出会いを作る方法・作り方

ヘルス嬢をセフレにしたい!セフレ化の効率的な流れを紹介

風俗業界の嬢をセフレにすればただで楽しくセックスができる。こう考えたことのある方は多いのではないでしょうか。そして、すでにチャレンジしたことのある方もいるかもしれません。

たまたま軌道に乗ってうまくセフレにできる可能性もありますが、ノープランで連絡先を聞いて連絡するだけだとだいたい失敗するはずです。そこでこのページでは、なるべく効率的にヘルス嬢をセフレ化する方法を解説します。

ヘルス嬢の定義

必要ないかもしれませんが、一応ヘルス嬢の定義を書いておきます。というのも、ヘルス嬢という言葉は実は曖昧で、明確な定義があるわけではないからです。ざっくりと風俗業界の嬢を分けると以下のようになるかと思います。

・キャバ嬢

・ピンサロ嬢

デリヘル嬢

・ソープ嬢

風俗業界にはいろいろな業態があるので上記に該当したいものや、複数ジャンルをまたいでいるようなものもあるでしょう。詳細は割愛してざっくり分けるとだいたい上記のようになります。

そして、今回の対象は主にデリヘル嬢です。キャバ嬢やソープ嬢を狙ってセフレにすることも不可能ではないかもしれませんが、デリヘル嬢よりは難易度が高いでしょう。ピンサロ嬢も当然デリヘル嬢よりは難易度が高いです。

なぜデリヘル嬢を狙うのか

デリヘル嬢を狙う理由は、まずデリヘル嬢の意識や仕事内容的なことと、逆に他の業態の嬢は難しい明確な理由があるからです。

キャバ嬢をセフレにするのが難しい理由

まずキャバ嬢についてですが、キャバクラは性的なサービスを行う店ではありません。

そしてキャバクラはお客さんと話さなければならなかったり売上ランキングが如実に出る分大変さがあります。もちろん性的なサービスにも大変さがあるのですが、比較した際にあえてキャバクラを選んでいるのです。

悪く言えば体を使ってしまった方が気を遣わなくて良い分楽な面もあるかと思いますが、あえてそれをせずにキャバクラを選択しています。極端に言えば、体を使わずにお金を稼ぎたい、と考えている可能性が高いのです。

少なくとも、誰とでもセックスするようなことはなく、たとえお金をもらっても嫌な相手とはセックスしないでしょう。また日々客から口説かれているため、スルーすることに慣れています。

都合の良いセフレにしようと思っても、営業トークや営業メッセージでかわされる可能性が高いです。ちなみに物凄くお金持ちであったり、物凄くイケメンならチャンスはあるかもしれません。むしろキャバ嬢の方から寄ってくるかもしれません。

他の客と比べて抜きんでるものがないと、キャバ嬢をセフレにするのは難しいでしょう。

ソープ嬢をセフレにするのが難しい理由

一見するとソープ嬢は体を使った商売であるため、セフレにするのが簡単に思えます。しかし、それは間違いかもしれません。なぜなら、ソープ嬢はソープで稼ぐという意識が高いからです。

何かお金に困っている場合もあれば、事業資金を貯めたくてやっている場合もあるでしょう。いずれにしても、副業ではなく本業で本気で稼ぎに来ています。建前上は本番NGですが暗黙の了解的にセックスが行われ、ソープ嬢からするとほぼすべての客と毎日セックスすることになります。

よほど気合が入っていないとこのようなことは難しく、少し嫌になったからといって仕事を辞めるようなこともありません。セフレとセックスするくらいなら一人でも客を取って稼ぎたい、という行動原理が働いていると考えられます。

ピンサロ嬢をセフレにするのが難しい理由

ピンサロ嬢はキャバ嬢と違って一応体を使っており、またソープ嬢ほど仕事への意識は高くない傾向にあるでしょう。学生やOLがアルバイトでやっていることも多いです。ではなぜセフレにするのが難しいかというと、二つ理由があります。

それは、あえて本番のないピンサロを選んでいることと、嬢と個人的に親しくなるプライベートな空間がないことです。同じアルバイトでもデリヘルを選んだ方が稼げる可能性は高いですが、あえてピンサロを選んでいます。

