ブログ

【法的根拠あり】不倫と浮気の違いは?【不倫・浮気する人の特徴・兆候・リスク・防ぐ方法等解説】

不倫と浮気は、行為的には似ているものがあり、区別がつかない人も多いと思います。

大きな枠で見ると、いずれも行動は同じですが、意味合いは異なります。

  • 不倫:配偶者がいながら別の女性と複数回不貞行為に及ぶこと
  • 浮気:セフレ・恋人以外の異性と交際関係に至ること

要は、結婚しているかどうかが大きなポイントとなります。
不倫には法的な概念があり、離婚・慰謝料請求の理由となります。

しかし、浮気は法的に咎めることはできません。

今回は、不倫と浮気の違いについてそれぞれ解説します。

この記事を読むとわかること

不倫は離婚の原因になる

慰謝料・養育費の問題もありリスクが高い

お互いを尊重すれば浮気と不倫は予防できる

不倫と浮気の決定的な違いとは?

不倫と浮気について少し解説しましたが、決定的な違いは下記の通り。

  • 不倫:既婚者でありながら不貞行為に及ぶ
  • 浮気:パートナーがいて異性に関心を向けること

既婚者であるかどうかが大きなポイントになります。

そのため、恋人関係の状態で異性とセックスをしたとすれば、それは不倫ではなく浮気です。
しかし、相手が人妻や既婚者だった場合は、不倫になります。

不倫は法的な概念がある話をしましたが、十分離婚の理由になります。
「不貞行為を複数回あった」という事実があれば、不倫が成立します。

そのため、既婚者がワンナイトをしたり別の異性に浮ついた気持ちが生まれただけでは、不倫は成立しません。

基本的には、肉体関係が伴うことがメインです。

浮気の場合は、既婚者よりも独身カップルに対して使われます。

不倫は、法的な見解があるので個人の判断で決まることはありません。
しかし、浮気は法的な見解がないので個人の裁量で決めることになります。

人によって浮気の定義が違うのは、これが関係しているのです。

  • 異性とメールをした時点でアウト
  • 会ったらアウト
  • セックスしたらアウト

この様に基準が異なり、個人の器次第といえるでしょう。

しかし、個人的に浮気は下記が一般的だと思います。

  • 恋人以外に恋愛感情を抱く
  • 恋人以外と肉体関係を結ぶ

肉体関係がなかったとしても、キスやハグといった体の触れ合いがあった時点で浮気だと思います。
要は、恋人以外に異性と親密な関係になれば、浮気を疑われてもおかしくないということです。

また、バレた際の責任感にも大きな違いがあります。

浮気は、法的な見解がないこともそうですが、浮気を理由に慰謝料請求することは難しいです。
家庭を持っていない時点で、他人同士のカップルの問題だからです。

相手と婚約をしている場合は、婚約破棄案件なので、慰謝料請求も可能ですが、ただの付き合いをしているカップルなら関係ありません。

一方、不倫は法的な見解があり、不倫を理由に慰謝料請求・離婚調停を開くことが可能です。
家庭を崩壊させるリスクもありますし、子供がいれば養育費の問題などもあるからです。

民法でも定められている通り、離婚の理由になります。

それに、カップルとは違い夫婦は婚姻届けを提出して戸籍を新しく作る必要があります。
夫婦には家庭を築くという義務があり、それを崩壊させるということは夫婦にとって大きな問題になるわけです

そのため、不倫がバレたさいは「不貞行為があった」とみなされてしまい、慰謝料請求をされるということになります。

あなたが独身でも、相手が既婚者だった場合は「家庭崩壊の原因を作った」として慰謝料請求をされることもあります。

この様に、浮気と不倫は中身は似ていますが、責任感やリスクが異なります。
不倫のほうがリスクが高いことがよくわかります。

不倫・浮気をする人の特徴5選!

