ブログ

不倫をする際はルール決めが重要!バレないようにするルールの作り方!

不倫というのは、お互いにとってリスクがあるものです。
デメリットも大きく、人によっては家庭崩壊の可能性もあります。

しかし、お互いが関係に割り切って”ルール”さえ作っていれば、リスクを最小限にすることが可能です。

今回は、不倫をする際に作っておくと良いルールについて解説します。

この記事を読むとわかること

ルール決めを徹底すれば関係性が継続しやすい

履歴は不倫がバレるリスクを高める

アリバイ工作は徹底する

不倫関係を継続する上での基本的なルール

まず、不倫関係は秘密を必ず守らなければなりません。
その秘密を誰にもバラさないで、秘密を隠し通せば関係を継続させることが可能です。

不倫関係を長続きさせるという意味でも、二人が守るべき基本的なルールはしっかり守るようにしましょう。

主に考えられるルールは下記の通りです。

証拠は絶対に残さない

SNSで経過報告をしない

関係性は他言無用

他にも、ルールは存在しますが、基本的にはこの3つを軸に不倫をすれば問題ありません。
バレるリスクを最小限にすることが可能なので、不倫相手と話し合ってルール決めをしましょう。

・関連ページ >>不倫相手と長続きさせるには?関係を継続させる方法を解説!

 

証拠は絶対に残さない

まず、不倫関係を構築させたいと思っているなら、証拠は残さないようにしましょう。
不倫関係といっても、恋愛関係になることがほとんどです。

普段の生活に満足できずに、「恋人のようなデート」「恋人のような写真」等満喫する人もいると思います。

しかし、写真は見つかれば一発アウトの不倫の証拠になってしまいます。
むしろ、普段隠し通していても結婚相手に見られて不倫がバレるというケースが非常に多いのです。

単に、「お店でのツーショット」では、”同窓会の時に撮った写真だよ”と言い逃れができますが、デート先等では言い逃れができません。

最近では、リベンジポルノをされることもあるみたいです。

  • リベンジポルノ:別れた交際相手に腹いせとしてSNSに写真をばらまくこと

最初から関係が破綻する前提で付き合うというのも、少し気が引けます。
しかし、写真を撮ることによってあらゆる方面でリスクが生まれるわけです。

写真に限らず、「レシート、領収書」も同様です。
その場で処分しないと、日付や時間が記載されるので、バレる可能性も高まります。

不倫の証拠として突きつけられる可能性も考えられます。

そのため、普段からレシートを貰わない、レシートを処分するといった習慣をつけていれば失敗も減ります。

それ以外にも、残りそうな不倫の記録などは作らないことをおすすめします。

SNSで経過報告をしない

近年では、SNSが発達したということもあり、熟年層でもTwitterやInstagramを使っている人も多いです。

SNSを使えば、簡単にネットにいる不特定多数のユーザーに、情報共有をすることができます。
アカウント次第では、ユーザーを限定して写真を投稿することが可能。

しかし、信頼している人でも思わぬところで写真が流出することも多いのです。

SNSから不倫がバレるということは結構あることで、簡単にバレてしまいます。

そのきっかけとして、「おすすめユーザー」が挙げられます。

おすすめユーザーが表示される基準はランダムですが、共通のフォロワーから紹介されます。
Aをフォローすれば、共通点があるAのフォロワーが表示されます。
例:友達の友達、共通の同級生

仮に、結婚相手と共通の知り合いがいた場合、結婚相手に自分の存在がバレてしまうこともあります。

写真を投稿しなくても、Twitterなら「~にでかけた」等書き込みでさえ、不倫をバレさせてしまうきっかけになります。
写真だけではなく、情報発信をしただけでバレにつながる可能性もあるわけです。

本人にバレなかったとしても、友達に知り合いにバレた時点で噂として広まるので非常にリスキーです。

どこで感づかれるかわからない状況で利用するのも危険なので、SNSにはそもそも投稿しないことをおすすめします。

仮に、投稿するとしても「フォロワーに不倫相手しかいない」アカウントを作成すると良いでしょう。
これなら、相手との情報共有のために使えますし、フォロワーがいないのでバレることもありません。

 

関係性は他言無用

不倫をする際の関係性はどういうことがあっても、他言無用にしましょう。
相手にもよりますが、「会社の同僚」「地元の友達」等バレやすい立場にいるなら、余計に関係性を言うのはリスクになります。

・関連ページ >>同窓会は不倫のきっかけになりやすい!理由・リスクや防ぐ方法を解説!

