ブログ

不倫相手と長続きさせるには?関係を継続させる方法を解説!

「不倫相手と長続きしたい!」
「不倫相手と関係を継続させるにはどうしたらいい?」

仮にあなたが不倫をしているなら、「この相手と長続きしたらいいのに」と思う人も多いでしょう。

  • 毎日会いたい
  • 週1でもいいから会いたい

会いたい願望は様々であり、相手と会う頻度というのは関係性を長続きさせるためには非常に重要です。

しかし、不倫をするということは一方に家庭があるということ。
家庭にバレた時点で不倫関係は破綻。

かなりデリケートな関係ということもあり、普通の恋愛とは大きく異なります。
そこで、今回は不倫相手と長続きする方法について解説します。

この記事を読むとわかること

関係の継続に会う時間・頻度は関係ない

お互い負担にならない関係が重要

会う頻度は月に1~3回が理想

不倫相手と会う頻度は?

不倫を長続きさせたいと思っているなら、不倫相手と会う頻度を決めなければなりません。
定期的に会うことで、関係性を長続きさせることができるので、しっかり決めておきたいものです。

ペースで言うと、月に1回という頻度がちょうどいいです。
10日に1回という頻度でも問題ありません。

週に1回やそれ以上会ってしまうと、パートナーに怪しまれてしまうことになります。

不倫相手も把握しており、「会いたい」と思っていても会えないのが現状です。
週に1回会わない状況でも関係が続くというのは、お互い割り切って付き合っていることがよくわかります。

実際、不倫をする際はお互いの一方に家族がいます。
そして、仕事やプライベートなどを考えると、家庭環境が崩壊していない限り、頻繁に会うのは厳しいといえるでしょう。

もちろん、不倫相手と会うことを優先に考えていれば、会う頻度も高くなります。
しかし、不倫に対してそこまで本気にならないように、調整しながら会っている人も多いです。

それに、会う頻度が高い=不倫がバレやすくなるとなるので、バレるリスクというのは最小限にしておきたいものです。

そのため、不倫関係を長続きさせたいと持っているなら、このリスクを考えつつバランスを整えることが重要です。

・関連ページ >>不倫をする際はルール決めが重要!バレないようにするルールの作り方!

 

不倫相手と会う時間帯を調節しよう!

次に、会う時間帯に関してです。
単に「不倫相手に会う」といっても、時間を調整しなければ会うことはできません。

いかにバレないように会うかが重要になってきますが、平日の昼間に会うのが一番ですね。
それか、仕事終わりの夕方に会うのが理由もつけやすいです。

まず、平日の昼間に関してですが、パートナーには「仕事に行ってくる」といって出かけると良いでしょう。
しかし、実は有休をとっており不倫相手と会うわけです。

そして、いつも帰宅する時間帯にスーツを着て帰宅すると良いです。

ここで重要なのは、女性の匂いを感じさせないことです。
香水やラブホの匂いというのは、移りやすいのでコインロッカーなどに預けておくと良いでしょう。
※出勤の際に着替えを持っていきましょう

次に、夕方です。

仕事終わりの夕方というのは、「飲み会・残業」といった理由で不倫相手と会うことが可能です。

特に、「飲み会」を理由にすれば、居酒屋に行っても良いですし、行動範囲が広がります。
飲み会ではなくても、「同僚と飲みに行くことになった」という理由付けをすることができます。

主にこれらの時間帯で行動すると良いでしょう。

「夜のほうが出会いやすいんじゃないの?」

既婚者の場合、夜は基本的に家族と過ごす時間です。
そこで、不倫相手と会うとなるとかなり厳しい部分があります。

しかし、平日の午前中や昼間は仕事をしている時間帯なので、言い逃れがしやすいです。
相手次第ですが、条件的にも都合が非常に良いといえます。

そのため、不倫相手に会いたいと思ったら日中を狙って会うようにしましょう。

不倫をすると、普通の恋愛のように「会いたいときに会える」という関係ではありません。
相手のことを尊重しながら会うことになるので、お互いの生活サイクルを把握していないと関係は長続きしません。

・関連ページ >>不倫デートをする際におすすめのスポットを紹介します!

