探し方・作り方・募集方法・会えるアプリ・サイト

大学生がセフレを作る方法は?セフレが欲しい時に作れる場所を徹底解説!

大学生がセフレを作る方法は?セフレが欲しい時に作れる場所を徹底解説!

「大学生でセフレが欲しい場合はどうすればいい?」
「大学生がセフレを作る最適なツール」

この記事はそういう人向けに書いています。

大学生になれば、周りがセフレを作ったりするので、それにうらやましさを感じることがあります。
そこで、自分もセフレが作りたいと思って、アクションを起こそうとするも、何をすればいいかわからない人がいます。

大学生がセフレを作るなら、「居酒屋、バー、クラブ、ナンパ」といった手段がありますが、最も出会いやすいのは出会い系サイト・アプリです。

今回は、セフレを作れる場所とセフレの作り方について解説します。

この記事を読むとわかること

大学生は出会系サイト・マッチングアプリがおすすめ

ナンパはスキルが必要で難易度が高い

セフレ作りは就活・仕事に生かせる(いい意味で)

セフレの定義とは?

セフレを作る前に、セフレの定義について解説します。

世間のイメージとしては

  • セックスをするだけの関係
  • 気軽にヤれる存在

というイメージが多いですが、セフレを作ったことがない大学生からすると実感がわかない人も多いと思います。

しかし、コツさえつかんでしまえば誰でもセフレを作ることができるでしょう。

セフレを簡単に説明してしまうと「セックスを楽しむ関係」というものです。
恋人ではないので、恋愛感情は一切抱きませんし、体だけの関係が成り立つのがセフレの最大のポイントになります。

また、セフレは下記の特徴があります。

恋人を作るよりも難易度は高め

割り切った関係であることが条件

関係を維持させるのが困難

まず、セフレは恋人を作るよりも難しいです。
「セックスをするだけの関係は無理!」「好きな人じゃないとセックスしたくない!」という純粋な考えの人もいます。

誰でもセフレに理解があるわけではありませんし、恋人よりも難易度は高めです。

次に、割り切った関係であることが条件です。
体の関係のみを求めているので、片方が恋愛感情を抱いてしまった時点で、関係が破綻してしまいます。

主に、女性が我慢できなくなって恋愛感情を抱きがちです。

最後に、関係を維持しづらいという点です。
相手が恋愛感情を抱いた場合もそうですが、セフレに恋人ができたりした場合は、関係が破綻します。

それに、関係に嫌気がさして音信不通になることもあります。

これらの特徴があるので、セフレを作る前に念頭に入れておくと良いでしょう。

メリットは下記の通り。

  • 複数セフレを作っても責められることはない(世間体の問題)
  • 時間を取られず好きな時にセックスできる
  • 性欲が溜まってもセフレで解消可能

これ以外にもメリットは存在しますが、彼女とは明確に異なります。
しかし、関係を続けるためには、普通に食事をしたり遊んだりして疑似デートをする必要があります。

・関連ページ >>セフレを作るメリット・デメリットを解説!モテ男になるステップ編!

 

効果的にセフレを作る方法

セフレの実態について解説したところで、セフレの作り方について解説します。

恋愛関係とは違うので、セフレを作ったことがない人からすると、作り方がわからないというのも理解できます。

セフレは、恋人とは違って告白をする必要はありません。
体の関係を持ってしまえば、お互いが告白しない限り「関係がずるずるした感じ」で継続していきます。

言い方を変えれば、「告白する前に体の関係をもって告白しない」とセフレになります。

セフレを作る手順は非常に簡単です。

  1. 恋愛感情なしに体の関係を持つ
  2. 微妙な関係を継続する

体の関係をもって、維持すればセフレ関係が生まれるようになります。

「セフレになってくれない?」という必要はありませんし、仮に言ってしまうと冷められてしまいます。

体の関係をただ継続すれば、セフレになれるのです。

そのため、セフレを作りたいと思った場合は、まずはどういう形であれ、体の関係を持つ頃が重要です。

そして、恋人でもなく友達でもないという微妙な関係を継続させていくと良いでしょう。

・関連ページ >>セフレにしやすい女性の職業をランキング形式で完全紹介します!

 

セフレが欲しい大学生がすべきことは?