 

しかし、不倫についての割合で統計を取った結果、職場での不倫が最も多かったです。
詳しくは、下記を参照ください。

・関連ページ>>>日本の不倫率は高い?不倫の割合を数値を元に徹底解説!

 

実際に、私の知り合いも職場で不倫関係になっていましたし、手ごろに相手を見つけられるでしょう。

仲良くなった人や同僚にその関係性を話して楽になろうという人もいるみたいですが、関係性について話すと一発アウトです。

お互いの社会的地位を一瞬にして崩してしまう可能性もあります。

一般的に、不倫は認められていない行為であり、バレた瞬間に会社の信用にかかわることもあります。
相手の口が堅いと思っていても、案外噂が広まってしまうことはあります。

噂というのはどういう形で広まっていくかわかりませんし、一切関係性がないような知人・友達にも話さないというルールを作りましょう。

連絡方法(電話・メール)でのルール4選!

基本的なルールを守っていれば問題ありませんが、証拠として残ってしまいそうな電話・メールもバレるきっかけになります。

友達感覚で、頻繁にメッセージをするのもありですが、ある程度ルールを決めておくことが重要です。

そこで、重要視しておきたいルールは下記の通りです。

登録名は相手の名前にしない

不倫相手との履歴は一切残さない

電話の際はルールを決める

暗証番号を設定する

これらを徹底すれば、結婚相手から何か言われたとしてもうまく言い逃れすることが可能です。

登録名は相手の名前にしない

まず、登録名関してですがあくまでも別の人の名前にしましょう。
ラインに関しては、通知をオフにしておけば問題ありませんが、電話がかかってきた際に不倫相手の名前が表示されたら言い訳がしづらくなります。

ガラケーに比べると、スマホは画面に名前が表示されるので、画面を見られた時点で終わります。

スマホを見るつもりがなかったとしても、画面が見えることはよくあります。

中には、どこに行くときもスマホを肌身離さずに持っている人もいるみたいですが、それも怪しく思われます。
トイレに行くとき、お風呂に行くとき、等様々なシーンがあります。

スマホを見られた時点で、不倫がバレてしまうからです。

お風呂に入っているときに、見ず知らずの女性から着信がかかってきたら「○○ってい人誰なの?」といわれることも多いです。

そうならないためにも、連絡先をカモフラージュしましょう。

  • 取引先の名前にする:○○株式会社、○○支店
  • 男友達の名前にする:順平、じゅんちゃん
  • お店の名前にする:魚民渋谷店、居酒屋○○店

この様にカモフラージュしていたら、スマホの画面を見られたとしても問題ありません。
個人的におすすめなのは、お店の名前です。

取引先の名前にしたとして、深夜の1時くらいに電話がかかってきたら非常に怪しいです。

お店の名前なら、怪しまれることもありませんし「この間行ったときに忘れ物したからかな」「今度の予約確認の電話かな」等と理由付けで言い訳できます。

中には、写真も設定できることもあるので、写真まで設定しておくとバレにくくなります。

・関連ページ >>不倫の始まりは何から?場所・きっかけ・対策を徹底解説!

 

不倫相手との履歴は一切残さない

不倫が最もバレるきっかけとなるのが、履歴です。
写真のパートでも紹介しましたが、不倫と思われる履歴が残ればいつバレるかわかりません。

不倫を疑われた際は、情報が最も詰まっているであろう「スマホ」を真っ先に見られます。

写真の他にも、電話の履歴もありますしラインの履歴も残っています。
もちろん、不倫相手との履歴が残ってしまうので、バレるリスクもその分高まります。

それが物的証拠になり、訴えられたりすることもあるので、履歴は削除したほうが良いです。
履歴を突き付けられたら、言い逃れができなくなりますし、認めざるを得ません。

そのため、基本的に履歴は全削除するようにしましょう。

ラインなら、「非表示、無通知」にして、1日に1回は履歴を削除しましょう。

電話に関しては、電話直後履歴を削除することを心がけましょう。
電話の場合は、全履歴を削除したら怪しまれるので、不倫相手との履歴だけ削除しましょう。

電話の際はルールを決める

不倫相手から電話がかかってきた際に「誰からの電話なの?」「どういう用事?」といった質問をされることもあります。
カモフラージュをしていたとしても、何かと質問してくる人も多いです。

うまく対応することができるなら良いですが、妻が隣にいて不倫相手から電話がかかってきた時は正常な判断ができません。
冷静に対応しようと思っても、案外対応できないこともあります。