 

不倫相手と過ごせる時間は限られる

不倫相手と会える時間帯を把握したところで、不倫相手と過ごす時間について解説します。

会ったからには、長時間時間を過ごしたいと思う人も多いと思います。
しかし、長ければ長いほどバレるリスクを高めてしまいます。

不倫相手と会う上で一番良いのは、3~5時間程度でしょう。
長時間一緒にいるというのは理由づけもしっかりする必要がありますし、仕事終わりなどは特に難しいです。

それに、1~2時間程度でも会いたいという人が多く、セックスなどはなしにして「少しだけ食事に行く」という人もいます。

不倫は肉体関係を伴うことが主流で、3~5時間程度が最もバレにくく良い時間帯といえます。
セックスだけをするためにホテルに入出したとしても、楽しめて3時間程度でしょう。
食事などを含めると、5時間程度でよい時間になります。

不倫相手と関係を長続きさせたいなら、限られた時間を有効活用しなければなりません。
「短時間でいかに不倫関係を楽しむか」が重要になってきます。

それに、平日の昼間に会うとして仕事を理由に出て行った場合でも、長時間いる必要はありません。
3時間程度で切り上げて家に帰ってみると良いでしょう。

「営業が早く終わったから帰ってきた」と自然な流れで帰宅することができます。
アリバイ工作もできますし、長時間よりも短時間のほうがバレずに済みます。

ラブホで一緒に過ごす時間

仮に、不倫が原因で離婚調停を開くことになった場合は、不倫を証明するような物的証拠が必要になります。
一般的には「不貞行為」をしているかどうかがカギになります。

そこで、決定的な証拠になるのが「不倫相手とラブホテルで過ごした時間」です。

仮に探偵を雇われて、入出した時間から退出する時間を計測されていて、長時間ラブホに居座っていると「不貞行為をした」という認識になってしまいます。

例えば、3時間程度ラブホテルで時間を過ごした場合は、「不貞行為をしたもの」と思われ、不倫を認められてしまいます。

3時間もあれば、肉体関係を結んだかもしれないという推定が軽くつきます。

特にラブホの場合は、足が付きやすいですし言い逃れができなくなります。

しかし、ビジネスホテルの場合は異なります。
不倫相手と1時間会ったとして、退出したところを見られたとしても、不倫と立証されることは少ないです。

ビジネスホテルは、ラウンジやロビー等で打ち合わせに使うこともありますし、不貞行為と認めにくいからです。

そのため、不倫が立証されるのは

  • 不倫相手といかに長時間ラブホで過ごしたかどうか

がカギになってきます。

関係性を長続きさせたいなら、ラブホは避けてビジネスホテルを予約しましょう。
時間帯をずらして、男女別々にチェックインすればトラブルになることもありません。

不倫相手と長続きさせる7つのコツ

不倫相手と長続きさせるためには、時間帯が限られてしまいます。
会う時間も限られますし、かなり限定されてしまいます。

関係を長続きさせたいと思ったときは、頻度を増やしたり長時間一緒にいたりするだけではダメです。

お互いのことを尊重しつつ、短い時間でも楽しめるような関係を構築することが重要。

不倫相手と長続きさせるコツは、下記の通り。

お互いの家庭を大事にする

過度な期待はしない

束縛はしない

短い時間でも思いっきり楽しむ

相手にとっての理想になる

ワガママは禁物

目立った行動はしない

会えない中でも、お互いが信頼すれば関係も長続きしやすいです。

お互いの家庭を大事にする

まず、不倫関係を長続きさせたいなら、家庭のことを大事にしましょう。
お互いが家庭を持っているW不倫でも、一方が家庭を持っている不倫でも、同様です。

既婚者は、どうしても不倫をする際は家庭を優先させなければなりません。
不倫相手を優先させることはできませんし、リスクを考えた時は確実に二番目になってしまいます。

不倫相手に会いたいと思っていても、家庭のことを考えると会えないというのはよくあります。
会いたい気持ちだけを先行させていては、長続きさせることは不可能なので、注意しましょう。