不倫と浮気の違いについて解説したところで、不倫や浮気をする人の特徴を解説します。

単に、結婚生活に飽きたというのではなく、様々な特徴が存在します。

時間的に余裕がある

金銭的に余裕がある

職場に異性が多く浮つきやすい環境がある

恋人歴・結婚歴が長い(3年以上)

チャラい・異性好き

主に考えられる特徴です。

不倫や浮気をされたことがある人は、思い返してみればこの特徴に該当していたということもあるでしょう。
※一つでも該当しているなら予備軍です。

それぞれ、解説します。

時間的に余裕がある

まず、不倫や浮気をしている人に多いのは、時間に余裕があるということです。

時間の都合がつきやすいと、不倫相手と会うことができますし、その時間に不倫をするという人も多いようです。

不倫が発生しやすい場所として、職場が第1位にランクインするということは、時間の都合がつきやすいからです。

  • 中間管理職
  • 社内ニート
  • パート・アルバイト
  • 専業主婦

これらの職業は特に、時間に縛られずに仕事をすることができますし、プライベートでの自由な時間も多いです。
そのため、都合をつけやすいという意味でも、不倫や浮気をしやすい傾向にあります。

女性は40代が最も不倫をしやすいわけですが、時間的にちょうど余裕が出る頃なので多い理由がよくわかります。

金銭的に余裕がある

次に、金銭的に余裕がある人です。

金銭的に余裕がある人は、愛人を作ったりすることも多いです。

・関連ページ>>>愛人はどうやって作る?作り方・出会う場所を徹底解説【出会い系?交際クラブ?】

不倫や浮気をするということは、別の異性と関係を持つことになります。
特に男性の場合は、彼女や嫁候補がもう一人増えることになるので、金銭負担もその分かかります。

バレないようにするためには、家族の時間も作らなければならないので、そちらのほうにもお金がかかります。

要は、金銭負担が二倍になるということなので、収入が少ない人はあまり浮気や不倫が向いていません。
関係に陥ったとしても、結局は家庭や本命に戻ることも多いです。

男性が、浮気や不倫に本気にならないのは、金銭的な問題も大きくかかわっています。

長期間関係を継続させる人は、時間的にも金銭的にも余裕がある人になります。

職場に異性が多く浮つきやすい環境がある

浮気や不倫に発展しやすいのは、職場です。

そのほかは、友人の紹介が多いですが、浮気をする5人に1人が職場で出会っていることになります。

特に、異性が多い職場で働いている人は、不倫関係に至りやすいという傾向があります。
これは年齢に限らず、社会人になると出会いも少なくなるということが理由でしょう。

40代女性が職場で不倫関係に発展しやすいのは、トキメキを感じやすいからです。
家庭では一切トキメキを感じなくても、職場に行けば若い男性もいてそこにトキメキを感じるというものです。

それに、職場は仲間意識が生まれることが多いですし、距離感も縮まります。
「良い仕事仲間」として捉えているなら問題ありませんが、話を聞いていくうちに恋愛感情を抱くことはよくあります。

そのため、自分のパートナーが異性が多い職場で働いている場合は、浮気や不倫の可能性が高いので注意しましょう。

恋人歴・結婚歴が長い(3年以上)

恋人歴・結婚歴が長いと、浮気や不倫をしやすくなります。
これは、慣れが関係しており、生活に慣れてくると関係性に飽きてしまう人も少なくありません。

家庭環境にマンネリ化を感じ始めると、妻を女性として見れなくなるという人も少なくありません。
そのため、性的にも欲情しなくなり、セックスレスになった結果不倫に走るという人も少なくありません。

恋人の場合は、将来を考えていることもあるので、マンネリ化することは少ないですが、単に彼女に飽きるということもあります。
特に、同棲をしているカップルは、飽きが来やすいです。

近年では、主婦の不倫も増えており、男性が単身赴任になったりすると時間ができるため不倫をすることも少なくないようです。

そのため恋人歴・結婚歴が長い人は不倫や浮気に至る可能性もあるので注意しましょう。

チャラい・異性好き

相手がチャラい人・異性好きだった場合は、浮気・不倫予備軍です。

特に、独身時代に「モテてたんだよね~」という話を聞いたことがある人は、浮気・不倫をする可能性があるので要注意。

そのような状況で育ってきて、いざ恋人や結婚をしてパートナーを作ると、遊ぶことができなくなります。
独身時代に比べると、刺激がなくなったということもあり、「この生活に不満を感じる」と思う人も少なくありません。

その状況に不満を感じる人も多いようです。

結婚によって意識が変わるという人もいますが、根本的な性格として「女好き」「男好き」が根付いている場合は、治りません。

そのため、昔のことを思い出して刺激的な生活を求める人も多いようです。
恋人になったり、夫婦関係になったりした後でも、同じことを繰り返すことも少なくありません。

浮気・不倫を疑うべき兆候4選!

