ブログ

不倫を終わりにしたい時にするべき事は?【終わりにする方法・理由を徹底解説】

「不倫関係を終わりにしたい場合はどうすればいい?」
「不倫関係にけじめをつける方法を知りたい!」

不倫は、一方が既婚者という立場になります。
その状態で関係を継続させるとなると、お互い様々な負担があります。

しかし、不倫に対して本気になることは少なく、相手が既婚者の場合は、長くても1年程度で関係が破綻してしまいます。

いつかは、終わりが来ますし、今の関係が穏便に続いたとしても、関係が継続しないことは不倫をしている当人が一番わかっていると思います。

そこで今回は、不倫に終わりが来るタイミングやとどのような終わり方があるのかについて解説します。

この記事を読むとわかること

不倫の終わり=破局

恋愛と不倫は訳が違う

後悔するなら不倫を終わらせたほうがいい

不倫の終わり方にありがちなパターン5選!

不倫は一般的に、お互いの事情で完結してしまうパターンが多いです。
一方の事情によって左右されることがあるので、不倫をする場合はそのパターンを把握しておく必要があります。

考えられるパターンとしては、下記のものが挙げられます。

パートナーとの間に子供ができた

相手が転勤することになった

別の不倫相手ができた

自分に好きな人ができた

相手に飽きた

基本的には、このパターンに分けられます。

一番あり得るのは、相手に飽きたというパターンです。
相手に飽きた場合は、家庭のほうに気が向いてしまいますし、自分の魅力がなかったことに気づくでしょう。

パートナーとの間に子供ができた

最も、不倫が終わりを告げる理由としてあるのは、不倫相手が子供ができたというパターンです。
このパターンは結構あるようで、不倫が終了する原因としては主流です。

男性は、20代が最も不倫をすることが多い年齢です。

これは、早くして結婚をして夫婦仲に不満を抱いていることが原因といっても良いでしょう。
しかし、子供ができた時点でこの考えは変わります。

家庭に不満を抱いていたものの、子供ができた瞬間に家庭のことを優先し始めるというのはよくある話です。

「嫁とはセックスレスが長い」「嫁に好意は一切ない」といいながら、実際は関係を続けている人は多いです。
前述したとおり、男性はあくまでも家庭のことを第一に考えているということもあり、その一言は口説き文句の一つなのです。

不倫は、一時の関係をいやしてくれる「箸休め的存在」に変わりはないのです。
そのため、不倫をしたとしても子供ができれば、家庭を円満にするため関係を解消して、不倫を終わりにする人も少なくありません。

確かに、「嫁に対して好意はない」といっている人もいますが、このタイプは子供ができれば別です。
将来性を考えるようになるので、嫁に目線が向いていなくても子供に目が向くようになるのです。

さらに、子供ができれば「父親としてしっかりしなければならない」と思って、不倫などの女性関係を一斉に断とうとします。
子供ができれば、嫁に抱いていた冷めた感情も、戻ることも多いようです。

改めて、人生のパートナーとして迎え入れることによって、嫁に気持ちが戻るということも少なくありません。

子供ができれば、不倫について考えることはできなくなるので、早い段階で相手と関係を終わりにすることをオススメします。

相手が転勤することになった

不倫が終わりになる理由として、相手が転勤になったということも挙げられます。
これは、男性にありがちですが転勤が決まってしまえば、物理的に会えなくなってしまいます。

「不倫は離れている距離のほうが長続きする」という人もいますが、離れているとしても隣町の距離くらいです。
遠距離恋愛のように、県境で離れていることはありません。

しかし、いざ相手が距離的に離れてしまうと、会うこともできなくなってしまい、不倫関係が終わりに近づく人も多いようです。

普通に恋愛をしている場合は「遠距離でも大丈夫」と思いますが、不倫は未来がないのでその時点であきらめる人も多いようです。

遠距離を乗り越えたとしても、「結婚できるかどうかわからない」という将来を考えたら、その時点で関係を終わりにする人も少なくありません。

相手は既婚者ですし、余計にそう感じる人もいるようです。

不倫は「会いたいときに会える」という関係が良いのであり、会えないというのは意味がありません。
相手と都合のいい関係を築けない時点で、破綻しているので別れが来るのも納得できます。