セフレの作り方がわかったところで、大学生がセフレを作るためのポイントを解説します。

大学生は、フットワークが軽く時間があるという特徴があります。
社会人の男性に比べると、圧倒的にセフレを作るのは簡単です。

大学生がセフレを作るには、下記の3点を抑えましょう。

  1. 居酒屋・ナンパ・出会い系等で女性との出会いを増やす
  2. 会った女性の中で体の関係を持つ(理想は複数人)
  3. 関係を継続させつつ新たにセフレを作る

出会いを増やしていけば、確実にセフレを作ることが可能です。

また、出会いが増えるとワンナイトに持ち込むこともできますし、関係を継続できれば自然とセフレにもなります。

そのため、まずは出会いを増やしつつワンナイトラブに持ち込むと良いでしょう。

・関連ページ >>セフレが欲しい男女が好みの相手とセフレになる方法と出会い系アプリ

 

補足:相手(女の子)をお持ち帰りする方法

様々なツールを使ったとして、女性をお持ち帰りする場合は、ホテルや自宅に連れ込むことを考えましょう。

二人だけの空間が広がれば、関係は継続します。

お持ち帰りしたいなら、「いかにホテル・自宅に連れ込むか」を考えると良いでしょう。

連れ込むためには、下記の2点を意識しましょう。

  • お酒の力を借りる(女性を酔わせることがメイン)
  • 言い訳を用意する

まず、ホテルに連れ込むためにはシラフではいけません。
お酒の力を借りないと、誘うのも困難になります。

お酒に酔わせてしまえば、理性を保つことができなくなるので、女性のガードは簡単に緩みます。
酔い加減によって、ホテルに連れ込むかどうかの難易度が決まります。

そして、女性に言い訳を用意しておきましょう。
お酒に飲んで持ち帰ってセックスをした場合、女性は「軽い女」だと思われてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

そのため、言い訳を用意して”ついでにセックスした”という状況を作りましょう。

言い訳例

「DVD借りてるから家で一緒に見ない?」
「ちょっと肌寒いし、温かい場所移動しない?」
「騒がしいからちょっと二人っきりになれる場所に行こうか!」
「帰るの面倒だし今日は宿泊していかない?」

要は、誘い口です。

単に「ラブホいかない?」と誘うよりも、ムードがありますし女性もいいわけができます。

「映画が見たくて家に行っただけだし」
「帰るのが面倒だから泊まっただけだし」

と、自己嫌悪に陥りにくくなります。

特に、女性は軽い女だと思われるのを嫌がるので、女性をお持ち帰りするときは自然に誘えるような理由付けをして誘いましょう。

お持ち帰りしたい場合は、酔わせて言い訳づくりをすると効果的です!

・関連ページ >>ヤリマン募集は出会い系アプリ【確実にエッチがやれるエロい女と出会う方法】

 

大学生がセフレを作れる場所

セフレについて解説したところで、大学生がセフレを作れる場所について解説します。
出会いの場がないと、セフレを作ることができないので、場所選びは非常に重要になります。

そのため、まずは出会いを増やしていくところから始めましょう。

しかし、注意点が存在し、下記の場所でセフレを作るのは控えましょう。

NGな場所

バイト先

サークル活動中

大学内の友達・先輩

これらの場所は、世間体を気にする必要があります。
距離感が近すぎてしまうと、周りの目を気にしてセフレを作ることになります。

仮に、上記の場所で作ってしまった場合は、そのコミュニティで噂になります。
特に大学生は、狭いコミュニティの中で生きているので、噂が広まりやすいです。

大学内でセフレを作ると、関係を切ったときに生活しづらくなるので要注意です。

セフレは一般受けが悪いですし、大学生の多くが作っているとはいえ、悪印象しかありません。
マイナスイメージにしか働かないので、注意しましょう。

「大学以外でどうやってセフレを作るの?」

と疑問に思う人も多いでしょうが、コミュニティが広い場所なら問題ありません。
要は、参加しても二度と同じ人と会わないような場所です。

特におすすめの場所は、下記の5つです。

大学生のセフレ作りに最適な場所

居酒屋

バー

クラブ

出会い系サイト・マッチングアプリ

ナンパ(番外)

これらは、特に大学の知り合いと会うこともありませんし、コミュニティに属すわけでもないので、セフレ関係が終わっても日常生活に支障をきたすことはありません。

・関連ページ >>女子大学生とセックスしたい人は必見!SEXできる最適な方法とツールを紹介!

