出会い系での用語・基礎知識

【減少傾向】出会い系でキャッシュバッカー(CB)を見分ける6つのポイント!特徴と手口・対応策も解説!

出会い系サイトには、様々なタイプの業者が存在します。
その中でも、非常に厄介なのがキャッシュバッカーです。

キャッシュバッカーは、ポイント制サイトにいる業者のことを指し、キャッシュバックで得る収入を目的に活動している女性です。

  • メッセージの送受信
  • プロフィール閲覧
  • 掲示板投稿・反応
  • 日記へのアクション

これらのことが行われると、キャッシュバックとして数ポイント入ります。
サイトによって異なりますが、キャッシュバックされたポイントは、プリペイドカードや現金と交換可能です。

そこで今回は、出会い系サイトにいるキャッシュバッカーの実態について解説していきます。

先取結論

どの出会い系サイトにもキャッシュバッカーは存在する

男性を誘惑して近づいてくる

やり取りをして見分けることが重要

キャッシュバッカー(CB)とは?

出会い系サイトには、キャッシュバック制度というものが存在します。
その制度を利用して、出会い系サイトを利用している人のことをキャッシュバッカーと呼びます。

キャッシュバッカーの概要は下記の通りです。

キャッシュバッカー(CB)とは?

ポイント稼ぎを目的として登録している女性ユーザー

会うことができないためメッセージをしても無駄

メッセージ交換や画像投稿などでポイントを得る

キャッシュバッカー(CB)は、男性とのやり取りの中で発生するキャッシュバック制度を利用したユーザーのことを指します。
大半の目的は、現金の交換と景品を取得することです。

ハッピーメール、PCMAXといった従量課金制の出会い系サイトに非常に多く存在します。
ペアーズ、ラブサーチといった定額課金の出会い系サイトは、キャッシュバック機能がないので存在しません。

PCMAXでは、還元されたマイルで景品と交換することが可能。
日用品から、家電まで様々なものと交換することができます。

※ただ、ポイントは商品に変えてから転売(売って)してから現金に換えるしか方法がないので、効率が悪くほぼキャッシュバッカーはいません。

PCMAX景品交換画面

この様な目的で行動しているので、男性と会う気は一切ありません。
口コミなどを見てみると、実際に会っている人もいるらしいですが、基本的に男性と会うことはなく、ポイント稼ぎを目的に登録していることが多いです。

Twitterで、キャッシュバッカーだと思われる人が投稿していました。

1日に1000円弱稼いでいるので、お小遣い稼ぎや副業の感覚で利用している女性が多いのは事実です。

男性ユーザーがキャッシュバッカーとやり取りをしても出会えないので、やり取りをする分無駄です。
業者や割り切りと同じくらい厄介な、利用者といえるでしょう。

本人確認の義務付けから減りましたが、男性が女性に成りすましてキャッシュバッカーをしている人もいます。
モデル級にかわいい写真などを使っている人は、キャッシュバッカーの可能性があるので要注意です。

補足:大手系の出会い系サイトはキャッシュバッカーが少ない

結論から言うと、「PCMAX、ハッピーメール」といった大手の出会い系サイトには、キャッシュバッカーはほとんどいません。
しかし、ゼロというわけではないので注意しましょう。

理由としては下記が挙げられます。

キャッシュバック率が低い

キャッシュバック目的は運営に強制退会させられる

ハッピーメールを例にするなら、キャッシュバック率はわずか2%です。
そのため、かなり非効率です。

例えば、1通メールをしたとしても1円しかバックしないことになります。
日記等のアクションも含めるともう少しもらえますが、月に数万円稼ぐのでやっとです。

その他の出会い系サイトでも、基本的にバック率は悪いとされています。
一般的に優良サイトといわれているサイトでは、キャッシュバッカーも少ないといえるでしょう。

キャッシュバッカーが確認できる出会い系サイト

現在キャッシュバッカーを確認できるサイトは、多数存在します。
しかし、補足でもいった通り、昔よりも少ないのが現状です。

キャッシュバッカーが存在するサイト

ワクワクメール

ハッピーメール(単価が少ない)

PCMAX(ほぼいない)

