ブログ

ネットストーカーをする男性の特徴・心理は?被害に遭った際の対処法を紹介!

ネットストーカーというのは、SNSが発達した現代でよくあることです。
ひどい場合は、ストーカー規制法に違反し、犯罪になるケースも。

様々なSNSがある中で、位置情報を把握できるような、インスタグラムやTwitterは特にネットストーカーからすると最低な手段。

見つけようと思えば、元カノを見つけることも簡単です。

今回は、ネットストーカーになりやすい男性について解説します!
特徴から対策まで、様々なことを解説するので気になる人は必見です!

この記事を読むとわかること

男性の方がネットストーカーをしやすい

依存体質・執着心からネットストーカーをする

相手にすると男性の思うつぼ

ネットストーカーをする男性の特徴4選!

ネットストーカーをする男性は、様々な特徴があります。
特に、下記の項目に当てはまる人は、ネットストーカー予備軍の可能性があります。

恋愛を優先に考えている

束縛がひどい

別れた後も執着する

マザコン

該当している項目が多ければ多いほど、ネットストーカーになる可能性が高いです。
ストーカー気質の男性と接していると、何か不利益なことが起きた場合ストーカー行為をしてきます。

ネットだけなら良いですが、中にはリアルに発展する人もいるようです。

恋愛を優先に考えている

まず、ネットストーカーをする男性の特徴として、恋愛を優先に考えているということが挙げられます。
恋愛を優先に考えるということは、恋愛経験が少ないことにもつながります。

20歳以上で、2~3人としか付き合ったことがないという場合は、ネットストーカーになりやすい可能性も。
恋愛経験が少ないと、後述しますが未練がかなり残ります。

別れ方にもよりますが、仮にあなたが振った場合は、余計にストーカー心に火をつけてしまうかもしれません。

恋愛経験が少ない人は、女性との距離感を掴めないタイプが多いです。
コミュニケーションもうまく取れず、表現も苦手だからです。

多少優しくされたりしただけで、「この女俺のこと好きかも」と思ってしまいます。
こうなったら最後、冷たくあしらった段階でネットストーカーに変貌してしまいます。

特に、SNSは簡単に関係を切ることができるので、ブロックをした瞬間に「俺を勘違いさせた」と思わせてしまい、ストーカー行為に発展するわけです。

補足:投稿してすぐアクションが来る場合は要注意!

仮に、Twitterやインスタグラムを利用しているとして、投稿後すぐに男性からアクションが来る場合、ネットストーカーされている可能性があります。

このタイプは、2パターンに分けることが可能。

  • 暇なくSNSを監視している
  • 通知設定をしている

いずれも、ネットストーカーをする男性が行うことです。
しかし、常にSNSを監視しているのは不可能に近いでしょう。

よくあるのが通知設定。

インスタグラムでは、投稿画面の右上のボタンから設定することが可能。
本来は、芸能人の投稿等に設定することが多いです。

個人のアカウントに通知設定をしている場合は、監視されている可能性が高いので要注意!
特に、投稿後に「いいね」「コメント」といったアクションが来る人は、ネットストーカーされている可能性が高まります。

束縛が酷い

過去に付き合っていた元カレが、束縛が酷い人ならネットストーカーになる可能性があります。
”独占欲・支配欲”ともに強い人は、気を付けなければなりません。

スマホをチェックするのは当たり前で、どこに出かけるにも報告しなければならない程の、超束縛男は別れたらネットストーカーに変貌します。

「彼女を支配していたい」という支配欲から、来るものと考えられます。
もちろん、支配だけでは恋愛はうまくいきませんし、いつかは不満が生まれてしまいます。

不満が生まれたら最後、別れ話を切り出すこともあるでしょう。

束縛するということは、あなたに依存しているということも考えられます。
依存している人が急にいなくなると、行き場のない寂しさを感じることでしょう。

「未練たらしだと思われたくない」という一心から、直接コンタクトを取るのは控え、SNSに執着するようになるのです。
あなたの「投稿、写真、ストーリー」等を全て監視し、ネットストーカーになります。

別れた後も執着する

最も、ネットストーカー気質がある男性は、別れた後も執着してきます。
しかし、バレたくないという気持ちから、SNSを監視する程度にとどめるのがネットストーカー。

主にする行為としては、下記の通り。

別垢で近づいてくる

知っているSNSはすべて監視

交友関係まで監視

最もたちが悪いのは、別垢で近づいてくるというパターン。
別れ方にもよりますが、基本的に元カレと関わりたくないと思って、ブロック等の手段をとるのが一般的。

その場合、ネットストーカーをする男性は、別垢を使って近づいてきます。
急に、変なアカウントからフォローされた場合は、元カレの可能性があるので注意しましょう!