 

居酒屋で大学生がセフレを作る

難易度 ★★★☆☆
出会いやすさ ★★★☆☆
項目名 3000円~5000円程度

まず、大学生がセフレを作りやすい場所として紹介できるのが、居酒屋です。

「居酒屋で女性をナンパするの?」という人もいますが、それは違います。

最近では、出会いを目的とした居酒屋も存在します。
「相席居酒屋」といえば、聞き覚えがある人も多いです。

検索すれば、「相席屋」として表示されますが、中には学生を応援するための「学生専門相席屋」も存在します。

費用は、1回あたり3000円~5000円程度が主流です。

流れは下記になります。

  1. 料金を支払って入店する
  2. 女性二人と相席になる
  3. 仲良くなれば連絡先交換
  4. 状況次第で二次会
  5. そのままホテル

女性が多い場合は、すぐにカップリングできます。
そこから、連絡先交換をするのは、相手とトーク力次第です。

大学生に限らず、社会人なども多いので、平日でも人が多いというのが特徴です。
基本的には、出会いを求めている人がほとんどなので、出会いの活発さに驚いてしまう人も多いでしょう。

相席屋には条件が存在し、「同性2名以上の来店」が必要です。
そのため、友達などを呼んでいくのがおすすめです。

状況次第では、女性がいる席に案内されて、飲み会がスタートします。

合コンはセッティングするものですが、相席屋の場合は自動的にスタートするので、手間がかかりません。
食べ飲み放題が多く、時間制になっています。

1時間で3000円程度なので、ほかの居酒屋に比べると若干割高。

料金は一律なので、女性に奢る心配もなく会話を楽しめるので安心です。

相手が気に入らない場合は、スタッフに「この人気に入らない」といえば、席替えをしてくれます。

出会いの場としては最適ですが、そのままお持ち帰りするのは厳しいです。
仲良くなってから、連絡先交換をすることを目的にすると良いでしょう。

行くにしても、友達と行く必要があるので、気まずさもありますし!
セックスをしたいなら、連絡先を交換して後日お誘いをして、サシ飲みすることをおすすめします!

・関連ページ >>簡単にセックスが出来るヤリマンの特徴10選|狙い目はメンヘラ女子

 

バーで大学生がセフレを作る

難易度 ★★☆☆☆
出会いやすさ ★★☆☆☆
項目名 3000円~5000円程度

バーは、二軒目で使うことも多いですが、生粋のナンパスポットとしても有名です。
こじんまりとしたお店では、距離感も近く女性と接することができます。

バーには種類があり、その中でも口説きやすいタイプのバーは下記の通りです。

  • HUB
  • パブ

これらの二つは、マスターがいるようなバーではなく、立ち飲みをすることができるバーです。
気軽に立ち寄ることができて、アメリカなどに多いイメージがあります。

都内を中心に存在しますが、近年では全国展開されているので、全国に出会いの場が存在します。

イメージ的には、この様な店舗が主流です。
基本的にこのお店に来る人は、男女ともにナンパ目的が多いので、バーという側面もありますが生粋のナンパスポットになりつつあります。

ナンパをされたい女性が待っており、ナンパをする男性が店内をうろちょろししているイメージです。

また、HUBとパブは料金体系がそれぞれ異なります。

  • HUB:カウンターでお酒を頼む、ショットが多く1杯500円が主流
  • パブ:入場料を払えば飲み放題、出入り自由なのが特徴。3000円~5000円が相場

ナンパのテクニックが必要となりますが、気になる女性がいれば気軽に声をかけられるのが特徴でもあります。

しかし、基本的に相席屋と同じで、一人で来る人はいません。
そのため、当日にお持ち帰りするのは厳しいです。

当日連絡先交換をしてから、後日飲みなおすというのが最も効果的です。

グループで来ることがほとんどなので、ワンナイトを求めずに連絡先交換だけに注力しましょう。

また、パブでナンパをする際は、人が多い土日や週末をチョイスしましょう。
人が多ければ、チャンスも広がりますし、狙いを定めることも可能です。

特に、大学生はフットワークが軽いので、案外連絡先交換までは容易に行くケースがあります。
そこから、相手をサシ飲みに誘うかどうかはテクニック次第になってきます。

クラブで大学生がセフレを作る

難易度 ★★★★☆
出会いやすさ ★★★★★
項目名 3000円~15000円程度

大学生=クラブというイメージが強く、私も学生時代は何度もクラブに行きました。
(グアムに旅行に行った際もクラブに行ったことがありますw)

