ブログ

不倫の始まりは何から?場所・きっかけ・対策を徹底解説!

「不倫の始まりは何から?」
「不倫が始まりやすいシチュエーションを知りたい!」

日本では、既婚者の人口の2割が不倫をしているという結果があります。
そのため、既婚者の5人に1人は不倫をしているということになります。

一般的には「どうやったら不倫をするんだろう」と思う人がほとんどであり、きっかけすら分からない人がほとんどです。

そこで今回は、不倫をするきっかけと始まりについて解説し、不倫に対する基礎知識を解説していきます。

「不倫をされたくない!」
「不倫を予防したい!」

と思っている人は必見です。

この記事を読むとわかること

不倫の始まりは不満が大半

現代ではSNS不倫が流行している

職場・同窓会も不倫に発展しやすい

不倫の始まりになる場所7選!

不倫の始まりは人によって様々ですが、相手のことを許せるような環境があれば不倫に至ってしまうようです。
仮に、それが職場であっても、普段生活しているような環境であっても様々です。

常に生活している中に、不倫をする環境は備わっているので、油断することはできません。

そこで、不倫の始まりになる可能性がある場所について解説します。

職場・パート先

飲み会(会社・友達)

同窓会

元カレ・元カノ

地元の友達・友達の紹介

SNS(Twitter、Facebook)

地元・近所の知り合い

主に考えられるスポットになります。

これらのスポットでは、結構不倫に発展しやすいので、不倫をされたくない人からすると要チェックです。

職場・パート先

不倫関係に最も陥りやすいのは、職場とパートになります。

不倫する割合についての統計では、不倫をする人の20%が職場でしているという結果になりました。

・関連ページ>>>日本の不倫率は高い?不倫の割合を数値を元に徹底解説!

これは、社会人として働いている人でもパートとして働いている人でも共通することです。
社会人やパートの実働は、8時間です。

一日の3分の1は仕事をしているということになるので、生活のほとんどは仕事をしているということになります。

共働きの場合は、家族といる時間よりも仕事をしている時間のほうが長いという人も少なくありません。
また、仕事では仲間意識も芽生えますし、協力することで相手のことを信頼するようにもなります。

家族としては、別の信頼関係を結んでいますが、仕事ではさらに別の信頼関係を構築しています。

そういう状況で働いていると、それが刺激になり「恋愛感情」が芽生えてしまうのも、よくあることです。

特に、職場で不倫をしている人は、下記の理由ですることになります。

  • 職場だから家庭にはバレない
  • 誰にも見られることはない
  • 隠し通せば問題ない

職場なので、バレてしまえば社会的信用を失ってしまうことにつながります。
しかし、それを顧みずに不倫関係に陥る人は少なくありません。

家庭でも不満があり、仕事でも不満があれば、職場にいる異性に癒しを求めて不倫関係に至るようです。
特に、職場では仕事に対して理解してくれる人が多いので、相談に乗ってくれた時点で相手を信頼してしまうことも多いです。

・関連ページ >>職場は不倫の宝庫!?不倫に至る経緯・きっかけや不倫する人の特徴を解説!

 

飲み会(会社・友達)

社会人になれば、学生の頃に比べると飲み会が増えます。
これは、会社の飲み会でもそうですが、友人と飲み会もあります。

不倫に発展しやすいのは、圧倒的に職場の飲み会です。
仕事の「決起会」や「送別会」等様々な理由で、飲み会を開くことがあります。

基本的には、仕事のチームの面々が参加しますが、中には合同グループの社員が参加するような大々的な飲み会もあるようです。

そこでは、普段知り合うことがないような人と知り合えて、仲良くなればそこから発展するということも少なくありません。

そこで、羽目を外してしまい思わず飲みすぎてしまうということもあります。

その状態で、異性から誘われてしまうと、不倫に発展するということも考えられます。
お酒の力は怖いですし、自分の意識に反して行動をすることがあるので、不貞行為をすることも大いに考えられます。
※前の職場で上司が不倫をしたことがあります。