別の不倫相手ができた

「不倫は文化」「不倫は性格」というように、不倫をする人は誰でもいいという感覚があります。

仮に、不倫相手があなたのことを好きだとしても、別に条件がいい人が現れると、その人に目を向けて不倫をするようになります。
そのため「最近この人から連絡がないな」と思ったら、実は別の不倫相手を見つけていたという話はよくあります。

不倫をしている以上、常に「別の人と関係を持っているかもしれない」という意識を持つようにしましょう。

これは、不倫をする側の人にしかわかりませんが、ある種「リスク分散」をしていることがわかります。

特定の人と不倫関係に至れば、その人と不倫関係を築くことになります。
しかし、バレてしまったら関係は破綻してしまいます。

そのリスクを分散するという意味でも、別の女性と関係を持ち、不倫が発覚したとしても「その女性は知らない」と白を切ることができます。

案外、女性よりも男性は賢いのでこの様なことをするのはあり得ます。

相手のパートナーに勝てないのはわかりますが、別の女性に勝てないとなるとプライド的に傷つく人も多いでしょう。
しかし、不倫をしている以上リスクはつきものです。

男性も女性を変えないとバレる可能性が高まるので、相当魅力的な女性ではない限り関係を断ち切るのも納得できます。

特に相手が「浮気癖」がある人なら、このパターンに陥りやすいです。
最初から把握して付き合ったなら「この人はそういう男だ」と割り切ることが重要です。

自分に好きな人ができた

不倫相手が別の異性に乗り換えるように、自分に好きな人ができることもあります。
一方的に関係を終わらせられる立場が、自分が関係を終わりにする立場というものです。

後腐れもありませんし、未練なく別れを切り出すことができる方法といっても過言ではありません。
不倫相手に「新しく好きな人ができた」といってしまえば、相手は何も言い返せないと思います。

「わかった」「その人とお幸せに」という言葉しかかけないのは、不倫に対して限界を感じているからです。
不倫相手も、好きな人ができるまでの期間は、相手にそれなりの予兆を感じているはずです。
例:連絡が少なくなった、会う時間が少なくなった等

また、不倫をする側からしても、相手がパートナーと別れない前提で付き合っていると、その状況に嫌気がさしてしまいます。
相手もプライベートのほうを優先しているなら、引き留められることもありませんし、スムーズに別れられると思います。

特に引き留められなかった場合は、「遊びの付き合いだったんだ」と思って、不倫をしていた自分に冷める瞬間も来ます。

いかに不倫相手が、「家庭のことを大事にしていたか」を理解できる瞬間です。

不倫に理解があって、本気で不倫相手と結婚すると考えていない限りは、相手のことを好きになることはありません。
不倫が終わりに近づくというのは、気持ちが薄れてきた証拠です。

あなたが別の人を好きになるということは、少なからず不倫に対して「将来を感じなくなった」からです。

あくまでも、あなたは二番目であることを理解しましょう。

相手に飽きた

不倫は、相手に魅力を感じなくなったときに終了することが多いです。

当初は、「嫁よりも魅力的な女性」「話を聞いてくれるいい女性」と思うこともあります。

しかし、付き合っていく中で「あまり魅力的じゃないな」「嫁のほうが話を聞いてくれる」とシフトチェンジし始めたら、不倫相手に魅力を感じなくなります。

この様な状況に陥った場合は、相手に飽きてしまい魅力を感じなくなりますし、関係が終了してしまうことも多いにあります。

精神的な要因なので、あなたが魅力的な女性である限りは相手も飽きないと思います。

しかし、見た目だけ意識しても冷められてしまうこともあります。

わがままな性格だったり、束縛する性格だったりすると、相手から覚められてしまい、不倫が終わりに近づくこともあります。

不倫は普通の恋愛とは違いますし、一般的には受け入れられないような恋愛ということになるので、それを把握した上で付き合うことが重要。

相手にとって「良い理解者」という立場ではないと、不倫関係を継続させることは難しいでしょう。

新しい相手ができたり、飽きたりした時点で男性は別の女性を探すようになります。

不倫関係は、「あなた」がいいのではなく「誰でも」いいのです。
条件に沿った人なら誰でもよいので、少しでも関係を終わりに近づけたくないなら、不倫相手にとって魅力的になりましょう。

不倫を「終わり」にするべき理由3選!