その際は、いつ電話をするかというルールを決めておきましょう。

平日電話する際は22時以降

土日は一切電話しない

18時以降は電話しない

この様なルール決めをしておくと、心構えができます。
イレギュラーなパターンもありますが、その際は冷静に対処しましょう。

「会社の電話だしあとでかけなおすからいいよ」といってしまえば、結婚相手もそこまで詮索してきません。

電話は相手と約束をする上で、履歴も残りにくいので非常に良い手段です。(着信履歴を消せば)

そのため、電話できる時間というのを確実に確保しておきましょう。
一方が既婚者の場合は、既婚者側からしか電話を掛けないというルール決めをしても良いです。

相手が電話に出なかったり、電話に出ることができなかった場合は、頻繁にかけなおすのはやめましょう。
30分~1時間程度時間をずらしてから電話をかけると、慌てずに済みます。

「折り返しをするときは30分後」等詳しくルールを決めておくと、怪しまれることなく電話することが可能です。

暗証番号を設定する

やり取り・写真の履歴は都度削除することで、バレるリスクを抑えることが可能です。
しかし、どれだけ気を付けていたとしても履歴が残ってしまうことはあります。

その場ですぐ削除することができるなら問題ありませんが、肌身離さず持っていると怪しまれることもあります。
削除する前に、履歴を確認されてしまえば破綻します。

そのため、その状況に備えるという意味でも自動ロックは設定しましょう。

ロックをすると、「やましいことがあるからロックしている」と思われることもあります。
しかし、プライバシー管理を徹底しないと個人情報は簡単に流出してしまいます。

それに、相手から「何でロックしてるの?」といわれても簡単に言い逃れできます。

「仕事でライン使うことがあって、会社からロックするように言われてる」

あり得ない話ですが、現代では普通にあります。
実際、私が前勤めていた会社では、コンプラを守るという意味で「社用携帯、私用携帯」の両方でロックが義務付けられていました。

信用性を増すためにも、パスワードを教えておくと良いでしょう。
もちろん、間違ったパスワードを教えておきましょう。

相手にパスワードを教えられた場合は、「私のこと信用してるから大丈夫か」と思われるので、いい対策になります。

指紋認証もありますが、番号認証のほうが効果的です。

不倫デートをする際にバレない為のルール6選!

不倫関係になった際は、デートをすることもあります。

結婚相手のことを考えながらデートしても楽しくありませんし、何も考えずにデートをしたいものです。

しかし、デートをする際もルール決めを徹底しましょう。

デート日時は当日決める

現地集合・解散を徹底する

恋人らしいことをしない

定期的に会う(頻度は少なめ)

避妊は必ずする

アリバイ工作は徹底する

デートをする際は、このように細かくルールを決めましょう。
スマホが最もバレやすいですが、会っているときが最もリスクが高いです。

そのため、バレるリスクを最小限にするという意味でも、お互い徹底することが重要です。

デート日時は当日決める

当日デートを楽しむというのは問題ありませんが、次の会う約束というのはデート当日に決めましょう。
電話やメールでするのもありですが、履歴が残れば怪しまれることも多いです。

職場で不倫関係になった場合は、普段顔を合わせるので問題ありません。
しかし、顔を合わせないような不倫相手なら、予定を組むにしても連絡が必要になります。

連絡をすればリスクを高めるので、デート当日に日時は決めておきましょう。
その予定はもうほぼ確定したような形で、極力動かさないようにしましょう。

よほどな理由がない限りは、キャンセルしないように相手に促すと良いでしょう。
時間に関しては詳しく決めることができませんが、「お昼ぐらい」とアバウトに決めておくと当日もスムーズです。

日時を決めておくと、「会いたいね」「次いつ会う?」という連絡をせずに済みます。

連絡を取り合ってしまうと、不倫を疑われてしまうケースも多いです。
スマホを見られない限りは問題ありませんが、通知などでバレる可能性も大いにあります。

そのため、会う約束は事前に決めておくと良いでしょう。

現地集合・解散を徹底する

デートをする際は、基本的に現地集合にしましょう。
車や電車を一緒に使って、現地に向かうというのもありですが、いつバレるかわかりません。

デートとしては、現地に行く際も楽しみたいものですが、普通のカップルとは違いますしリスクが非常に高いです。
不倫は、相手か自分が既婚者であることが前提なので、現地が遠いとしても現地集合・現地解散を意識しましょう。