浮気や不倫をされたくない場合は、兆候を把握しておく必要があります。
素人が証拠をつかむには困難ですし、最初から浮気や不倫をしないように対策しておく必要があります。

相手に変化が見られた場合は、その変化に気づけばいいだけの話です。

残業・飲み会を理由に買えりが遅くなった

スマホを肌身離さない

趣味・好みが増えた・変わった

連絡がつかなくなる

主に考えられる特徴ですが、当てはまったからといって100%浮気や不倫をしているわけではありません。
しかし、している可能性があるということに変わりはないので、追及する理由にしておきましょう。

残業・飲み会を理由に帰りが遅くなった

浮気や不倫をしているときに、最も異性にしやすい理由は「帰りが遅くなるかもしれない」というものです。

理由は様々ですが、「残業」「飲み会」がメインです。

前に比べて、急に帰りが遅くなった場合は、浮気や不倫をしている可能性が高まります。

しかし、仕事には繁忙期もありますし、決算前等は残業をして当たり前です。
ただ、連日のように残業や飲み会を理由に「帰りが遅くなる」といっているのは怪しすぎます。

そのため、以前の残業と飲み会の時間を比較してみましょう。

  • 1年前:遅くても9時には帰ってきていた
  • 現在:遅いと朝帰ってくる

この様に劇的な変化がある場合は、かなり怪しいです。
1日だけなら問題ありませんが、数日続くようであれば黒確定です。

しかし、これだけを判断材料にして、浮気や不倫を疑うのはやめましょう。
単に仕事が忙しかったりするだけの可能性もあるので、しばらく様子を見ましょう。
(他の予兆と比較しながら判断するのも良いです。)

スマホを肌身離さない

パートナーが、スマホを肌身離さず持つようになったら注意しましょう。
出先で持つのは問題ありませんが、家でも常に持ち歩いているようであれば、浮気や不倫をしている可能性が高いです。

何か見られたくない内容があるからこそ、スマホを常に持ち歩いているのです。

また、下記の特徴がみられたときは少し警戒しましょう。

急にロックをかけ始めた

机に置くときは画面を隠す

どこに行くときもスマホを離さない

いずれも、スマホを見れられたら問題がある人がする行動です。
何か隠し事をしているかのような態度をとってくるので、このような態度が見えてきたときは、疑うようにしましょう。

普段からパートナーのスマホを確認している人もいるみたいですが、そういう人でも浮気や不倫はします。
急に行動が変化した場合は、何かを隠したいという証拠なので、目で確認してみましょう。

趣味・好みが増えた・変わった

パートナーと一緒にいて、急に色気づいたり趣味が変化したりした場合は、浮気や不倫している可能性が高いです。

男性が女性受けが良いような趣味を始めた場合は要注意です。
例:カメラ、カフェ巡り、ガーデニング等

カメラなら「写真を撮りたい」という理由があるので、わからなくもありません。
しかし、急に「カフェ巡り」「ガーデニング」を始めた場合は、何かきっかけがあるに違いありません。