あくまでも「相手は家庭がある」ということを把握すべきです。

家庭との関係が破綻している人なら、多少は会う頻度を高めてくれると思いますが、それでも家庭を優先させます。

急に予定が入って、会えなくなることもあり理不尽に感じることもありますが、そこを責めないようにしましょう。

そのため、不倫関係を長続きさせたいならあくまでも過程を最優先させましょう。
バレないようにするためには、「自分は二番目である」ということを認知しましょう。

過度な期待を寄せないことで、既婚者側の立場の人も「ちゃんと理解してくれている」と思って、心の余裕ができます。

安心感を与えさせれば、不倫関係も長続きしやすいのです。

過度な期待はしない

不倫相手と接するときは、過度に期待をしないようにしましょう。
「もしも別れてくれたら」「もっと早く出会っていれば」等と後悔の念を抱くことも多いですが、それが叶うことはありません。

この様な気持ちを抱くのは、不倫をしている人なら当たり前です。

しかし、関係性はあくまでも「不倫関係」です。
普通の恋愛とはわけが違いますし、自分にかかるリスクを考えてから接する必要があります。

誰にもバレないようにする必要がありますし、時間もかなり限られているので、会う時間も少なくなります。

その中で、相手に期待してしまうとそれが負担になってしまうこともあります。
過度な期待をしてしまうと、それが原因で不倫関係を壊してしまうこともよくあります。

不倫関係を長続きさせたいと思ったときは、相手に求めることは控えましょう。

求めてしまうと負担になるので、自分が与える側の立場になると気も楽になります。

限られた時間を充実させることが重要であり、家庭のことを優先させて「あくまでも自分は二番目」という立場をアピールしましょう。

将来的に期待するのではなく、不倫をしている瞬間を楽しむのが、関係を長続きさせるためのコツです。

束縛はしない

不倫相手と長続きさせたいと思っているなら、相手を束縛しないようにしましょう。

束縛をしてしまうと、それがストレスになってしまい、関係が悪化してしまうことがあります。

確かに、不倫関係は一種の恋愛関係であり、束縛したくなるのもわかります。
しかし、純粋な恋愛関係とは異なりますし、一方に家庭があることが前提条件なので、束縛するのはどうかと思います。

不倫の原因は大半が不満です

家庭に不満を持っている時点で、家庭に束縛されているといっても良いでしょう。

それで、さらに追い打ちをかけるように不倫相手から束縛をされてしまうと、精神的負担も大きくなります。

「家庭からも追い込まれてる」「不倫相手にも追い込まれてる」となると、その関係から抜け出したくなるのが当然です。

もちろん、家庭と不倫相手を天秤にかけた時は、重要性が高い家庭のほうが優先されるので関係は終了してしまいます。

不倫関係は、お互いが自由で何も考えないからこそ関係が成り立つものだとお思います。
不倫相手と会うときくらいは、お互いが何も考えずに、ストレスから解放されたいと思っているはずです。

そこで束縛をするのではなく、相手を包み込む側に回ることで、関係性を長続きさせることができます。

束縛はあくまでも、個人的にすることですし、相手に負担をかけるということを認知しましょう。

短い時間でも思いっきり楽しむ

不倫相手と会うには、限られた時間の中で会わなければなりません。
そのため、限られた短い時間の中でも、関係性を楽しむことが重要です。

「いかに楽しく過ごすか」が重要であり、関係性を充実させることを考えれば、関係は長続きします。

時間帯や会える時間が制限されているので、ダラダラしてしまうと時間は足りなくなるでしょう。
関係性がマンネリ化してしまいますし、継続させたいと思っても、冷められてしまいます。

そうならないためにも、一回一回のデートやセックスを貴重なものだと思って、楽しむことが重要です。

不倫相手は、あくまでも「癒し」を求めています。
相手が既婚者なら尚更、家庭に不満を抱えて不倫に至るということは少なくありません。

そこで、マンネリ化した新鮮味のない不倫デートをしているなら、負担をかけてしまうだけです。
そうならないためにも、相手のことを理解してお互いの時間を大事にするように心がけましょう。

相手にとっての理想になる

不倫関係を長続きさせたいなら、相手にとって魅力的な異性でいることに心掛けましょう。
バレないようにいくら努力したとしても、魅力がなければ家庭のほうがいいと思って、切られてしまうことも多いです。