さらに、ありとあらゆるSNSを監視してくるので、注意が必要。
足がつかない限りは、いつ監視されているかわかりません。

インスタグラムのストーリーでは、閲覧者をチェック可能。
ここに、元カレだと思われるアカウントがあれば、監視されている可能性が高まります。

さらに、あなたのアカウントだけでは飽き足らず、仲いい友人などまで監視する傾向もあります。
プロフィールを見れば、関連するフォロワーが表示されます。

ここに、別垢のよくわからない人が表示されている場合、元カレの可能性が濃厚といえるでしょう。
即ブロックをするなどして、対応することをおすすめします!

マザコン

相手が、マザコンだった場合ネットストーカーになる可能性が高まります。

マザコンの男性は、基本的に甘やかされて育ったケースが多いです。
女性と一緒に、生活するにも、自分の母親を優先に考えてしまうでしょう。

極度にマザコンの場合は、常に母親を優先する人も。
それに嫌気がさしてしまい、別れる人も少なくありませんよね。

しかし、別れた直後、執着するのが元カノであるあなたに代わってしまいます。
マザコンは、”母親に依存している”というのが大本にあります。

身内という立場上、離婚しない限りは離れることはありません。
カップルの場合は、二つ返事で関係を切ることが可能。

マザコンとはいえ、身内の次に近い存在だったのは、紛れもなく彼女なのです。
そういう人が、自分の近くから消えてしまった場合、軽くパニックになる人も少なくないでしょう。

完全に関係を切られた場合、ストーカー心に火をつけてしまい、あらゆるSNSを監視するようになります。
マザコンに限らず、依存体質の男性は基本的にネットストーカーになりやすいので注意しましょう!

ネットストーカーをする男性が行う行為とは?

ネットストーカーをする男性は、いかに女性にバレずに情報を特定するかを心に置いています。
バレた時点で、ブロックされてしまいますし、ストーカー行為ができなくなるからです。

主に、考えられる行為は下記の通り。

写真、ストーリーから位置情報の特定

交友関係の特定

執拗な電話・メッセージ

行動パターンを把握し会いに行く

下に行くほど、ハイレベルのネットストーカーになります。
リアルに侵食すれば、ただのストーカー行為。

ストーカー規制法で立件することも大いに可能です。
”町で偶然知り合った”と思っている人でも、実は意図的に元カレが場所を特定して”偶然を装った”可能性も少なくありません。

写真、ストーリーから位置情報の特定

ネットストーカーの基本行為といっても過言ではないのが、位置情報の特定です。
投稿された内容から、様々な情報を特定することに精通しています。

写真一枚を投稿しただけで、位置情報がバレてしまうケースもよくあることです。
例え、位置情報を設定していなかったとしても、簡単にバレてしまいます。

  • 地元にしかないレストラン
  • 店名を特定できる場所
  • 観光地

これらの内容があれば、簡単に特定できてしまいます。
あなたの地域がバレている場合は、特定も早いです。

例えば、この写真。
内容から、カラオケに行ったことがわかります。

私が投稿した写真ですが、この1枚だけでどこにいるかを把握することができるのです。

情報としては

  • 佐賀県在住
  • カラオケに行った

というものしかわかりません。
佐賀県にあるカラオケの店舗は、非常に多く存在するので、把握するのは困難。

しかし、ネットストーカーをする人は被写体ではなく周りに注目。
”どこのカラオケに行ったか”を重点的に探します。

写真左下に注目するとわかりますが、”ラウンドワン”のロゴが見えています。
佐賀には、ラウンドワンが一つしかないので、容易に場所が特定できるわけです。

別の地域のラウンドワンという可能性もありますが、投稿内容から推定して旅行をしたわけではないということから、居場所が特定できるわけです。

特に、何も意識せずに投稿していると思いますが、このような情報だけで簡単に特定できてしまいます。
ネットストーカーは、少ない情報で個人情報を特定してくるので、要注意です!
※特に男性は執着心が強いので余計に

交友関係の特定

あなたの個人情報を特定したら、次は交友関係を特定してきます。
関連するフォロワーを頼りに、友達を特定し始めるのです。

何故、交友関係を特定するかという理由は下記の通り。

情報に限りがあるから

友達の方が色々な情報を持っているから

一番は、情報に限りがあるというものです。
あなたが投稿している内容が少ない場合、特定する情報に限りがあります。

場所を特定しようと思っても、情報量が少なければ特定できません。
しかし、友達と出かけたりした場合は、友達が投稿する可能性も高いです。

後述しますが、非公開アカウントにして対策したとしても、友達がストーリーや投稿にタグ付けして投稿した場合、居場所を簡単に特定できます。

交友関係を特定することで、芋づる式であなたの情報が出てくると考えると、非常に怖いですよね。
「ネットストーカーされてるかもだから非公開にして!」と友達に言うのも気が引けるでしょう。

