ブログ

【徹底解明】不倫は文化は嘘だった?!不倫を肯定する理由を徹底解説!

「不倫は文化の真相は?」
「不倫を認めてしまう理由について知りたい!」

石田純一が「不倫は文化」と発言してから、一時期物議をかましました。
一般的に見れば、不倫は不貞行為ということもあって、ウケが悪いことです。

しかし、中には「好きなら仕方ない」と開き直る人も多いようです。

「バレなきゃ問題ない」「平安時代からあるから文化だ」と主張する人も多く、正直意見は様々です。

今回は、不倫は文化といった真相と、不倫を認めてしまう理由について紹介していきます。

この記事を読むとわかること

「不倫は文化」の発言はスポーツ新聞の見出しがきっかけ

不倫はされる側にも原因がある

不満がなければ不倫に至ることはない

石田純一は「不倫は文化」と発言してなかった!?

石田純一といえば、不倫を想像する人も多いと思います。

「不倫は文化」といったくらいであり、石田純一といえば?と聞くとこの発言を思い出す人も少なくないともいます。

そもそも、「不倫は文化」という言葉が生まれたのは、スポーツ新聞が見出しを付けたことが大きくかかわっているようです。

1996年に石田純一が、”長谷川理恵”との不倫が発覚された際に、インタビューで

「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」

と発言したのがきっかけです。

その報道後、スポーツ新聞が「不倫は文化」と見出しを付けたことにより、石田純一=不倫は文化というものが根付いたといえるでしょう。

既婚者からすれば、「不倫は悪」と思う人も多いですし、不倫を肯定するのが初ということもあって、当時はかなり炎上しました。

噂の一人歩きということに変わりはありませんが、これが原因で仕事面でもかなり苦労をしたそうです。

「不倫は文化」と思う人は案外多い

不倫は、「倫理観に反している行為」ということであり、一般的には認められないことが多いです。
しかし、実際に割合を調べてみると、数値が多いということがわかります。

男性は、約20%以上が浮気・不倫経験があります。

詳しい割合は下記から、参照ください。

・関連ページ>>>日本の不倫率は高い?不倫の割合を数値を元に徹底解説!

某サイトのアンケート結果では、4割が不倫に対して肯定しているようです。

「好きになったら仕方ない」と思う人も多く、年齢が徐々に上がっていくにつれてその割合は増加していきます。
不倫をする理由は様々ですが、やはり家庭環境に不満があったりすることで不倫をすることがほとんどです。

年齢層が高くなるにつれて、不倫を肯定する人が増えるのは、自分の境遇と置き換えた時に「不倫をしても仕方ない」と思ってしまうからでしょう。

一度不倫関係に陥ってしまうと、中々抜け出せないのが事実です。
していることが完全にアウトなリスキーなことであり、普段では感じない刺激とスリルを感じることが理由です。

それに、一度不倫をしてしまうと何度も繰り返してしまうようです。

「浮気は病気」という言葉があるように、性格で浮気をしている場合は抜け出すことはできません。

「不倫は文化」と「浮気は病気」は類義語といっても良いでしょう。

「不倫は文化」の不倫肯定派の意見!