不倫が終わるタイミングについて解説しましたが、不倫はリスクが高いということもあって、終わらせたほうがいいという理由もあります。
一般的に、不倫は受け入れられない行為ということもあって、世間体的には悪印象です。

一時の気の迷いで不倫をしたとしても、バレてしまえば一生の汚点になる可能性もあります。

そのため、不倫は継続せずに一刻も早くやめたほうが良いのです。

具体的な理由は、下記の通りです。

全ての信用を失う可能性

慰謝料請求・養育費請求

罪悪感・不信感が付きまとう

いずれも、不倫相手・当事者にとってデメリットにしかなりません。
気の迷いで不倫をしないためにも、理由について解説します。

全ての信用を失う可能性

まず、不倫を終わりにしたほうが良い理由として挙げられるのは、「信用を失う」からです。
不倫は、法的に「違反」と定められている行為であり、離婚をする際の理由にもつながります。

それが、バレてしまうと社会的信用を一気に失ってしまうことになります。
それが社会的なものであれば良いですが、身内に知られたときは余計に大きなことになってしまいます。

人によっては「たまたま好きになった人が既婚者だった」と思う人も多いみたいですが、既婚者と恋愛関係になった時点で違法です。

感情論をぶつけたとしても、法的には違反なので、どうしようもありません。

仮に、一度不倫をしてしまえば「この人はまた繰り返すかもしれない」と思われてしまいます。
特に、身内や同級生に噂が耳に入った場合は、社会的信用はどんどん失われていきます。

相手側の家族からは絶縁されますが、場合によっては自分の家族からも絶縁されてしまうというリスクがあります。
会社が事実を知った場合は、自主退職させられてしまうケースもあります。
※前の会社の上司がそうでした。

不倫を相談しようと思っても、一般的に受け入れられないことなので、味方になってくれる人は一切いません。

この様な社会的負担を考えれば、「今すぐにでも不倫を終わりにしたい」と思う人も少なくないと思います。
唯一理解してくれるのは、不倫相手だけなので、相手に冷めた時点で関係を断ち切ることをオススメします。

慰謝料請求・養育費請求

不倫は、法的見解では違法となるので、慰謝料請求・養育費請求の理由になります。
不倫をしたことがばれると、自分のパートナーか相手のパートナーに慰謝料を請求されることもあります。

慰謝料の相場は様々ですが、和解して示談になった場合は50万円程度で済みます。
しかし、大半は和解で済むことはなく、離婚が成立して慰謝料を支払うことがほとんどです。

平均的な相場は、「200~300万円」とされています。
高額な費用ということもあって、不倫がいかにリスクが高いかがわかります。

また、あなたに子供がいる場合は、慰謝料とは別に養育費を支払うことになります。
養育費を支払う際は、自分の年収によって左右されますが、月々「6~10万円」を支払わなければなりません。

原則として、子供が20歳になるまで支払う必要があるので、かなり負担になります。

仮に、あなたが不倫をしているなら、このリスクを回避するという意味でも、不倫を終わらせることが重要です。
バレるリスクが高まっている限り、不倫を終わらせたほうが安心です。