上記以外にもミントC!JメールYYCメルパラ等にも存在しますが、女性が利用しやすいサイトです。
上記のサイトは、優良出会い系サイトと紹介されることが多く、会員数はいずれも1000万人を突破しているサイトです。
セキュリティ完備も整っている優良サイトですが、キャッシュバッカーの存在は非常にマイナスです。

ワクワクメールのキャッシュバック制度は下記の通りです。

ワクワクメールキャッシュバックポイント欄

現金還元は不可能ですが、Amazonギフト券、楽天Edyといった金券と交換することが可能です。
ワクワクメールマイル画面

ギフト券の場合、1000円分マイルがたまると交換可能です。

1日に100回やり取りをした時点で、300マイル貯まるので1か月継続すれば9000円分のマイルが貯まります。
その他にも様々なコンテンツを利用すれば、ポイントがたまるので月平均で2~3万円分は貯めることができるでしょう。

・関連ページ >>【優良サイト】ワクワクメールの口コミ・評価を徹底解説!

お小遣い感覚で利用する人がいるのも訳ありません。

その他、PCMAX、ハッピーメールも同様のマイル数が貯まります。

・関連ページ >>PCMAXの口コミ・評判からわかる実態とは?本当に出会えるサイト?

現時点で、現金還元をすることができるサイトはハッピーメールのみです。
3000円分のマイルをためることで、交換が可能となります。

女性からすれば、あらゆる手段で貯めることが可能なので、貯める人は簡単に貯めます。
会員数が多く出会えるとされている優良出会い系サイトでも、キャッシュバッカーの存在は確認できるので利用の際は注意が必要です。

・関連ページ >>ハッピーメールの口コミ・評判一覧!本当に優良サイト?悪質サイト?

キャッシュバッカーの必要性と歴史

出会い系サイトは、どのサイトを見ても男性の割合が多いです。
平均的な割合として、7:3の割合で男性の数が多いとされています。

1000万人いるPCMAXでは、わずか300万人の女性しか登録していません。

また、出会い系サイトは男性からのアプローチを待つ女性の割合のほうが多いので、女性が頻繁に掲示板に書き込むことはありませんでした。

会員数も男性が多く、出会い系サイトに男性しかアクティブじゃない状況ができた時に、発足したのがキャッシュバック制度です。

キャッシュバック制度があれば、女性は頻繁に掲示板に投稿するようになりますしやり取りも行うようになります。
本来、男性のほうが多い出会い系サイトでも、女性は現金還元するとなると登録者も増えるきっかけになります。

女性からすれば、ポイントも貯まって男性と会うことができるので本来は一石二鳥です。
発足当初は、理にかなっており出会い系サイトを利用して男性と会っていたのは事実です。

しかし、現在ではキャッシュバック機能のみを利用して、純粋に出会う人は減りました。

活発にサイトを利用しているのがわかれば、男性会員も登録をするようになりますが、しかしそれは”見せかけ”にしかすぎません。

現在では、規制も厳しくなったので減少傾向にありますが、完全に消えたわけではありません。

キャッシュバッカーが行いやすい6つの手口!