仮に、お酒がなかったとしても、普段とは違う距離感で話すということが、中を深めるきっかけになります。
仕事中は関わらなくても、お酒の席だけ仲がいいというのはよくある話です。

相手のことを「異性」として意識し始めた時点で、不倫関係に至るケースが高くなるので注意しましょう。

同窓会

同窓会は、学生のころの友人と久々に会うということもあって、不倫関係に至る人が多いようです。

同窓会でありがちなのは、「お互いの家庭の不満」に関してです。

十年ぶりに会う友達に、家庭の不満を聞いてもらい理解してくれる人がいれば、信頼して不倫関係に至ることも珍しくないようです。

詳しくは、下記のページで解説しています。

・関連ページ >>同窓会は不倫のきっかけになりやすい!理由・リスクや防ぐ方法を解説!

 

元カレ・元カノ

元カレ・元カノに関しては、一度付き合っていたという事実がありますし、後腐れなく別れた限りは、再開したら仲良く話せることが多いです。

仲いいグループで遊んだり、同窓会で再開したりすると、その流れから「実はまだ好きなんだよね」といわれてしまい、ときめいてしまう人も少なくありません。

場合によっては、肉体関係を結んでいる仲ということもあって、お互いのことをよく知っているのであれば尚更です。

それに、付き合っていた当時は、お互い好きという感情があって付き合っていたということになるので、信頼関係を築くにも時間がかかりません。

付き合うことに抵抗はありませんし、最終的な判断は「不倫に理解があるかどうか」です。

相手が、理解がある人なら、そのまま不倫関係に発展することもよくああります。

・関連ページ >>【徹底解説】不倫する男性の心理とは?行動心理に戻づいて解説します!

 

地元の友達・友達の紹介

学生時代から、社会人時代にかけて様々な交友関係があると思います。
その関係から、紹介してもらって不倫関係に至ることも多いようです。

友達の紹介となると、地元ではない限りは、パートナーも知らない可能性が高いので、不倫相手には最適です。

よくあるパターンが、飲み会に行く際に「知り合い連れてくるかもしれないけど大丈夫?」というパターンです。
言われてしまえば、断ることもできずに、そのまま応じてしまうこともオオでしょう。

連れてきた友達が異性の友達なら、そのまま仲良くなってから発展するというケースもよくあります。
そして、連絡先を交換して、話が合えばそのまま不倫関係に至るというものです。

パートナーよりも条件がよければ、一時的に惹かれ合うということも多く、一度「一緒にいて楽しい」という感情を持った以上、後戻りできなくなってしまう人も多いようです。

SNS(Twitter、Facebook)

近年では、「ネット社会」といわれるほどにインターネットが発達し、TwitterやFacebookを利用している人も多いでしょう。
若年層を中心に利用していますが、熟年層も利用している人が多く、特にスマホが普及し始めてから、SNSの利用者は増えたとされています。

そのSNSが不倫のきっかけになることもあり、SNSが始まりとして不倫に至ったというケースも少なくありません。
知らない人と知り合えるというのもそうですが、本名で検索すればその人が表示されるということもあります。

そのため、昔気になっていた同級生などを探せばヒットすることもあります。
友達関係になれば、1対1でメッセージをすることができるので、やり取りしていく中で仲良くなって不倫関係に発展するということもあるようです。

SNSを使えば、同窓会で知り合うよりもバレることなく不倫をすることができます。
仲良くなるにつれて、深い話をすることができますし、ネットなら履歴も削除できます。

様々なことを考慮すると、SNSは不倫をする人にとって最高のツールです。

知り合いに限らず、一切会ったことがない人とも仲良くなれるのがSNSのメリットであり、ネットで知り合った人と不倫関係に至るというのはよくある話です。

地元・近所の知り合い

これはリスクが高く、あまりない話ですが、近所の人と不倫関係に至ることもあるようです。

地元や近所となると、コミュニティも狭く仲良くなりやすいというメリットがあります。

そこから発展することができれば、そのまま会話が弾んで一緒に出掛ける仲になることもあるようです。

基本的には、同性と仲良くなることが多いですが、状況次第では異性と仲良くなることもあるようです。
例:友達の友達、親戚の知り合い等

最初は仲いい友達として接していても、距離感も縮まり仲良くなっていくと好意を抱くというケースも少なくありません。
家が近所であれば、会うのも苦労しませんし、程よい関係性を築くことができます。