現地集合の場合は「一人で買い物に行ったらたまたま知り合って」という言い逃れもできますからね。

しかし、現地に行く途中で知り合いや友達に見られてしまった場合は、一気に疑われてしまいます。
一人で買い物に行ったら偶然その場所にいたというのが、不倫デートとしては一般的です。

それに、女性を車に乗せてしまうと、におい等でバレてしまうこともあります。

「そこまでする必要があるの?」と思う人もいるでしょうが、女性の勘は鋭いので抜かりなく対応することが重要です。

恋人らしいことをしない

不倫デートを楽しんでいるときは、恋人らしいことをしないことが重要です。
しかし、これは人前にいる時であって、二人っきりの空間なら思いっきり恋人を楽しみましょう。

「ショッピングセンター、遊園地、水族館」等不倫デートに最適なスポットは多く存在します。

・関連ページ>>>不倫デートをする際におすすめのスポットを紹介します!

 

しかし、人前で”手をつないだり””腕を組んだり”するのは不倫がバレるリスクを高めてしまうことになります。
特に、地元で目立つ行動をするのは控えましょう。

いつどこで誰に見られているかわかりませんし、恋人らしいことをしていたら言い逃れもできなくなりますからね。

結婚相手にはバレなかったとしても、友達やママ友などにバレてしまうと、関係が破綻してしまこともよくあります。

「恋人らしいことをしたい」と思う気持ちもありますが、あくまでも二人っきりの空間になったときに行いましょう。

どうしても恋人を楽しみたいと思った場合は、地元から離れた場所にしましょう。
例:旅行先、遠征先

定期的に会う(頻度は少なめ)

不倫関係は、恋愛をしていることに変わりはないので、会いたいという気持ちは会うたびに増していきます。
しかし、通常のカップルとは異なり、リスクがあるので頻繁に会うと怪しまれてしまいます。

会う場所によっては、頻繁に会うとバレる可能性も高めてしまいます。

そのため、不倫を長続きさせるという意味では定期的に会うのも重要ですが、頻度は少なめにしましょう。

期間はお互いが決めるべきですが、月に1~2回が理想です。
会う回数を減らせば、バレにくくなりますし、目撃される回数も減るのでリスクにはつながりません。

関係性を継続するなら、多くて月に3回を上限に設定しましょう。

それに、頻繁に会うと新鮮さがなくなってしまうこともあります。
マンネリ化を避けるためにも、家庭の時間を大切にしつつ、不倫関係で刺激をもらうというのが不倫の正しい楽しみ方です。

避妊は必ずする

不倫相手を妊娠させてしまった場合は、関係性が変わります。
良い方向に行くことはまずありませんし、悪い方向になるのがほとんどです。

それがきっかけで、関係性が終了してしまうこともあります。

妊娠をしてしまった場合は、一旦はお互いで話し合いましょう。
産むのか中絶するのかはお互い次第ですが、かなりデリケートな問題になります。

出産を選択した場合は、結婚相手とどうするかということになります。
いずれにせよ、今までの不倫関係をフラットに終わらせるということは不可能です。

精神面・肉体面で、限界が来ることが多いので注意しましょう。

不倫中に妊娠するということはかなりリスキーであり、大変なことというのを認知しましょう。
そのため、これらのリスクを避けるという意味でも、妊娠しないように避妊しましょう。

コンドームを正しく着用するだけでも、少しはましになります。

アリバイ工作は徹底する

不倫相手とは様々なことを楽しむと思います。

不倫デートを楽しむこともあれば、場合によっては泊まることもあります。
その際に、アリバイ工作をすれば、疑われた際でも言い逃れが簡単にできます。

デートをする際は「友達と会ってた」「買い物に行ってた」等があります。
中には、「急に仕事が入った」という理由で、スーツを着て出ていても問題ありません。

相手に突っ込まれても良いように、詳しく話せるように設定しておきましょう。

詳しくしすぎるのもバレた時に厄介なので、相手に聞かれたときに答える程度のアリバイにしましょう。

旅行をする際は、「仕事で出張に行くことになった」という理由にしましょう。
行きと帰りだけスーツを着ていれば、問題ありません。

・関連ページ >>不倫パートナー探しは出会い掲示板で既婚者が出会っている現実

 