不倫関係は「好きだったら仕方ない」と割り切っている以上、不倫を肯定していることがわかります。

4割が不倫に対してそういう考えを抱いている時点で、不倫は文化と呼ばれる理由がわかります。

そこで、不倫を肯定している人の意見を5つ紹介します。

一般的に悪とされている不倫でも、肯定する人の意見はかなり貴重です。

理解できない不倫でも、理にかなっているものもあります。

気持ちに抑えが利かないから

不倫関係に一度陥ってしまうと、その状況から抜け出せないという人も多いです。

一度相手のことを好きになってしまったら、気持ちに抑えが利かない人も多いようです。

普通の恋愛とは異なり、一方が既婚者であることが条件であり、本来では「好きになってはいけない」という意識の下で近づきます。

しかし、それでも好きになるということは、倫理観を無視して好きになるということです。
つまり、自分の欲望のままに好意的になっているということになります。

それに、普通の恋愛に比べると「いつバレるかわからない」というリスクとスリルがあります。

不倫をする人は最初から、このリスクを抱えてから付き合っているので、それを楽しむ人もいるようです。

「危ない恋愛」として楽しむ人も多く、一度そのスリルを味わってしまえば中々抜け出せないこともあるようです。

気持ちの抑制が効かないと、コントロールができなくなり「結婚相手と別れて私と付き合ってよ」ということも少なくありません。

ここまでくるとかなり末期です。

家庭崩壊させることを顧みずに、発言しているのであと先考えていないといえるでしょう。

しかし、不倫はそこまで自我を破壊してしまうくらい恐ろしい恋愛なのです。

不倫も恋愛の一つだから

恋愛の形は様々ですが、不倫を肯定する人は「不倫も一つの恋愛だから」という人も多いようです。
「好きになった相手がたまたま既婚者だった」という人も多いようです。

不倫をすることにさほどリスクを感じておらず、「不倫は恋愛の延長戦だし」と思っています。

確かに、理にかなっている発言ですが、倫理観は欠如しています。

相手を好きになるのは人の恋愛なので自由ですが、普通に生活していて、既婚者を好きになることはありません。

「既婚者だからあきらめよう」と思うのが普通です。

しかし、不倫気質がある人は「既婚者だから奪おう」と思うようです。

不倫が理解できない人は、この辺の意識が違うといえるでしょう。

不倫は家庭を崩壊させるということもあって、かなりのリスクがあります。
このリスクについてあまり把握していない人が、不倫をしやすいといえるでしょう。

「不倫はされたら嫌!」という人もいますが、自分もそういう感情になることもあるので「必ずしもダメとは言えない」という人もいます。

「不倫は文化」という人もいるように、新しい恋愛の形と割り切っている以上日本から不倫がなくなることはなさそうです。

不倫をされる側にも問題があるから

「不倫はされる側にも問題がある」と思う人もいます。

不倫をする原因は様々ですが、やはり不満が一番でしょう。

  • 家庭内のストレスによる不満
  • 仕事によるストレスの不満
  • セックスレスの不満

等様々な不満がありますが、不倫の主な原因となる場合があります。

例えば、旦那とあまり関係性が良くなく冷え切っている場合は、不倫に走ってしまう人多いようです。
この場合は、家庭のことを考えずに、自分主導で考えていることがわかります。

しかし、家庭に不満があればそのような感情が生まれるのも当然です。

「既に冷え切っていて修復不可能なら不倫しても問題ない」と辛らつな意見を持っている人もいます。

正直、これは個人の考えなので正しいか間違いなのかは判断できません。

個人的にいうと、私も同じ意見です。

浮気と不倫は、男女間の関係が穏便である以上発生しないことです。
不満があったとしても、相手に言える環境が整っていたりすると、不倫に至ることはありません。

しかし、不満を解消できないような環境だった場合は、不倫に至るのも仕方ありません。
男女間の問題であり、不倫をしないように気を付けることが重要だと思います。

普段の生活から、「相手に不倫をさせないように」という意識の下で動くのも気が引けると思います。
そのため、あくまでも普通の夫婦とカップルの関係を継続すれば問題ありません。

バレなければ問題ない

不倫肯定派は、「バレなければ問題ない」と思っている人が大半です。
される側からすれば最悪ですが、「家庭を壊さないなら問題ない」と思う人も多いようです。

そもそも、不倫をしている時点で家庭が壊れることは決まっているようなものなので、理解不能です。

「隠し通せばバレることもないし大丈夫」という人も多いようです。
しかし、浮気や不倫をしている人は、明らかに態度が異なります。

パートナー以外に、新しくパートナーを作らなければなりませんし、その分時間やお金がかかるということもあり、何事もなく接するのは困難。

また女性の中には「男性は浮気や不倫をするから、バレないようにやってほしい」と思っている人もいるようです。

これは、最初からあきらめているパターンです。

しかし、バレないようにしようとしても明らかに怪しい行動をするということもあって、隠し通すのは不可能です。

普段とは違うような態度をとってくるので、露骨に怪しさを感じて疑う人も少なくありません。

完全にバレないようにするのは無理なので、そもそも不倫をしないことをオススメします。

スリル・刺激を楽しみたいから

男女問わず関係していることですが、不倫をすることでスリルと刺激を感じたいという人が多い印象です。

普通の恋愛とは異なって、「バレたら破綻する」「危ない恋愛」と思っている人も多いので、ゲーム感覚で不倫を楽しんでいる人もいます。

また、「不倫は文化」という肯定派もいるため、不倫に対してそこまで悪気を感じていない人もこの傾向に陥りやすいようです。

「人生は一度きりだしいろいろ楽しまないと」

末期の人は、この様な考えを抱くようです。

確かに、気持ちはわかりますが、結婚をしてまでこのような考えを抱くのはどうかと思います。

結婚をすると何かと制限がかけられることが多いですが、それを把握した上で結婚をした人がほとんど。

その状況で、「人生は一度きりだから」というのは通用しません。

しかし、昔遊び人だった人が不倫をしやすいというのは、理解できます。

前の生活に比べると、圧倒的に制限をかけられて不満に思うことが増えれば不倫に走るのもわからなくもありません。

とはいえ、一般的に見て不倫は肯定されることではありません。
「不倫は文化」という意見があっても、否定派が多いのが現状です。

まとめ

「不倫は文化」という発言について解説しました。

石田純一が言った言葉として認知されていますが、元をたどればスポーツ新聞の見出しになっただけで本人は発言していないという結果です。

しかし、彼が不倫をしたことが事実であり、世間の不倫をしている人に悪い意味で勇気を与えました。

そのせいもあって、日本では既婚者の20%近くが不倫を経験しています。
また、不倫に対して肯定する人も多く、4割が不倫に対しての理解があるようです。

不倫を肯定する人の意見は様々ですが、倫理観に反した行為であることに変わりはありません。

ただ、不倫をする人だけが悪いというわけではありません。
不倫をされる人にも原因があり

  • 家庭の不満
  • 仕事の不満
  • セックスレス
  • 異性としての魅力の欠如

これらが主に考えられます。

しかし、普段の生活の中からお互いが理解して尊重すれば、不倫をされるリスクというのは低くなります。
そもそも、不満がなければ不倫をすることはありません。

相手に不満を抱いている場合にのみ、不倫をするといっても良いでしょう。




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>