キャッシュバッカーは、下記の手口で男性に近づいてきます。

キャッシュバッカーの手口

短文メールを連騰する

会う意思がないのに会いたいと伝えてくる

エロい内容で男性を釣る

割り切りと同じ手口で男性に近づく

冷やかし・煽りで返信を促す

プロフィールを変更する

一部を除いて、素人の女性と判別つかない方法で近づいてくるので、正直見分けがつきません。

しかし、事前に手口を知っておくことで、キャッシュバッカーの被害に遭わないようになるので、把握しておくと良いでしょう。

短文メールを連投する

キャッシュバッカーは、メールの送受信でポイントをゲットできるので、短文でやり取りをしてポイントを稼ごうとします。

基本的には会うことはしないので、気になった複数の男性にアプローチを仕掛けて、短文でメッセージを送ります。

PCMAXメッセージ画面

これは、実際にPCMAXに届いたメッセージです。
私が設定している地域は、東京であり彼女は和歌山です。

距離的に考えて、簡単に会える距離ではありませんし、短文で送ってきていることから、彼女がキャッシュバッカーだと判断できます。

女性によって変わってきますが、内容が充実していないようなメッセージを送ってくる女性は基本的にキャッシュバッカーと判断しましょう。

「初めまして!プロフィールを見て連絡しました…」等のメッセージを送ってくる人は、会話の意志があるということなのでキャッシュバッカーではありません。

第三者目線で、返答に困るようなメッセージを送ってくる人はキャッシュバッカーの疑いをかけましょう。

中身のないメッセージを複数の人に送り、ポイントを稼ぐという手口。
中には、質問をしたりしてメールの回数を増やすという人もいます。

短時間で、複数の人とやり取りするので、レスポンスは非常に速いです。
しかし、短文でメッセージを送るので、内容は薄いです。

質問などをしても、短文で返信したり、はぐらかしたりしてメールの回数を増やそうとしてきます。
このパターンは、やり取りしていて違和感に気づくので、わかりやすいですね。

会う意思がないのに会いたいと伝えてくる

男性ユーザーの立場上、女性からアプローチを受けたら思わず返信したくなると思います。
キャッシュバッカーは、その心理状況を逆手にとって誘ってくることがあります。

男性に「会おう」と話を持ち掛けることで、相手からの返信を待つパターンです。
一定のメッセージをした後に、男性に会おうと持ち掛けるのです。

男性も信頼しているので、会えると思って女性に返信してしまいます。
しかし、女性はポイントを稼ぐことが大本の目的なので、会う気は一切ありません。

メッセージに食いついた人に、キャッシュバッカーがよくする手口です。
男性も、早い段階で会える話が出てくると、早く女性に会いたいという意思が生まれるので短時間で返信します。

手順をまとめると下記の通りです。

キャッシュバッカーの手順

1,10通程度メッセージをして信頼させる(10通程度)

2,会う約束を取り付けて段取りを組む(8~10通程度)

3,会うことを匂わせつつフェードアウト(5通程度)

合計で20~30通程度のやり取りをして、女性はフェードアウトします。
男性からすると、1000~1500円分のポイントを消費してしまいます。

本来、素人の女性に使えば連絡先を十分交換できるメール数です。

ハッピーメールメッセージ画面

ハッピーメールは、他の出会い系サイトに比べると圧倒的にキャッシュバッカーが多いです。
ファーストメッセージの段階で、会おうと持ち掛ける人もいます。

思わず返信したくなるような内容ですが、キャッシュバッカーだと判断して返信しませんでした。

出会い系サイトでは、女性が男性にアプローチをすることは稀ですし、いくらプロフィールを充実させていてもほとんどメッセージはきません。

ハッピーメールプロフィール欄

これは、私が実際にハッピーメールで設定しているプロフィールです。

この状態で、メッセージが来るということは、女性が無作為に男性を選んでメッセージをしている証拠です。

キャッシュバッカーは返信してくれればいいので、プロフィールなどを見ずに男性が返信してくれる内容でメッセージを送ります。

エロい内容で男性を釣る

キャッシュバッカーは、エロい内容で男性にメールを送ることが多いです。
エロい内容で女性がメールを送ってくると、思わず返信したくなります。

「出会い系サイト=エロいことができる」という認識で出会い系サイトに登録すると、すぐヤらせてくれるような女性がいれば、その女性に近づいてしまいがちです。

アダルトな内容のメッセージ

ソフトな内容から、長文のハードな内容のエロいメールを公開します。
実際に、私に届いたメールであり、どれも射幸心をあおるようなメッセージ構成になっています。

出会い系サイトを利用する男性は、ヤリ目で登録している人がほとんどなので、言葉でだまされたりする人もいます。
その心理に付け込んで、返信をもらおうとする人が多いわけです。

中には、プロフィールにエロい写真を載せている人も存在します。

アダルトなプロフィール
キャッシュバッカーのプロフィール

谷間をアップにした写真

エロい内容のプロフィール文

大人の交際を募集している

これらの基準を満たしている人がいれば、業者かキャッシュバッカー確定なのでメッセージはしないようにしましょう。

割り切りと同じ手口で男性に近づく

キャッシュバッカーの中には、割り切りと同じ手順で男性に近づく人もいます。
割り切りというのは、援助交際を募集している業者のことであり、あたかも出会える女性を演出して近づいてきます。

優良出会い系サイトでも、援助交際を募集している割り切りは非常に多く存在します。
最近では、パパ活と称して援助交際を募集する女性が増えています。

・関連ページ >>出会い系サイトの美人局被害とは?手口と対策を徹底解説!
素人の女性と出会うのが一番ですが、割り切りを募集している女性も会うことができる女性です。
金銭援助が発生しますが、それでも出会っていいと解釈する男性も少なくありません。