しかし、コミュニティが狭すぎるというデメリットがあるので、周りにばれると噂が広まりやすいというデメリットがあります。

・関連ページ >>不倫をする際はルール決めが重要!バレないようにするルールの作り方!

 

不倫が始まりやすいきっかけ

不倫相手に出会う場所は様々です。
しかし、場所に限らず始まりやすいきっかけがあります。

普通は、パートナーがいる時点で不倫をすることはありませんが、感情次第では不倫をする人も多いようです。

そこで、不倫が特に始まりやすいきっかけについて解説します。

家庭環境にストレスを抱えている

性欲が溜まっている

日常生活に刺激がない

家庭に寂しさを感じる

家庭環境から抜け出したい

同僚・上司と仕事を遅くまでした

相談・愚痴・悩みを聞いてもらった

SNSからそのまま発展した

これらのきっかけがあり、ほとんどが不満を理由に不倫が始まるようにです。

家庭環境にストレスを抱えている

普段生活している中で、ストレスを感じることがあると思います。
これは、職場の上司からのストレスもありますが、家庭で喧嘩したりもするでしょう。

仮に、家庭でそのストレスを解消することができるなら問題ありませんが、環境ができていない場合は家族に話すことはできません。
それに、家庭のストレスの場合は余計に相談できませんし、そこからストレスが溜まることも大いにあります。

この不満を打ち明けられるような相手を探した結果、不倫相手になってしまうのです。

  • 職場の人
  • 友達・知人

主に考えられる人です。
職場の人なら、休憩時間などにふらっと話をすることができますし、特に時間も作ることなく良き相談相手を作れます。

同じ仕事をしているという時点で距離感も近く、話しやすくなり精神的な負担も少なくなります。
抱えている不満を打ち明けることができれば、それがストレス解消になります。

「相談相手」という位置づけなら問題ありませんが、錯覚して「もしかしたら好きかもしれない」という感情が芽生え始めたら、不倫が促進する可能性も考えられます。

心を開けば開くほど不倫に至るケースが多いので、その辺は注意したいところです。

性欲が溜まっている

パートナーがいれば、セックスをすることはあります。
もちろん欲情することもありますし、発展することは珍しくありません。

しかし、相手の性欲がそもそも強くなかったり、頻繁に行為をしなくなった場合は欲求不満になってしまうこともあります。

性欲というのは、最も不倫を発展させてしまいます。

特に、セックスレスになってしまった場合は、要注意です。

セックスレスになる理由は様々ですが、”性欲がなくなったから”というのは、ほとんどありません。

  • パートナーに欲情しなくなった
  • 若い女性にしか興味がなくなった

この様な理由でセックスレスになる人も多く、パートナー以外に求めてしまうケースも多いようです。

確かに、普段の生活の中で、疲れなどが溜まっている場合は、セックスをすることさえも疎かになってしまいます。
しかし、毎日忙しいというわけではありませんし、誘われるときもあると思います。

そこで、断ってしまうとそれが原因で不倫に至ることもあります。

性欲は不倫に大きくかかわっているので、始まりになる可能性もあるということです。

・関連ページ >>人妻とセックスする方法を解説!セックスレスだからヤリやすい?