それでも「俺は不倫がしたいんだ」という人は、鎮火し始めた時点で再度新しい相手を見つけると良いでしょう。

関係を継続させればさせるほど、バレるリスクというのも付きまとうので、その辺は注意しましょう。

罪悪感・不信感が付きまとう

不倫関係は、基本的に二番目になります。
男性も、不倫相手に真剣になることはなく、遊びで付き合ってる人が多いということも多く、家庭を優先させる人が多いです。

そのため、仮に不倫相手と恋愛関係に至ったとしても、相手を独り占めすることはできませんし、付き合うこともできません。
友達に「~理由で、~関係なんだよね」と話したとしても、”自業自得”として片付けられてしまいます。

理解者が周りにいなくなると、認めてくれる人の少なさに罪悪感と不倫間を感じてしまう人も少なくありません。

それ以外にも、不倫が仮にバレた場合の慰謝料や、家庭を崩壊させるリスクを考えると、余計に罪悪感を感じてしまう人もいるようです。

普通の恋愛とは異なり、下記のことに制限がかかります。

  • 恋人のようなデートができない
  • 連絡に制限がある
  • 決まった時間にしか会うことができない

この様な状態なら、不満が生まれるのも訳ありません。
特に、女性なら不満が生まれてしまうでしょう。

様々な不安や、負担がありますが、これは不倫を終わりに近づけない限りは解消することができない問題です。

不倫を終わりにする方法4選!

不倫は様々なリスクがありますし、終わらせたいと思う人も少なくありません。
そこで、不倫を終わりに近づけるための方法について解説します。

別れの切り出し方は様々ですが、自然に切り出すことが重要です。

具体的な方法は下記の通りです。

彼氏ができた・婚活をしているといってみる

真面目に恋愛をしたいと言う

昼間に別れ話をしてみる

友人・知り合いに同席してもらう

この方法を生かせば、不倫を終わりにすることができます。
長い不倫関係なら、相手に情が沸いてしまうので中々別れることもできないでしょう。

そのため、後腐れなく別れることをオススメします。

彼氏ができた・婚活をしているといってみる

これは、自分が独身で相手が既婚者の立場になります。
男女でも通用することですが、不倫をすることで不倫相手は「不倫をすることで将来性がない恋愛をしている」という感覚に陥ってしまいます。

その時点で、不倫相手にとっては罪悪感がありますし、「自分のせいで」と思ってしまいます。
この状態で関係を続けていたとしても、関係が破綻してしまうのは時間の問題です。

そのため、不倫を終わりにしたいなら「彼氏ができた」「婚活を始めた」と相手に伝えてみると良いでしょう。
打ち明けられた立場からすると、複雑な気持ちになりますが、当然のことです。

それを止めることはできませんし、相手の将来を考えた時に「身を引かなければならない」と思ってしまいます。

この事実を告げることで、関係が破綻してしまうということは前提に考えましょう。
不倫相手からすれば「前向きに将来を考えている」と思われますし、自分も将来のことを考えているなら当然のことです。

そのため、相手に納得してもらうという意味でも、自分の将来の話をするのはかなり効果的な方法です。

真面目に恋愛をしたいと言う

不倫関係が成立するのには様々な原因がありますが、相手にとって「都合のいい関係」であることが原因になります。
不倫相手というのは、あくまでも補佐的な立場になります。

「会いたいときにすぐ会える」「家庭には干渉してこない」「良き相談相手」という、不倫をする側からすればかなり都合のいい相手です。

それでいて、恋人のような刺激を与えることができるものの、無駄にべたべたすることもありません。
そういう不倫相手のことを「いい子」という立ち位置でしか、パートナーは思っていません。

そこから、本気の恋愛に発展しないのは、相手が「本気で恋愛に発展することはない」と思っているからです。

そのため、不倫関係を終わらせたいなら、思い切って「真面目に恋愛をしたい」というのも重要です。

そうすると、相手も一度考えを改めなおしてくれるかもしれません。
※大半は家庭を優先します。

しかし、不倫関係を終わらせるためにはかなり効果的な行為なので、非常にオススメです。
相手が「今日会おうよ」といってきたら、「ごめん今日は無理」と断ってみたりしても良いです。