別の異性と絡む中で「私カフェ巡りが好き」「ガーデニングが好き」と言われて、触発されて始めたということも考えられます。

また、そもそも好みが増えたり変わったりした場合も、注意が必要です。

明らかに以前と違う行動をし始めた場合は、相手に追及しても構いません。

連絡がつかなくなる

パートナーと連絡をしていて、「前よりも返信が遅くなった」「連絡があまりつかなくなった」ということがあると思います。

その際は、浮気や不倫をしている可能性も高いです。

もちろん、相手が忙しくなってそもそも連絡できなくなったという場合もあります。

しかし、不意にパートナーに電話をした際に留守電や圏外になった場合は、相手が電源そのものを切っている可能性が高いです。

数回連絡が取れない状態なら、疑う余地はありませんが、何回も続くようであれば疑うことが重要です。

土日に「ちょっと一人で出かけてくる」といって出かけた場合に、連絡がつかない場合は、警戒が必要です。
電話をかけるなどして、どういう状況になるか確認すると、判断材料になります。

電源が切れている場合は、浮気や不倫をしている可能性が高まります。

浮気や不倫をすることで生まれるリスク5選!

浮気や不倫は一般的にリスクが高い行為です。

もちろんバレなければ、何もリスクはありませんが、いつバレるかわかりません。
そのため、浮気や不倫をすることで生まれるリスクについて解説します。

離婚をする可能性がある

子供との関係も破綻する

慰謝料請求される・養育費の請求をされる

精神的な負担が大きい

社会的信用を失う

いずれも、大きなリスクになることがあるので、事前に把握しておきましょう。

離婚をする可能性がある

これは、不倫をした人にかかるリスクです。
まず、不倫をしたことが発覚した場合、個人の裁量次第では離婚調停を開かれます。

日常的な不満から不倫をして、一瞬は楽しんだとしても、いざ離婚調停を開かれると全てを失うこともあります。
失ってから、家庭の大切さに気付くという人も少なくありません。

不倫をすることで、最も発生しやすいリスクです。

離婚をすれば、家庭を崩壊させることにもつながりますし、平穏な家庭は待っていません。

仮に、相手が離婚調停を開かずに、二人で示談をして解決した場合でも、関係にヒビが入ります。

前までの平穏な生活は待っていないので、今後生活が絶望になります。

そのため、普段生活してる中から家族や彼女がいなくなった時のことを考え、後悔するか否か考えてみると答えがわかります。

子供との関係も破綻する

パートナーとの間に子供がいた場合、離婚を申し出られたら高確率で子供を相手に引き取られてしまいます。
もちろん、条件付きで離れることになるので、一生会えなくなる可能性もあります。

子供がいない場合は、夫婦間の関係で済みますが、子供がいる場合は子供にまで迷惑をかけてしまいます。

一度関係が破綻してしまったら、その時点で家庭は崩壊するでしょう。

不倫は、夫婦間の問題であり、子供には何も罪がないことです。
そういう子供にまで迷惑をかけるというリスクもあるということです。

一瞬の気の迷いで不倫関係に陥ったとしても、子供に会えなくなるのはやはり辛いこと。

抱えるリスクというのは、夫婦間だけではなく家庭にもあるということです。

慰謝料請求される・養育費の請求をされる

仮に、離婚調停で不倫が成立した場合は、慰謝料を請求されてしまいます。

条件によって異なりますが、平均相場として「50~300万円」が妥当とされています。

最も低いのは50万円で、離婚も別居もしない状態です。
夫婦関係を継続させることを条件に、示談金として50万円支払うというものです。

最も高い300万円ですが、不倫が原因で離婚が成立した場合です。
あくまでも平均相場なので、確定ではありませんが、「200~300万円」が主流とされています。

非常に高額であり、不倫のリスクがいかに高いがわかります。

さらに、子供がいる場合ですが養育費を負担しなければなりません。

養育費の厳密に定められており、年収によって変わります。

  • 夫婦の年収
  • 子供の数・年齢
  • 経済状況

この3つで月々の年収を判断します。

選定の基準は、「養育費算定表」という表で決まります。
※ネットで検索するとヒットします。

夫の年収:300万円

妻の年収:0円

子供:1人(4歳)

