

 

また同様に、彼女たちのプロフィールもしっかり目を通しておくことが大切です。

 

何も書いていない人もいますが、敢えてしっかり描いている人で、ほんのりエロを漂わせている人は、「恥ずかしながらも少し匂わせている」という意味合いなので、しっかりそれを拾ってあげて、コンタクトを取ります。

 

以上のように、利用しているサイトの機能をいくつか使用すると、簡単に女性の傾向がつかめますので、それを参考にターゲットを決めてコンタクトを取っていくと、かなりの確度でセフレが見つかりますので、お試しください。

 

男性のセフレを探してる女性はどんな女性?


いくつかセフレになりやすい女性の特徴を紹介しましたが、もう少し細かくお伝えしようと思います。

 

要は、セフレを探している女性の背景や考えなどをしっかり押さえておけば、応用がいくらでも効きますので、それをお伝えしようということですね。

 

まず、セックスは好きでしょう。

 

つまり、エロ要素の部分を人より多く持っているということです。

 

これはほとんどの女性がそうなので、特に問題はないかと思います。

 

また、現在の自分を取り巻く男性環境に満足をしていない人でもあります。

 

例えば、彼氏や夫という決まった人がいるにも関わらず、夜の事情だけはどうしても彼・夫では満足が出来ず、セックスだけ他の男性に満足を求めてたいという人です。

 

つまり、意外ではありますが、彼氏持ち・夫持ちという女性は狙い目になります。

 

パートナーでは味わえない非現実をセフレに求める傾向にあるのですね。

 

他には、人には言えない性癖があって、それを知人には知られたくない場合も、セフレを求めることがあります。

 

例えば、本当は毎日セックスしたい、とか、オモチャが大好きなのに言い出せない、とか、ドM過ぎてもっと縛って欲しいのに恥ずかしい、など、理由は様々でしょうが、とにかく性癖はセフレを作る動機として非常に重要となってくる場合があります。

 

このように、セフレを欲している女性というのは、ただセックスしたいというだけでなく、セックスするのに何か理由がある方がほとんどです。

 

それらを踏まえながら女性を探していくと、より効率よく探せますので、まずはサイトで検索をかけてみましょう。

 

女性へのアプローチ方法

 

いざ女性にお近付きになろうとしても、慣れていない人からすれば、具体的にどうやってアプローチをかけたら良いのかわからなかったりします。

 

自分の一挙手一投足によって、相手を逃してしまうのではないか、などと不安になってしまうと、より手を出しにくくなったりするものです。

 

しかし、出会い系サイトに登録している女性というのは、少なからずエロを求めて登録をしていることは間違いありませんし、セフレに発展しても良いと普通の人以上には思っているはずです。

 

要は、そのエロの部分をいかに引き出すかということが大切になってきます。

 

まずは、最初のメールを送る際に気を付けることをお伝えします。

 

それは、「エロ要素は一切排除してメールを送る」ことです。

 

女性は「エロ魔人」を望んでいるのではなく、「エロ紳士」を望んでいます。

 

つまり、いきなりエロを押し付けてバカ丸出しでアプローチをかけても、女性は落ちることはないのですね。

 

あくまで、紳士に普通に接して、エロは徐々に出していけばよいのです。

 

なので、最初は丁寧に「あいさつ」「自己紹介」をして、「貴女の〇〇〇な部分が気になってメールしてみました」と送ります。

 

「〇〇〇な部分」というのは、女性のプロフィールなどからチェックして、何でも良いので具体的に指摘してあげてください。

 

そうすると、女性は「あ、ちゃんと見てくれてるんだ」と思い、第一印象に好感を持ってくれます。

 

こうして、アプローチの入り口を少し工夫するだけでその後の成功確率がグンと上がってきますので、試してみて下さい

 

サイト内メッセージで返信率を上げるポイント

 

出会い系サイトである程度の女性に目星を付けると、その女性たちにメールを送ることになると思います。

 

これがアプローチの第一歩であり、とても重要です。

 

なぜかというと、女性から返信が無い場合があるからです。

 

第一発目のメールがつまらないものだったりすると、女性は早々に見切りを付けて、返信すらしてくれません。

 

それはもっともで、女性もセフレを探しているのに、つまらない男と関係を持つはずがないからです。

 

そこで、女性からの返信率を上げるのには多少の工夫が必要です。

 

まずは、エロ要素抜きで「あいさつ」「自己紹介」「具体的な気になった部分」を挙げて、「なぜ僕が貴女にメールをしているのか」をしっかり伝えることから始めます。

 

これは先ほど伝えましたね。

 

これだけで返信率はかなり上がります。

 

更に工夫が必要な部分があるとしたら、「メールの終わりは疑問形で終わる」ことも心がけましょう。

 

質問を投げかければ、それに応えようとするのが人の本分です。

 

できるだけ質問をして、会話のキャッチボールを楽しみましょう。

 

また、「ぐだぐだと長文のメールにならないようにする」のも大切です。

 

伝えたいことが多すぎて困ってしまうという人は、特に注意が必要です。

 