しかし、非常に悪質な行為に変わりはないので、然るべき対処をすることをおすすめします。

執拗な電話・メッセージ

ここからは、ストーカー規制法に違反する事例です。
ネットストーカーで、ある程度情報を掴んだら、次は電話・メッセージを行います。

メッセージに関しては、DM等で送ってくるケースがほとんど。
人の迷惑も考えずに、メッセージを送ってきます。

ライン等をブロックしたとしても、他のSNSをブロックしていない限りは、執拗に連絡してくるのです。
連絡できる手段は全て使おうとしてくるので、注意したいところ。

メッセージならまだ良いですが、中には電話をかけてくる人も存在します。

最近、インスタグラムに機能が追加されました。
DMの他に、電話番号を公開するコンテンツ。

この意図は一切わかりませんが、ネットストーカーを促進させる手段にしかなりません。

いつ誰から、アカウントを見られているかわからない状況で、電話番号を晒すのは非常にリスキー。
”080”で始まる番号は、回線契約をした携帯になるので、恐らく個人の端末でしょう。

仮に、あなたがこの機能を設定しているなら、即座にオフにすることをおすすめします!
自ら個人情報を開示しても、トラブルにしかなりませんよ!

行動パターンを把握し会いに行く

ネットストーカーで、最も悪質なのが実際に会いに行くというものです。
偶然を装って会いに来るというのが非常に悪質であり、久々に再開したということもあって、あなたも偶然だと感じるでしょう。

しかし、ネットストーカーをしている人は、必然的に会っているのです。
上記で紹介した方法で、色々な情報を特定してあなたの居場所を突き止めます。

ある程度、特定することができたら、その場所に出向いてあなたが来るのを待つという方法。
毎朝の日課で、同じカフェに行ったりする人や、ショッピングで地域のモールに行く人は要注意。

それを、ストーリー等に投稿してしまうと、個人情報を提供しているのと同じです。

一回だけでは飽き足らず、何度も接触を試みるのがネットストーカー。
偶然さを感じるのは1回までであり、複数回会うと不信感に変わるでしょう。

ネットの垣根を超えた、リアルなストーカーの範囲になるのでかなり悪質です。

補足:ネットストーカーをする最大の理由

元カレから、ネットストーカーされてるかもしれないと思う人も多いでしょう。
ネットストーカーに至る最大の理由は、”あなたと復縁したいから”ということです。

未練や依存がないとネットストーカーになりませんし、あなたに接触してこようとしません。
偶然を装って接触してくるのも、復縁を考えているからです。

しかし、女性からするといい迷惑。
嫌いな人がいきなり、目の前に現れたら恐怖でしかありませんよね。

変に構っていても、ストーカー行為を促進させるだけなので、控えたほうがよさそうです。

相手にしないのが、一番効果的な対策といえるでしょう。

男性にネットストーカーをされた場合にできる5つの対処法!

男性にネットストーカーされていると思った場合は、対処する必要があります。
付きまとい行為は、立派な犯罪です。

「誹謗中傷・個人情報特定・リベンジポルノ」等がみられた場合は、別に立件することも可能。

仮に、男性がそういう行為をしてきた場合は、下記の対処を行いましょう。

証拠を集める

一切接触をしない

反応しない

人目の多い場所で会う

知り合い・友達に待機してもらう

これらの対処法を行えば、ネットストーカーを抑制させることが可能。
相手が、元カレの場合は余計に対処しておきたいので、しっかり把握しておくことが重要です。

証拠を集める

まず、ネットストーカーをされている場合は、証拠を集めないことには意味がありません。
基本的に、依存性が高い男性が行うものです。

”相手に自分の存在を知ってほしい”という自己承認欲求が、第一に来ています。
そのため、少しでも証拠を集めることを尽力しましょう。

  • ストーリーの閲覧履歴
  • いいね・コメントの履歴
  • 足跡

これらの情報は特に記録しておくと、後々役に立ちます。
立件するにも、警察や弁護士に相談する必要があるので、証拠としては十分です。

そもそも、証拠がない状態で「ネットストーカーにあってます」といっても、相手にしてくれません。
被害届を出すにも、立派な証拠が必要になるので、1か月程度はストーカー被害を堪えて証拠を集めると良いでしょう。