 

日常生活に刺激がない

新婚夫婦や、付き合い立てのカップルは、「毎日会いたい!」という気持ちがあるので、何をするにしてもドキドキしていたと思います。
しかし、結婚生活に慣れたり、一緒にいることが当たり前になってくると、ドキドキも少なくなります。

ドキドキがなくなってしまうと、刺激がなくなるということなので不倫に至る原因になってしまいます。
環境に慣れてしまえば、ドキドキしなくなるのは仕方ありません。

  • 普段の生活に一切刺激がない
  • パートナーといても刺激を感じることがないからつまらない

この様な感覚に陥ってしまうのも、仕方ないことです。

そこで、新しい人に手を出してドキドキや刺激を求めるようになるわけです。
それに、不倫はリスクもあるので、違う意味でのドキドキもあります。
(バレるかバレないかのドキドキ)

個人的な印象ですが、不倫をする人は「バレるかどうかわからない」というスリルを楽しんでいることが多いです。

普通に、「刺激が足りないから」という理由で不倫をしている場合は、飽きた段階でやめると思います。
しかし、スリルを楽しんでいる人は、不倫をすることが快感になっているので、やめさせることは難しいです。

刺激を求めて不倫を始めた場合は、取り返しがつかなくなる可能性もあるということです。

家庭に寂しさを感じる

これは、子供がいる家庭にありがちですが、子供ばかり構っていると寂しさを感じてしまう人も多いようです。
「自分には構ってくれないんだ」と思い、そのまま不倫の始まりになることもあるようです。

特に、急に子供ができた場合は「今まで構ってくれたのに」というものが先行します。
その埋め合わせをするという意味で、不倫に至るケースも少なくありません。

不倫相手なら、都合のいい時に構ってくれますし、自分にとってメリットがある人になるわけです。

この場合、寂しさから不倫に発展しているということもあり、ある程度優しくしたら不倫をやめてくれることもあります。
本気ですることは少なく、家庭のほうを大事にしてくれているので、案外簡単に抜け出してきます。

そもそも、家庭の寂しさから不倫に発展するのは、幼少期が大きく関係しています。

昔からの癖で、周りから構ってもらえる環境で育ったからこそ、いきなり構ってもらえなくなったときに焦りを感じてしまうのです。

子供がきっかけで、「男女」の関係から、「家族」の関係になるという人もいます。

男性は構ってほしくても、妻からは「男」としてではなく「父親」として見られてしまうので、付き合いだした時と比べると冷めた対応をさせられるということも多いようです。

そのため、不倫に至ってほしくない場合は、少しは二人の時間を作ってあげることが重要です。

家庭環境から抜け出したい

家庭環境が悪くなってしまうと、その家庭から抜け出したくなる人も多いようです。
特に、相手の家に住ませてもらう形で、親と同居するようになると肩身が狭くなり自分の居場所がないと思う人も多いようです。

そこで、唯一の逃げ場を作るために、不倫相手に求めるということも少なくありません。

不倫相手次第ですが、相手が独身の場合は相手の家に一時的に逃げ込むことも可能。
それ以外に、ラブホやビジネスホテルで過ごすことも可能です。

家庭環境から逃げ出したいと思っている人は、家庭にいる時間を少なくしたいという人です。
そこに不倫相手がいれば、不倫相手と時間を過ごすことができて、家庭にいる時間を減らすことも可能です。

最終的には、不倫にハマってしまい家庭のことは一切考えないようになります。
不倫相手を優先するようになってしまい、家庭を崩壊させてしまうような人もいるようです。

同僚・上司と遅くまで仕事した

仕事というのは、どのような立場であれ絶対に残業をすることになります。
繁忙期に差し掛かってしまうと、コンプラギリギリの時間まで仕事をするということも少なくありません。

それに、繁忙期となると自分以外にも仕事をしている人は多く存在します。

中には、異性と残業することもあり、二人っきりで仕事をすると仕事メインですが世間話をしたりします。
同じチームなら尚更、仲良くなっていきます。

残業が終わり、繁忙期も終わると、「お疲れ会」「決起会」という形で、個人的に飲みに行くことも少なくありません。

一日8時間仕事をするわけですが、それに残業がプラスされると、12~15時間は仕事することもあります。

一日の半分以上は、仕事仲間と過ごしていることになるので、家族よりも時間は増えます。
過ごす時間が長いと、心映りしてしまうのも訳ありません。

また、仕事をしている姿というのは、働いている当事者しか見ることができません。
そうなると、「家族よりも自分のことを見てくれている」と錯覚してしまい、好意が生まれることもあります。

・関連ページ >>【法的見解あり】キスは不倫になる?どこからが不倫なのか徹底解説します!