業者に引っかかり、出会い系サイトで会えない日々が続くと、援助交際でもいいと妥協してしまう男性もいます。

しかし、キャッシュバッカーはこの手口を利用して、男性に近づこうとします。

いずれにせよ、援助交際は犯罪ですし、割り切りを求めてくる人には近づかないことをおすすめします。

・関連ページ >>割り切りの相場※値段やプレイ内容や時間は何分?【年代別相場や交渉のタイミング】

冷やかし・煽りで返信を促す

出会い系サイトには、必ずと言っていいほど冷やかしがいます。
メッセージの段階で、わざと男性を煽る態度で接してくるという手口。

普通は、その時点でスルーすればいいのですが、煽られてしまうと思わず返信したくなるのが男性です。

しかし、ここで返信をしてしまえば、キャッシュバッカーの良いカモです。
そのため、極力返信しないようにしましょう。

具体的な手口を紹介すると、下記の通りです。

  1. 男性が怒る内容・煽る内容を送ってくる
  2. 感情的になって男性が返信する
  3. さらに煽る内容で送る

煽られると正常な判断ができなくなり、思わず返信してしまいます。
相手の感情を刺激することで、感情的にさせることが目的です。

男性も「文句を言われただけで済ませるわけにはいかない」と思い、結局返信してしまいます。
結果、キャッシュバッカーの思惑通りになってしまうのです。

返信しても何も生まれませんし、キャッシュバッカーが得するだけなので、返信しないようにしましょう。

プロフィールを変更する

キャッシュバッカーは、プロフィール写真を何度も変えるなどして活動をすることがります。
「名前、年齢、体系」等の情報を変えて、あたかも「別の人」を演じることで、同じ男性に何度もメッセージを送るのです。

名前を変えることはありませんが、別の地域の男性を騙しながら活動していきます。

キャッシュバッカー自体は、「援デリ業者・割り切り」に比べると、数も少ない方です。
(単価が少なく収益にならないため)

しかし、一部はキャッシュバックメインで活動しています。
それも、素人の女性がやり取りしてくるので、見分けが非常につきにくいです。

ただし、会話の内容が不自然だったり、やり取りに違和感があればすぐに気づくので、意識してみると良いでしょう。

キャッシュバッカーの特徴を見抜いて安全にサイトを使う!

キャッシュバッカーは、男性から返信するために様々な施策の元男性に近づいてきます。

キャッシュバッカーが作成するメッセージとプロフィールは、特に男性が興味を示すような内容で作成されています。

キャッシュバッカーだと見分ける方法は、男性受けを狙った文章を作成しているかという点です。

出会い系サイトを安心して利用するためにも、キャッシュバッカーの特徴を事前に把握してくことが重要です。

そこで、今回はプロフィールとメッセージでキャッシュバッカーを確認する方法を解説していきます。

プロフィールでキャッシュバッカーか確認する方法

キャッシュバッカーは、男性を釣るためにプロフィールに様々な内容を含めます。

男性の射幸心をあおるのが得意なので、プロフィールを見ただけでキャッシュバッカーだと判断できることもあります。
※キャッシュバッカー以外にも業者だとわかる可能性も。

特徴としては、下記の二点です。

男性受けを狙う文章、長文のプロフィール

何も記載していない、埋められていない

これらの特徴が見られたら、キャッシュバッカーの可能性濃厚。
やり取りしている女性の中に、該当する人がいたら即切りましょう!