それに、不倫はしなくても日常生活に支障をきたすことはありません。
お互いにとって、メリットがない限りはすぐに関係が終わってしまいます。

  • 自分にとって魅力的な相手
  • 癒してくれる存在
  • 気軽に不倫を楽しめる存在

この様なメリットがなくなったら、関係を続ける意味がなくなります。

この中で、特にメリットを与えられやすいのは、相手にとって魅力的な異性になることです。
不倫相手がどういう異性が好みなのか把握して、それに近づくと良いでしょう。

「優しくて見た目はギャルっぽい人がいいな~」と言ったなら、それに近づくように努力しましょう。
相手の好みに近づけば、「俺通りの女になってくれた」と思い、男性も魅力を感じて離れなくなるでしょう。

見た目で相手の好みになったら、お互い認め合うような理解りあえる存在になりましょう。
見た目でも性格でも相手の好みになった時点で、飽きられることはないので、不倫関係も長続きするでしょう。

ワガママは禁物

不倫相手からすると「面倒な女」というのは、早い段階で関係を切りたくなるタイプです。

不倫関係は常にリスクがありますし、リスクと隣あわせで関係を継続させているということになるので、面倒ごとになると関係を切りたくなるのも当然です。

それに、男性は不倫を割り切っており本気でしている人は少ないです。
そのため、自分にとってデメリットになる人や面倒な人は別れたいと思うのも分けありません。

家庭が一番であり、不倫相手は二番目という位置づけになります。

そこで「今日会いたい」「会ってくれないともう会わない」等わがままなことを言っていると、本当に関係を切られてしまいます。

不倫相手は、手ごろに会えてわがままを言わないような適度な関係を保てる女性のほうが良いのです。
そのほうが、不倫を継続させることができますし、関係も長続きします。

関係を長続きさせたいなら、相手にとって常にメリットがあるような立場でいることが重要です。

目立った行動はしない

お互いが、将来性を考えていたとして、別れて結婚をしたいと思っていたとしても、不倫関係がその前にバレるのは非常にリスクがあります。

不倫関係がばれた時点で、慰謝料請求などの問題が降りかかってくるからです。

仮に、結婚を考えているなら、バレないように不倫をして穏便に別れることが重要です。
そのため、不倫関係を長続きさせたいのであれば、目立った行動はとらないようにしましょう。

人目に付きやすいようなデートをしてしまうと、いつバレてしまうかわかりません。
「大型ショッピングモール、映画館、外食」等バレるシーンは様々です。

バレないようにするためには、下記のデートスポットを参考にしましょう。

・関連ページ>>>不倫デートをする際におすすめのスポットを紹介します!

 

地元から離れた場所なら、バレることもありませんし、おすすめのデートスポットとして紹介できます。

しかし、不倫関係は頻繁に出かけられるようなものではないので、基本は相手の家かホテルデートが主流になってきます。
関係が長続きさせるためには、お互いにとってメリットがあってバレないような場所をチョイスすることが重要です。

人目に付くような場所に行きたいのもわかりますが、リスキーな行動に変わりはありません。

自分の欲を優先させるか、関係を長続きさせるかは個人の裁量次第です。
一瞬の気の迷いが、不倫をバレさせることにもつながるので、目立った行動をしないほうが吉です。

まとめ

不倫相手と会う際は、月に1回~3回程度が良いです。
頻繁に会ってしまうと、不倫がバレる可能性も高まるので注意しておきたいものです。

しかし、会う時間や回数というのは関係を長続きさせることにはあまり関係はありません。

重要なのは、「相手と何をしたか、どういう時間を過ごしたか」になります。
不倫相手とデートをする際は、計画も重要になってきます。

大前提として、パートナーにバレないように行動するのも重要ですし、不倫関係を長続きさせるという意味でも距離感を保ちましょう。

いい温度差で接さないと、片方が本気になってしまい、そこから負の連鎖につながることも少なくありません。
不倫に本気になるのもわかりますが、本気にならないようにいい距離感で楽しむことが重要です。

不倫にハマってしまうと、それに振り回されてしまい、精神面で負担になることも考えられます。

そうならないためにも、お互いフラットな関係でいることを意識しましょう。
束縛することなく、わがままを言わずに自由にさせておくことが重要です。

不倫関係を長続きさせたいなら、相手に求めることは控え、自由にさせておくのがポイントです。

・関連ページ >>不倫を終わりにしたい時にするべき事は?【終わりにする方法・理由を徹底解説】

 




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事