 

相談・愚痴・悩みを聞いてもらった

「相談・愚痴・悩み」というのは、誰でも抱えるものです。
しかし、それを話せる相手というのは限られます。

もちろん、信頼している人にしか話せませんし、自分の弱い部分を見せるということに抵抗を感じる人も多いようです。
特に家庭では「強い夫、父親」という威厳を保ちたいという人も多く、弱い部分は隠したいという人も少なくありません。

誰にも打ち明けることなく抱えていると、解決することもありませんし、精神的に追い込まれていきます。
そこで、「信用できる同僚」「信用できる友達」が現れた時は、迷わず話すと思います。

悩みを打ち明けることで、すっきりする人も多いです。

また、相談に乗ってくれる人が異性の場合は、「パートナーといるよりもこの人のほうが楽」という感情が生まれてしまいます。

そのため、不倫に発展することも多く、自分にとってメリットがある人を選んでしまうわけです。

これには、プライドの問題が大きくかかわっており、家族に打ち明けることができないのが一番の原因です。
好きな人の前てカッコつけたくなる気持ちもわかりますが、たまには弱い部分を見せることも重要です。

SNSからそのまま発展した

SNSは不倫をするためのスポットになるという話はしましたが、ネットのほうが知り合いやすく、趣味を理解してくれる人も多いです。

家庭に居場所がない分、ネットの世界に引きこもるという人も少なくありません。
趣味が合えば、その人と話したいと思いますし、仲良くなりたいと思うのが普通です。

それに、SNSではプロフィール検索をすることもできますし、簡単に自分の趣味に合う人を探せます。
DM等でやり取りをすることで、距離感を縮めることも可能です。

仲良くなったらQRコードを送るなどすれば、連絡先も交換可能。

そして、その延長から「趣味が合うから会ってみたい」と思う人も多いです。
家が近かったりすると、気軽に会える存在なのでネットから発展した友達という関係にもすぐなれます。

そこで、実際に会ってみて「パートナーよりもこっちがいいな」と思うことも多いようです。
ネットなら言い逃れも簡単ですし、切ろうと思ったら簡単に切れる関係です。

そういう意味では、不倫がしやすい環境が最も整っているといっても良いでしょう。

・関連ページ >>SNSでセフレを作りたいならツイッターがおすすめ|具体的な手順3ステップ

 

まとめ:不倫の始まりは人によって様々

個人的に、不倫はどちらにも理由があると思います。
相手が勝手にしてしまうこともありますが、相手に構ってもらえなかったという理由で不倫関係に至ることも多いです。

そのほかには

  • 家庭に不満を抱いている
  • 仕事・家庭にストレスがある
  • 欲求不満

等が挙げられます。

特に家庭に不満を抱いている場合は、その不満を解消しない限り、不倫が始まるきっかけを作ることになります。

そのストレスというのは解消することができないものであり、男性なら特にプライドが関係しているので、話を切り出すことは少ないです。

そのはけ口というのは、大半が不倫相手になります。
同性の仲いい友達等も考えられますが、家庭がらみの場合は異性に相談することが多いようです。

不満がある限り不倫をする可能性が高いので、二人で話せるような時間を設けましょう。
すると、相手の不満も徐々になくなり、不倫を解決することができます。

・関連ページ
>>不倫したい女性の特徴【既婚男性が安全に不倫相手を作る方法と掲示板紹介】
>>不倫パートナー探しは出会い掲示板で既婚者が出会っている現実




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>