長いメールだと、それだけで読まれないケースがあります。

 

言いたいことや聞きたいとは、細切れにして相手に伝える方が、会話が成り立ちますので、一気に長文は止めましょう。

 

この辺りを気を付けると、女性たちとスムーズに関係を深めることができますので、セフレへの道のりが短くなりますので、ぜひトライしてください。

 

女性とのやり取りで気を付ける事

 

女性とある程度メールなどのコンタクトを取れるようになると、気になるのは「どうやって連絡を取り合えば良いだろう?」という不安化と思います。

 

目的が「セフレを作る」ということが多いことからも、つい気持ちが前に出てしまってエロ路線を突き進んでしまう傾向がありますが、これはやめるべきであるということはすでにお伝えしてきました。

 

では、その「あくまでエロ路線にならない」こと以外に、女性とのやりとりで注意すべきことはあるでしょうか?

 

一つは、「チャラくならない」ことです。

 

連絡を寄越したオトコが、変にチャラい人だと、女性からすると「脳みそ足りてない人にカラダは捧げられない」となって、成就は難しいです。

 

ちゃんと丁寧に、大人な男性を演じましょう。

 

二つ目は、「詮索し過ぎない」ことも大切です。

 

まだ関係が深まっていないのに、突っ込んだプライベートな質問を連発してしまうと、明らかなマイナスポイントになり、これまた成就致しません。

 

質問は会話のキャッチボールの中で必須なのですが、あまり踏み込んだ質問は控えましょう。

 

三つ目は、「返信は早く、マメに」返してあげましょう。

 

女性からみてマメな男性は魅力の一つになります。

 

やりとりはマメに素早く対応することで、セフレ街道まっしぐらです。

 

以上のことに気を付けてメールなどでやり取りをしていくと、自然と関係が深まってきます。

 

言葉のテクニックを駆使することになるので、慣れないうちは大変かもしれませんが、多くの女性とやりとりとしていくと簡単になっていくので、少しずつトライしていきましょう。

 

連絡先(メアド・LINE交換)のタイミング

 

女性とやりとりをして関係が深まってくると、どこかのタイミングで「プライベートの連絡先を交換する」時がやってきます。

 

サイト内だと男性側のメール送信は有料ですし、女性からしてもそれを気にして頻繁にメールできなかったりすると、お互いにマイナスになるので、それなら「この人なら交換していいかな」となると、こんな話になってくるのですね。

 

しかし、まだ関係が深まってないのに「LINE交換しよーよ」などと軽く来られると、女性は嫌がることが多いです。

 

上記に挙げた様に、「この人なら」という状況になっていないと、個人情報はゲットできないわけですね。

 

ではどういったタイミングで連絡先を交換したら良いでしょうか?

 

これは正直、そんなに難しいことではありません。

 

単純に、やりとりを地道に長くしていけば、連絡先は交換できるでしょう。

 

どうしてもその見極めが出来ない、ということでしたら、一つ目安になることをお伝えします。

 

それは、「プライベートなことが話題にあがる」というイベントがあったら、交換できると思います。

 

どういうことかというと、信頼を置ける人でないとプライベートなことまで話したりはしないのですね。

 

例えば、「職業」「悩み全般」「本名」など、普通サイト内では明かさないことがすでにメールでのやりとりである場合は、「そろそろ連絡先交換しよっか?」と言ってもなんの不自然さはありません。

 

この辺りチェックして、スムーズに連絡先を交換し、より関係を深めていくと、セフレ構築までは目前となるでしょう

 

実際に会うまでの流れ


さて、連絡先交換も済み、頻繁に連絡を取れるようになってくると、当然の様にお互いが「会いたいなぁ」と思ってくるわけです。

 

出会い系なのですから、出会わなければ意味がありませんしね。

 

いざ出会うまでの流れは、簡単なようで不安もつきものです。

 

例えば、メールでは頻繁にやりとりをしたけど、実際会ってどうだろう…などと、ネガティブに考えると、事は上手く運びませんので、前向きに楽しんで臨みましょう。

 

ただ、会うとなるといくつか押さえておいた方が良いポイントもありますので、お伝えいたします。

 

まず、「会う場所」です。

 

これは、最初なので、お酒が飲めるお店が良いでしょう。

 

お互い緊張するはずなので、その緊張を少しでもほぐす目的で、お酒がたしなめるお店を選定します。

 

ただ、あまりかしこまった高級レストランとなると流石に相手も気が引ける場合があるので、あくまで友人として小綺麗な居酒屋を選べばよいと思います。

 

また、「お店の立地」にも気を配りましょう。

 

もしかすると、というか正直会うその日に結ばれたいとも思うので、できればラブホテルの近くのお店が良いです。

 

店から出た後、人目につかず部屋に入れるので、しっかり押さえたい所です。

 

どの地域でも、繁華街を少し入るとホテル街になったりするので、問題はないでしょう。

 

また、彼女の仕事の休みの日程なども聞いて、会う翌日が休日であることも確認が必要です。

 

男はどんなに深酒しても頑張りますが、女性に負担をかけるのはよくありませんし、翌日のことが気になってホテルに行けないなんてことにもなりかねません。

 

以上の点を踏まえて、早速女性にアプローチをかけましょう!