この場合は、算定表に当てはめると月々2~4万円になります。
最低2万円、最高4万円まで養育費を負担しなければなりません。

年収が400万の場合は、4~6万円に増額します。
800万の場合は、8~10万円に増額するように、年収によって変動します。

養育費は夫婦間で決めるので、妻の収入があれば負担する費用も変わります。

また、養育費を支払うのは子供が20歳になるまでです。
2歳の時に離婚した場合は、18年間養育費を支払う義務があります。

月々4万円支払ったとして、900万円近く支払うことになります。
途中で年収が上がることも考慮すると、1000万円近くは負担することになります。

数字が明らかになると、不倫がいかにリスクが高いのがわかると思います。

精神的な負担が大きい

不倫は、一般的に「悪いこと」だとされているので、理解者は一切存在しません。
理解してくれるといっても、不倫をしている当人同士でしょう。

不倫をした人の味方になってくれる人は少ないですし、それが精神的な負担になることもあります。

仮に、裁判で和解をして離婚をしないことになったとしても、関係が穏便になることはありません。

配偶者や子供からはもちろん、家族や友達といった人から、責められ続けます。

その中で夫婦生活を続けていくのは困難であり、和解しても結局離婚する人も少なくありません。

精神的な負担を抱えたまま生活をしても、気持ちも楽ではないので不倫のリスクが高いことがわかります。

もちろん、浮気も同様です。

浮気の場合は、離婚をすることはなく咎められませんが、結婚をしていないため不倫以上に責められることがあります。

社会的信用を失う

浮気・不倫は、社会的信用を失う可能性が非常に高いです。
まず、その事実が周りに広まらないということはありません。

不倫の場合は、裁判を開く時点で「親戚」「身内」に広まることは間違いありません。
職場に関しても、言わなかったとしてもどこからバレるかわかりません。

仮に、離婚が確定すれば会社でも「配偶者」がいなくなるわけですから、申告しなければなりません。
経緯を話していくうちに、不倫が原因で離婚したことが発覚したら、会社での信用は失いかねません。

「浮気した人」「不倫した人」と思われてしまいます。
社会的信用を失っている時点で、出世路線はありませんし、会社のイメージにも関わるので自主退職を促されます。

社会的信用を失った時点で、一度リセットしない限りは社会復帰することは困難です。
例:職場を変える、離婚をして縁を切る

いずれにせよ、不倫は非常にリスクが高いので控えましょう。

不倫・浮気を防ぐ為にできる方法

不倫や浮気をしてしまう人は、リスクを顧みず行っている可能性が高いです。

しかし、家庭崩壊のことを考えると、考え直してほしいと思う人も少なくありません。

そこで、不倫と浮気を防ぐための解決策を紹介します。

最低限の魅力を大事にする

適度なスキンシップを取る

セックスレスを控える

相手のことを理解して尊重する

二人の時間を大切にする

この5つができれば、相当なことがない限りは浮気や不倫をすることはありません。

最低限の魅力を大事にする

人間は、年齢を重ねていくにつれて魅力が失われていきます。

これは、女性だけではなく男性も同じです。

結婚生活が長いと、一緒にいることが当たり前になり相手に魅力を感じなくなることも多いです。
前述したように、「妻に魅力を感じなくなった」という男性も少なくありません。

また、男性も昔に比べると魅力がなくなったと思われることもしばしば。

そうなった場合は、別の魅力的な異性に関係を求めてしまうことがあるので、最低限男・女としての魅力を忘れないようにしなければなりません。

女性は特に下記を気を付けましょう。

最低限の化粧はする

夫の好みの趣味・服装をする

夫好みの香水を使う

基本的には、これらを意識すると男性も魅力を感じるようになります。

妻として見ていることもありますが、「今日は女っぽいな」等変化に気づいてくれれば、飽きられることはありません。

魅力を失った時点でアウトなので、男女問わず身だしなみには気を付けるようにしましょう。

適度なスキンシップを取る

これは男性に大きくかかわっていますが、女性は何かとムードを大事にします。
これは、何歳になっても変わらないことであり、常にムードを大切にしているといっても過言ではありません。