「普段はOKしてくれるのにどうしたんだろう」と思うでしょう。

この期間が続くと、愛想をつかされてしまい、相手も別の女性を求めるようになります。
「これ以上関係を続けることはないから」と相手に思われた時点で、関係は終了してしまいます。

それに、あなたも新しい恋愛を始めることができれば、後腐れなく不倫相手と別れることができますし、未練を感じることなく次の恋愛へとステップを進められます。

不倫を続けていても、将来性がないとわかっているなら、最初から付き合わないようにしましょう。

昼間に別れ話をしてみる

これは、不倫相手でもパートナーでも両方に共通することですが、相手と関係を切って不倫を終わりにしたいと思っているなら、昼間に別れ話をしましょう。

夜に別れ話を居た場合は、精神的に負担になることがあるからです。
一般的に、「夜は長い」といわれているように、夜に別れ話をしてしまうと、その分考えることも多くなります。

仮に、直接会って「今日は別れ話をするぞ」と意気込んだとしても、うまく丸め込まれてしまう可能性があります。

夜は、お酒を飲む雰囲気でもありますし、お酒を飲まされてしまえばその流れで「関係を続けようよ」といわれることも少なくありません。

もちろん、お酒を飲んでいたら正常な判断ができなくなっているということもあって、丸め込まれてそのままずるずる継続してしまいます。

しかし、不倫関係を終わりにしたいと思っている以上、それは本望ではないと思うので、別れを切り出すようにしましょう。

昼間なら、人気もありますし周りの目があることを考えると、目立った行動はできません。
そこで、別れ話を切り出せば、その場では「わかった」といってくれることも多いです。

しかし、場合によっては引き留める人も多いので、相手の熱意に負けないように「この人と離れたい」という気持ちを伝えることが重要です。

昼間なら正常な判断もできると思うので、相手に言い寄られたとしても、問題ありません。

友人・知り合いに同席してもらう

どうしても、不倫関係を断ち切りたいと思っているなら、友人や知り合いにその場に同席してもらうのも良いでしょう。

正直、これは最終手段といっても良いです。

不倫関係というのは、お互いにメリットもありますが、デメリットのほうが多い関係です。
別れ話をしたとしても、明確な理由がない限りは相手から諭されてずるずると関係を継続してしまうということもよくあります。

そうならないためにも、はっきり相手に自分の気持ちを伝えるという環境が必要になってきます。

個人で言ってもダメな場合は、状況をしっかり理解してくれて、不倫に理解がある友達や知り合いに頼んで、別れ話に同席してもらうのも手段の一つです。

友達がいれば、相手もそこまで強く言えなくなりますし、「味方がいる」と考えれば、別れ話も切り出しやすくなります。

それに、証人がいる時点で、不倫の再発を防止することも可能です。
(友人に立ち会ってもらえば繰り返すこともないでしょう。)

特に女性は、男性から言いくるめられてしまう可能性が高いので、一人では心細いと思ったら、友人や同僚を証人にすると良いでしょう。

まとめ

不倫を終わりにする方法について解説しました。

不倫をすれば、いつかは「相手が振り向いてくれるかもしれない」と思って本気になることもあります。

しかし、実際相手が本気になることはありませんし、恋愛に本気になったとしても慰謝料などの兼ね合いもあり結局家庭を優先します。

そのため、不倫をしたとしても後腐れなく終わりが来るということまずありません。

相手のことを把握して、「この人といても将来がない」と思った場合は、即座に関係を終わりにすることをオススメします。

仮に、「この人と一緒にいたら人生も変わるかもしれない」と思うなら、不倫相手にかけてみても良いでしょう。

しかし、大半は自分の人生を優先したときに、負担になることがほとんどなので、離れたいと思うようになります。

不倫をするのは自由ですが、自分の状況を考えると、「あの時不倫をしなければよかった」と後悔することがほとんどです。

そうならないためにも、最初から不倫をしないことが重要です。

仮に、不倫関係に陥った場合は、一刻も早く終わりに近づける方法を考えましょう。
状況を考えればわかりますが、優先して考えることは自分の幸せです。




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事