 

女性に「セフレになってもいいかな」と思わせるには

 

目星を付けた女性に会うことができると、いよいよ本番であるとご認識ください。

そうです、「セフレを作る本番」です。

 

これまではあくまでお膳立てという準備に過ぎません。

 

会って、その場でのやりとりがセフレ構築に重要となってくるのです。

 

なぜなら、男性は「会えばヤレる」などと妄想を抱きがちですが、女性は「試しに会ってみるか」ぐらいにしか思ってないからです。

 

ここですでに価値観のギャップがあるのです。

 

つまり、「会えばヤレる」と思い込んでヤるヤるアピールをしまくっていると、これまでの準備は水の泡となり、女性は飲み会中にも関わらず帰ってしまうでしょう。

では、どうしたら女性側から「この人とならセフレになってもいいかな」と思わせることができるでしょうか?

 

そもそも、女性が男性に求めるセックスは「超絶上手いセックス」ではないのです。

 

つまり、「俺、めっちゃ上手いよ」「ヒーヒー言っちゃうと思うよ」「絶対に潮吹かせられる」なんてエロ発言をすると嫌われるので、あくまで「自分の性格の良さ」「仕事ができるオーラを醸し出す」「気配り」をしっかり伝えることが大切です。

 

例えば、飲み会中に「よく相槌を打つ」「よく笑うなど、反応をする」「飲み物が無くなったら頼み、料理は取り分ける」などをそつなく自然に行うと、女性は「なんかいいなぁ」と思うようになるのです。

 

そして極めつけは、「必ずエロ要素を含ませる」ということです。

え?エロ出しちゃダメじゃないの?

 

と思いがちですが、ここでは必ず出しましょう。

 

しかし、先に挙げたような卑猥なエロではなく、「最近エッチしてない」と発言したり、「女性のスタイルを過剰に褒める」などして自然とエロトークに持っていくのです。

 

すると、「この人、カッコいいだけじゃなくて、しっかりエロも持ってる人なんだ」となって、その後にホテルに向かいやすくなります。

 

つまり、「真面目すぎず、大人な雰囲気をだしながら、エロも滲ませる」ことを心がけましょう。

 

即会える割り切り女性を定期セフレにするには


ここまでは、一般的なセフレの作り方を伝えてきました。

 

これからは、出会い系サイトのもう一つの側面についても触れながら、別なルートでセフレを作る場合を紹介していきたいと思います。

 

今までお伝えしたのは、「気になった女性にコンタクトを取る」→「メールで関係を深める」→「会う」→「セフレになる」といった様に、いわゆる王道的なセフレ構築論でした。

 

これには少し時間を要することがあるのですが、そのやりとりを楽しむこともでき、関係も長続きするというメリットがありました。

 

しかし、出会い系サイトでは、実はその日限りの関係を求めた出会いが可能なのです。

掲示板募集を見てみると、毎日のようにエッチ目的で会えませんか?という男女の投稿が目につきます。

 

この投稿している女性にコンタクトを取り、上手く行けばその日のうちに会えて、その日のうちにヤレるということになります。

 

しかし、あくまでワンナイトラブなので、セフレという関係には程遠い出会いになるでしょう?

 

では、そういった一夜限りの関係からどうすればセフレ関係になることができるでしょうか?

 

それは、「信頼を勝ち取る」ことが最も大切です。

 

まず、ワンナイトラブで陥りがちなのが、「今日だけの関係だし、特に相手を気遣わなくてもいいか」という感情です。

 

こうすると、いざ会っている時やエッチしている時の対応がタンパクになり、女性にもそれが伝わってしまい、「あ、この男は無しだな」と思われてしまうのです。

 

つまり、会っている時はとにかく女性に尽くしたり気を配ったりすると、女性からは「この人、定期的にあってもいいかも」となるのですね。

 

何事も一期一会です。

 

一夜の出来事すらも大切に、細やかな対応でセフレを一杯ゲットしていきましょう!

 

おすすめ出会い系ランキング

 

出会い系アプリ・サイトの評価・評判を紹介しているエニズムが、本当の口コミや評価を元にセフレが作れる出会い系のランキングを作りました。

 

1位 PCMAX

ランキング1位は何と言っても外せないエッチ目的に最も強い出会い系「PCMAX」(評価・評判:PCMAX)です。ここ数年の会員数の増加率やエロい関係を作りやすい出会い系として最もおすすめできます。

 

 

2位 ハッピーメール

15年以上出会い系のトップを走り続けられている運営の堅実さや、セフレ・割り切りで会える評価を付けて2位は「ハッピーメール」(評価・評判:ハッピーメール)です。

 

 

3位 ミントC!Jメール

何と言ってもサイト内の盛り上がりが凄いのが「ミントC!Jメール」(評価・評判:ミントC!Jメール)です。まじめな出会いも作れますが、セックスがやれる相手が作りやすい仕組み作りもおすすめできます。