長年付き合ってきた夫婦だとしても、雰囲気を無視したようなセックスをしてしまっては、女性も嫌気がさしてしまいます。

過剰なスキンシップを取るというわけではなく、適度なスキンシップを取ることによって、不倫を防止することができます。

男性は、セックスをしたいと思っていても、女性はスキンシップを撮りたいと思っているのです。

そのため、ただ挿入するだけの雰囲気のカケラもないようなセックスをしているようであれば、関係を破綻させてしまいます。

そのため、セックスをするにもキスやハグといった前戯に重点を置きましょう。

セックスが始まる前のスキンシップを行えば、問題ありません。

セックスレスを控える

不倫に至る可能性が高い理由として、セックスレスが挙げられます。
セックスレスになっても、性欲がなくなったわけではありません。

妻や夫に魅力がなくなったからこそ、セックスレスに陥るのです。

しかし、お互い欲情することがあれば、セックスをすることがあるように、相手が求めてきたらセックスを拒まないようにしましょう。

男女に限らず、好きな人から体を求められるというのは嫌なことではないはずです。
相手に性的な魅力を感じることができれば、そこからセックスに至ることも少なくありません。

しかし、30~40代になると性欲も落ち着いてくるので、若いころのようにセックスをするというわけではありません。

毎日求められることはなくても、たまに求められることはあります。
その誘いに断ってしまうと、「別の異性から解消してもらおう」と思います。

女性は、40代が最も不倫をしやすいというのは、そこが関係しています。
男性は、年齢を重ねれば性欲が落ち着いてきますが、女性は30~40代が最も性欲が高まる時期です。

そこで、魅力を感じないからといって抱かないと不倫の原因を作ってしまいます。

相手のことを理解して尊重する

男性にありがちですが、家庭の不満や仕事の不満から不倫に至る人も多いです。
というのも、自分のことをしっかり理解してくれないことが、原因です。

仕事で失敗したり悩みを抱えたりすると、説教じみたことを言いたくなるのもわかります。
しかし、たまには相手を理解してほめないと、別の女性に癒しを求めるようになります。

相手のことを否定ばかりしていると、男性の家庭内の居場所がなくなってしまいますし、自信がなくなってしまいます。

その自信を取り戻すために、浮気や不倫に走ってしまうのも訳ありません。

常に褒めるわけではなく、否定から入るのではなく、まずは相手を理解することから始めると良いでしょう。

悩みを聞くだけでも男性は救われることが多いので、一旦は悩みを聞くと良いでしょう。

男性も、女性に対して生活の中で少しは褒めることが重要です。
セックスをする際も、強引にセックスをするのではなく、スキンシップを取りつつ近づいてくことが重要です。

関係を穏便に続けるという意味でも、お互い尊重しながらやり取りをしていくことが重要です。

二人の時間を大切にする

子供ができた時にありがちですが、夫婦は子供優先になってしまいます。
特に、子供が自立するまでは、ついつい子供を優先にしてしまい、夫婦関係がおろそかになってしまいます。

二人だけの時間が無くなってしまうと、お互い寂しくなってしまいます。

子供を優先することは重要であり、家庭を築き上げるためには必要なことです。

しかし、優先しすぎると「父親と母親」としてしか相手を見ることができなくなり、それこそ魅力を感じなくなってしまいます。

この関係に陥ってしまうと、家庭に対して不満を抱くようになりますし、別の刺激がほしくなり不倫に走ってしまうこともあります。
そうならないためにも、たまには二人で外出してみると良いでしょう。

子供が自立していなくても、託児所に預けるなどしてでも二人の時間を作ると違います。

案外、結婚する前のデートなどを楽しんでみると、お互いの大切さに気付くようになります。

つまり、マンネリ化を避けて常に新鮮さを求めることで、不倫をしない家庭を築けるわけです。

まとめ

不倫と浮気の違いについて解説しました。

大きな枠で見れば、同じ括りに入ります。

しかし、不倫のほうがリスクは高く、法的な見解があるのも不倫になります。

不倫をすると、離婚の原因になってしまったり、家庭崩壊したりします。

お互いの気持ち次第という部分もありますが、家庭環境に不満がある人は浮気や不倫をしやすいです。

そのため、お互い理解してストレスを作らないような環境を作ることが重要です。




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事