男性受けを狙う文章、長文のプロフィール

まず、前述した男性受けを狙ったプロフィールです。

出会い系サイトで出会うためには、プロフィールを入力することは必須であり、素人の女性だと判別するにはプロフィールを入力しているかどうかを確認します。

しかし、キャッシュバッカーのプロフィールは男性受けを狙っているため、「アダルトな内容」「男性受けする文章」を多くプロフィールに含めています。

男性受けを狙ったプロフィール

いずれもキャッシュバッカーだと思われる人のプロフィールです。
片方の人は、アダルトな内容メインで埋められています。

キャッシュバッカーではなくても、業者の可能性が高いです。

もう片方の女性は、男性受けを狙っているパターンです。
長文で素人の女性を演出していますが、アダルトな内容もしっかり含まれています。

これらの特徴が見られる女性は、キャッシュバッカーと疑いましょう。

何も記載していない、埋められていない

次に、プロフィールが白紙の女性です。
出会い系サイトで出会うためには、プロフィールを充実させなければなりません。

相手の情報がわからなければ、メッセージを送る気になりませんよね。
プロフィールが埋められていないユーザーは、出会いに対してそこまで敏感ではないユーザーです。

そういうユーザーからメッセージが来たら要注意です。

中身が薄いプロフィール

メッセージの段階で、キャッシュばっかーだと判断できますが、プロフィールを見たら自己紹介文は白紙。
自己評価はオール3だったので、テキトーに構成されていました。

そのため、女性からメッセージが来ても相手がキャッシュバッカーである可能性が高いので、一度プロフィールを見ることをお勧めします。

・関連ページ >>【テンプレあり】出会い系プロフィールで異性から一目置かれる方法!

メッセージでキャッシュバッカーか確認する方法

プロフィールは、素人女性とキャッシュバッカーの区別がつかないので、見分けるのが非常に困難。
そのため、キャッシュバッカーを見分けるためには、メッセージで見分けたほうが良いです。

キャッシュバッカーを判断するメッセージの内容は下記の通り。

キャッシュバッカーのメッセージ

出会いにつながらないような話をする

連絡先を交換しない

どうでもいい返信をしてくる

女性次第ですが、雑談をするとポイントが失われるだけなので、連絡先交換後に行いましょう。
※交換に応じなかったら高確率でキャッシュバッカーです。

出会いにつながらないような話をする

キャッシュバッカーは、メッセージをすればポイントが加算されるので、談をしてポイントを稼ぎます。

話を継続するために、自分から話題を振ったり質問をしたりしてポイントを稼ごうとするのです。

通常、出会い系サイトの女性は積極的に話すことは少なく、男性の話を聞く受け身のタイプが多いです。

メッセージの違いの図解

男性主導で始まることがほとんどであり、女性が送ってきた場合はかなり怪しいです。
(稀に素人でも送ってくる人がいます)

業者やキャッシュバッカーは、プロフィールの内容を見ないで無作為に男性を選別して送ってくるので、プロフィールが白紙でもメッセージが届きます。

女性からアプローチをされた場合は注意しましょう。

連絡先を交換しない

次に、連絡先を交換しないというものです。

キャッシュバッカーは、どれだけやり取りをしても連絡先を交換することはありません。
やり取りをして、ポイントを獲得しようとする傾向にあるので、連絡先を交換すると、ポイントがたまらなくなります。

そもそも、連絡先を交換するのは、会う意思があるからであり、会う意思がないキャッシュバッカーは交換する必要はありません。

そのため、相手から会う約束を持ち掛けて来たとして、頑なに出会い系サイト上でやり取りをするような女性は、キャッシュバッカーの可能性が高いです。

会う約束をする場合は、連絡先交換後をおすすめします。

どうでもいい返信をしてくる

キャッシュバッカーは、無作為に返信しようとしてきます。
露骨な返信数稼ぎをしてくるので、かなり厄介です。

「やり取りしてくれてありがとう!」
「うん。」
「よろしくね!」
「よろしく。」
「何か趣味とかある?」
「うーん」

この時点で、メッセージに興味がないことがわかりますが、返信数を稼いでいることもわかります。
短文で返信してきた時点で実りがないことがわかっているので、相手にしないことをおすすめします。

キャッシュバッカーを見分けて効率よく出会い系サイトを利用する!

キャッシュバッカーは、どの出会い系サイトにも存在します。
事前に対策をすることで、確実に被害を軽減させることができます。

キャッシュバッカーは厄介な存在ですが、勧誘業者や割り切りに比べると、そこまで気になる存在ではありません。

それに、素人の女性がキャッシュバッカーに扮しているので、見分けがつかないというのが現状です。
僕も、何年も出会い系サイトを利用していますが、いまだに見分けがつかないことがあります。

やり取りをしていく段階で気づくというパターンです。

しかし、上記で紹介したキャッシュバッカーの特徴を事前に把握しておけば、素人の女性と明らかに違う点が明確になるので、被害にあう確率も低くなります。




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事