ということは、客とセックスするのは嫌たということです。ピンサロは回転が速くて口や手が疲れるはずで、なおかつデリヘルよりは平均的に給料が安いです。それでもなおセックスの可能性のあるデリヘルを避けているので、セフレにするのは難しいと考えられます。

また、ピンサロは敷居で仕切られているだけなので、嬢と個人的に親しくなることが難しいです。明らかに口説いたり連絡先を聞こうとすれば、ボーイや他の嬢にも聞こえてしまいます。

店のルール上の問題もありますが、嬢本人としても客と個人的に親しくしていることはボーイや他の嬢に知られたくないでしょう。なので口説くのも連絡先を聞くのも難しいです。仮に連絡先を聞けても回転数が多い分その嬢はいろいろな客に面倒だから連絡先を教えている可能性が高く、メッセージを送っても返ってこないかもしれません。

デリヘル嬢ならセフレ要素がそろってる!

前置きが長くなりましたが、以上を踏まえるとデリヘル嬢が狙い目であることがすでにお分かりかと思います。キャバ嬢と違って体を使っており、ソープ嬢ほど意識が高いわけではありません。ピンサロ嬢と同じくらいのアルバイト感覚でやっている場合も多いですが、デリヘルの性質上客との体の距離感が近いです。

悪く言えば、デリヘル嬢は意識が低くてセックスに対する敷居も低い、可能性が高いのです。これはヘルス嬢をセフレにしたい男性にとっては最高の条件です。デリヘルもはっきり言ってしまえばセックスが前提にはなっていますが、ソープよりは一応交渉の余地があります。

デリヘル嬢は拒否できるため、どうしてもセックスしたくない相手とはセックスしないでしょう。つまり、デリヘル嬢とセックスできたということは最低限のラインはクリアしているということです。

デリヘル嬢をセフレにする流れ

以上のことを理解したうえで、いよいよデリヘル嬢をセフレにする流れです。前置きが長くなったのですが、上で説明したことは非常に重要です。セフレにするためにはまず相手のことを理解するのが重要で、相手を理解していないと見当はずれな方向に進んでしまいます。

特に会話でうまくプライベートにつなげるためには相手の思考回路等把握しておく必要があるので、上で説明したような風俗業界についてある程度知っておいた方が良いです。

世間話からセックスへ

大前提として身なりなどの問題がありますが、当然ながら清潔感に欠けていて第一印象で嫌悪感を持たれると一発アウトです。当たり前のことなので、そこはできている前提で話を進めます。

第一印象が悪くないよう身なりが整っていれば、後は自然な会話が重要です。なるべく風俗嬢と客の関係ではなく、たとえば相席居酒屋で出会った相手くらいの感じで話します。ただし盛り上がりすぎてプレイをしないのはお金が無駄な上に印象も良くないので、プレイにつなげつつ会話も行うイメージです。

プレイ中は会話できないので、いったんプレイに集中します。そしてセックスに関しては強引に誘ったりいきなりチップの話題を出すよりは、自然な流れでセックスさせてもらった方が良いでしょう。

強引に誘ったりチップの話をすると、風俗嬢と客の関係性が際立ち、しかも印象が悪いです。相手のデリヘル嬢に対してなるべく普通の女性のように接しましょう

プライベートな話をする

セックスが終わったら、プライベートな話につなげます。プレイ内容が良くないとあまり話してくれないかもしれませんが、特別なことをしなくても普通にセックスしていれば問題ありません。

よく相手を風俗嬢を気持ちよくすれば落とせると言ったことが言われますが、風俗嬢を気持ちよくさせるのは難しいです。なぜなら相手は一応仕事としてやっているので、気持ちよくさせることよりもあくまで自然に、気持ち悪さのないプレイをすることが重要です。

セフレにしたい場合はなるべく特殊な性癖などは出さない方が良いでしょう。デリヘル嬢は普段求められる体ではなく心理的なつながりを求めている可能性が高いので、そこを重要視します。

肉体的に気持ちよくさせることや、肉体的に頑張ることが重要なわけではありません。そしてセックスが終わったら、普通の女の子と話すようにプライベートな話をします。初対面で質問攻めにするのは良くないので、無難な質問や自分の話を挟みつつ、徐々に相手が話せる環境を作ります。

連絡先を交換する

プライベートな話をしていると、デリヘル嬢の方からスマホを出してくるケースは割と多いです。よくあるのは、ペットや料理の写真を見せるようなパターンです。デリヘル嬢は連絡先の交換に慣れているため、自然な流れで会話からスマホを出します。