しかし、相手に気付かれた段階でアウト。
さらに被害が拡大する可能性もあるので、慎重に証拠を集めることをおすすめします。

一切接触をしない

ネットストーカーをしている相手が、自分の近くにいない場合は接触しないことが重要です。
学校や職場にいるなら仕方ありませんが、できる限り近づくのはやめましょう。

自己承認のもとネットストーカーをしているので、接触してしまえば相手の思うツボ。
「変な行為するのやめてくれない?」というのは、逆にストーカーを促進させてしまうことになります。

依存性が高い人や、復縁したい人がネットストーカーに陥りやすいので、接触するのは一番NGな行為。
中には、構ってほしいという単純な理由だけでネットストーカーをしている人もいます。

近づいてしまうと、”ストーカーをすると接触できる”と思わせてしまうので、逆効果ですよ!
近くに相手がいてやむを得ない時は、距離を取ることが重要です。

反応しない

仮に、ネットストーカーの被害が拡大したとします。
(例:執拗な電話、特定、個人情報を晒される等)

その場合、女性なら恐怖を感じてしまいますし、自尊心を傷つけられることもあるでしょう。
もちろん、被害が拡大すれば警察に相談するのが一番ですが、言い返したくなる人もいます。

しかし、相手の行為に反応してしまうと、相手の思うつぼです。

ネットで起きていることなので、ネット上で解決したいと思う人が多いでしょう。
さらに、ネットなら対面で話しているわけではないので、言いたいことも気軽に言えるでしょう。

反応すればするほど、行為がエスカレートしてしまう可能性も。
抑制させるために行った行為が、逆効果になることもあるので注意しましょう。

人間は相手にされないことで、行き場のない寂しさを感じます。
元カレにそういう思いをさせるという意味でも、相手にしないのが一番の対策です。

人目の多い場所で会う

仮に、接触してストーカー被害を終えさせるために、話し合いをすることになったとします。
何事も話し合いをすることで、解決する場合もありますからね。

その際は、必ず人目が多い混雑している場所を選ぶようにしましょう。

ネットストーカーがリアルで会ってくるというのは、稀です。
しかし、独占欲・支配欲の元でストーカー行為を行っているので、最悪のケースに陥る可能性があります。

個室をチョイスすると、相手にとって有利な状況を作り上げてしまいます。
人目の多い場所なら、第三者が見ているという安心感もありますし、相当なことがない限り最悪のケースになることはありません。

相手が逆上したとしても、周りが助けてくれる可能性が高いです。
しかし、時間帯や曜日によっては周りに人が少ないケースも見込めます。

店員との距離感が近いような、”ファミレス・カフェ”をチョイスすると良いでしょう。

知り合い・友達に待機してもらう

話し合いに関係しますが、念のために知り合いや友達に待機してもらうのがベストです。
会わないのが一番の対策ですが、解決するための手段としてあるならやむを得ません。

相手が抵抗しても良いように、男性の友達がベスト。
元カレよりもガタイが良い男性をチョイスすると、安心感もあります。

むしろ、一緒に話し合いに参加してもらうのも良いかもしれません。
当人同士の問題なので、話し合いに参加するのも変ですが、十分な対策になります。

しかし、話し合いになったところで解決する確率は低いです。
相手のことを考えずに悪質な行為をするのが、ネットストーカー。

”自分を正当化して理解してもらおう”と接してくるでしょう。

食い違いが生まれれば、言い合いになることもしばしば。
その際に、安心できる友達がいれば、心の余裕もできるでしょう。

さらに、裁判沙汰になった場合に証人として協力してもらうことも可能です。

まとめ:ネットストーカーをする男性は相手にしないのが一番

ネットストーカーは、基本的に依存体質の人が行う行為です。
別れる際に、未練が少ない女性よりも男性のほうがなりやすいといえるでしょう。

また、依存のほかに怒りから来ることもあります。
(例:浮気された、不倫された)

ネットストーカーをいかに穏便に終わらせるかということですが、一番は状況把握を行い、証拠を集めて相手にしないことです。
あなたも逆上して、相手をしていると男性の思うツボ。

一生解決することはないので、一定期間証拠を集めることに尽力しましょう。
どうしても解決しない場合は、知り合いや友達に介入してもらい、話し合いをするのも一つの方法。
※話し合いをしたからといって解決するとは限りません

その場合は、最終手段として警察に介入してもらいましょう。
序盤で集めた証拠が役に立ちますし、知り合いや友達が証人になります。

一人で抱え込む前に、周りに相談するなどして解決策を見つけると良いでしょう。




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>