その他考えられる不倫のルール

電話やデートの際のルールについて解説しましたが、その他考えられるルールが存在します。

履歴を削除していてもどういう形でバレるかはわかりません。

そのため、少しでもバレるリスクを最小限にするためにも、ルールを細分化しましょう。

香水・消臭剤をする

言い訳を考える

それぞれ、決定的な理由にはならないものの、バレるきっかけにつながります。

香水・消臭剤をする

不倫関係に至る際は、自分の匂いを結婚相手にわからせておきましょう。
「香水、柔軟剤、消臭剤」で匂いを決めておくことによって、バレるリスクを低くすルことが可能です。

女性の家に行ったり、お店に行ったりするとどうしても匂いがついてしまいます。
普段とは違う匂いをして帰ってきた場合は、「別の女性のにおいがする」といって勘づかれてしまいます。

女性は非常に匂いに敏感であり、スーツについた別の香水の香りにも敏感になります。
普段つけている香水とは違う匂いがすると、「もしかしたら」と思われることもしばしば。

柔軟剤に関しては、基本的に結婚相手が洗濯をしてくれるので匂いが変わることはありません。
しかし、稀に不倫相手の家に宿泊したときに洗濯をしてもらう人もいるようです。

そうすると、匂いが変わってしまうので、不倫相手の柔軟剤や洗剤を自分の家で使っているものに変えさせましょう。

しかし、普段から香水などを使っていない人が、いきなり香水を使うと怪しまれます。
その際は、別のにおいが付きやすい場所をチョイスして、服に匂いをつけるようにしましょう。
例:喫煙所、お好み焼き屋、居酒屋

これらは特に匂いが付きやすく、理由づけも簡単です。

  • タバコが多いとこに行って
  • 居酒屋だったから臭いがついた

前のにおいがわからないほどであれば、バレる心配もありません。

言い訳を考える

不倫をする場合は、バレた場合の言い訳をある程度考えておきましょう。

ルールを決めたとしても、いつかはバレてしまうものです。

その際に、トラブルにならないためにも、不倫相手とは口裏をしっかり合わせておきましょう。

不倫は証拠がなければ立証しませんし、肉体関係を結ばない限りは不倫ではありません。(法律上は)

不倫がバレた時は、あなただけではなく不倫相手にも追及されます。
その際に、お互いが言っていることがバラバラの場合は、疑いがより増します。

トラブルになる可能性も高まり、家庭崩壊の危機に陥ります。

言い訳を疑われないようにする意味でも、口裏合わせは非常に重要です。

そして、「あくまでも不貞行為はなかった」と主張するようにしましょう。
不倫でよく使われる理由というのは「相談に乗っていた」というものです。

怪しい関係性だとしても、職場の人であれば「仕事の相談に乗っていた」といえば信用性が増します。

周りに言うことができずに、その人に相談していたとなると理解してくれる人も多いです。
それが同僚なら話しやすいですし、まじめな話で終わらせることも可能。

それ以外にも理由はありますが、バレさせないためにも細かく口裏を合わせることが重要です。
お互いが出会った期間や、いつ何をしていたか等細かく設定しておけば、不自然になることもありません。

・関連ページ
>>【法的見解あり】キスは不倫になる?どこからが不倫なのか徹底解説します!
>>【法的根拠あり】不倫と浮気の違いは?【不倫・浮気する人の特徴・兆候・リスク・防ぐ方法等解説】

 

不倫のルールは必ず決めよう!

不倫に関するルールについて書きましたが、既に不倫をしている人でもそうではない人でも学ぶことは多いと思います。

しかし、すべてのルールを守らなければならないというわけではなく、場合によっては二人の関係性に亀裂を入れるものもあります。

不倫関係は、恋愛という関係性になります。
付き合っているのは当人同士であり、紹介したルールの中で定めておきたいものだけチョイスすると良いでしょう。

不倫をすれば、それ以上の関係を求めてしまう人もいるみたいですが、普通の恋愛とは違うことを念頭に入れておきましょう。
会いたいときに会うのも良いですが、リスクを高めることになります。

時には我慢しなければなりませんし、ルールさえ守ってお互いが破らなければ関係性は長続きします。

不倫には三原則が存在します。

  • 関係を壊さない
  • 相手に迷惑をかけない
  • バレない

この三原則さえ意識していれば、簡単に関係を継続できます。
大人の恋愛ということもあり、リスクはつきもの。

相手と穏便に不倫関係を継続させたいなら、バレないように関係を続けましょう。

・関連ページ >>不倫を終わりにしたい時にするべき事は?【終わりにする方法・理由を徹底解説】

 




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>