おそらく、客側から自然に連絡先を聞きやすいようにそうしているのだと思います。もしもデリヘル嬢がスマホを出した場合、ほぼ100%連絡先を聞くことは可能でしょう。デリヘル嬢はセックス後に会話するシチュエーションに慣れているため、連絡先を聞かれる可能性を考慮せずにスマホを出すようなことは考えにくいです。

意図してスマホを出しているので、そこで連絡先を聞きましょう。連絡先を聞いてほしい合図は出しますが、デリヘル嬢の方から連絡先を聞いてくるケースは稀かと思います。おそらく客と連絡先を交換することは店のルールで禁止されており、万が一客からクレームが入ったらまずいからです。

そのため、デリヘル嬢にとって自分から連絡先を聞くことはリスクです。合図に答えましょう。またスマホを出してこなかった場合、タイミングを見計らって連絡先を聞くことになります。

この辺はさじ加減なので難しいところですが、普通に会話ができていて、親密感があれば大丈夫かと思います。

プライベートで誘う

連絡先を交換したら、早めに連絡しましょう。デリヘル嬢は一日に複数人の相手をするため、早めに連絡しないと忘れられる可能性があります。完全に忘れてはいなくても、記憶が薄れた段階で興味は失っているはずです。

記憶が新しいうちに連絡し、会う約束を取り付けると良いです。相手が一般女性ならランチやデートの約束になるかもしれませんが、相手はデリヘル嬢です。まったく下心なしに昼間に誘うのはかえって違和感があるので、普通にディナーや飲みに誘ってそのままホテルに行けば良いかと思います。

デリヘル嬢をセフレにする際の注意点

デリヘル嬢が会話の流れでスマホを出し、客が自然に連絡先を聞きやすいようにすることがある、と説明しました。これはデリヘル嬢が客に対して最低限不信感は持っておらず、今後関わることに対して積極的であることを意味します。

ただし、好意を持っているわけではありません。いわゆる個人営業目的のケースが多いでしょう。風俗店を介して顧客とセックスしても、仲介料が取られます。しかし顧客と個人的に会ってお金をもらってセックスすれば、すべて自分の懐に入ってきます。

個人的に会ってお金をもらってセックスしたいと考えている可能性もあるので、その点は知っておく必要があります。食事やホテル代だけで普通にセックスできる場合もあるので、これなら純粋なセフレと呼べるかもしれません。

あらかじめゴールを考えておく

以上のように、デリヘル嬢と連絡先交換して個人的に関係を持つことは十分可能です。しかし純粋なセフレというよりは単なる個人営業の場合もあり、最初の段階ではそれに気づかない場合もあります。

デリヘル嬢もあからさまに最初から営業するわけではないので、たとえば食事に行っていざホテルに行く流れで金銭を要求してくる可能性もあります。もしくは、メッセージやり取りの段階でお金を要求する場合もあるでしょう。

人によってセフレの定義は異なるかと思いますが、お金を支払ってセックスするのはOKなのか、完全無料が良いのか、といった点はあらかじめある程度考えておいた方が良いかもしれません。

お金を払うとしてもお店を介して会うよりはデリヘル嬢本人に支払うお金は安く済みますが、たとえば食事やホテル代を考えるとトータルではかえって高くなるかもしれません。しかも即ホテルでない限り時間と労力も掛かるので、結局のところ本末転倒になってしまうことがあるのです。

デリヘル嬢とプライベートで会える関係になることばかり考えてしまうかもしれませんが、関係性によってはあまりメリットがないということです。またプレゼント等をねだられて面倒なこともあるかもしれません。

お店を介してセックスした方がマシなような関係だと意味がないので、どういった条件ならOKなのか、どんな感じのセフレにしたいのか、といったゴールはあらかじめ考えておいた方が良いですね。

ただでやれるセフレではなく援助交際に近い状況になった場合、コストパフォーマンスを考えて切るのも一つの考え方です。セフレやプライベートで会うことばかりを考えているとデリヘル嬢のペースで振り回される可能性があるので、その点は要注意です。

・関連ページ >>すぐやれるアプリ【口コミ・評判】サクラなしの安全な出会い系サイト・アプリ【ナンパ師談】