出会いは見込めますし、音楽を楽しめるという意味では、大学生に非常におすすめです。

地方によってクラブもない可能性もあるので、事前に調べていくことをおすすめします。

クラブでナンパをした経験がある人も多いと思いますが、念のために解説します。

クラブは、音楽がかかっておりそこで踊ったりお酒を飲んだりして楽しむのが名目です。
ノリノリでお酒を飲んでいるので、結構貞操観念が低い人が集まっているイメージがあります。

意識的にも薄い人がほとんどであり、ガードもゆるくナンパしやすいという意味では、適しています。
女子大生から社会人まで様々なタイプが存在しているので、最適です。

仮に、クラブでナンパする際はクラブ慣れしてなさそうな、地味めな女性を狙うことをおすすめします。

クラブ慣れしている女性は、「ナンパの断り方」を知っている人が多いです。
純粋に音楽を楽しみに来ている人も多いので、慣れていない女性のほうが声をかけやすくお持ち帰りもしやすいです。

仮に、クラブで酔っている女性を見つけた場合は、外に連れ出すと良いでしょう。

「友達と来てるから~」といってくる人もいますが、軽く流しましょう。

  • 明日謝ればいいよ~
  • 友達もさっき誰かと出て行ったから大丈夫

等言っておけば、簡単についてきます。

お持ち帰りの仕方は様々ですが、テクニックは先ほど紹介した手順で行いましょう。
女性を捕まえられなかった場合は、別のクラブに行くかおとなしく帰りましょう。

補足:クラブナンパをより良いものにする方法

クラブには、VIPシステムというものが存在します。

通常は、入店する際に入場料が必要ですが、それとは別に料金を支払えば、VIPシートというものに入ることができます。

とあるクラブのVIPの料金ですが、時間制になっているところがほとんどです。
予約制なので、あらかじめ予約すると良いでしょう。
※席が空いていれば当日でもよい場合があります。

VIPシートは、ソファーが用意されているので、女性を口説くのも簡単です。

そのため、フロアで一通りナンパをして「そういえば、VIP予約してるんだけど一緒に飲まない?」と誘ってみると、高確率で成功します。

クラブに来ている女性は、ナンパを望んでいる側面、スペックが高い人を求めています。

VIPに入るということは、「お金を持ってそう」と思われるので、普通のナンパに比べると難易度は低めになります。

音楽がかかってるうるさいフロアでナンパするよりも、VIPシートのほうが口説きやすいです。

友達と行けば、VIPシート代を割り勘できるのでおすすめです。
確実にセフレを作りたい、ワンナイトしたいという人は、積極的に使いましょう。

出会い系サイト・マッチングアプリで大学生がセフレを作る

難易度 ☆☆☆☆☆
出会いやすさ ★★★★★
項目名 500~1000円程度

出会い系サイトは、最も出会いやすいツール(セフレアプリ)といえます。
難易度は、星すらつける必要がないほど、簡単に出会えてしまいます。

クラブ・居酒屋・バーなどは、その場所に行く必要がありますが、出会い系サイトは家でも利用可能です。
スマホがあれば、誰でも利用できるという手軽さがあります。

ネット上なので、ナンパの勇気も必要ありませんし、効率を考えれば圧倒的に出会い系サイトがおすすめです。

大学生がセフレを作りたいと思っているなら、出会い系サイトをおすすめします。

それに、出会い系サイトは他サイトに比べると異なる点が3つ存在します。

  • 二人で会うことが前提
  • セフレ・ワンナイトを求めている人が多い
  • 効率が良くお金がかからない

まず、出会い系サイトは二人で会うことが前提です。

居酒屋・クラブなどは友達ときていることが多く、ナンパしても後日誘う必要があり即効性はありません。
しかし、出会い系サイトの場合は、個人とやり取りして仲良くなるので、二人で会うことが主流です。

居酒屋などに誘ってしまえば、お持ち帰りもしやすいですしセフレとしての関係も作りやすいです。

次に、セフレ・ワンナイトを求めているということです。

・関連ページ >>今すぐエッチしたい時に見つける方法と出会い系で注意すべき点

 

下記は、PCMAXの掲示板になります。

掲示板・プロフィールを見れば、PCMAXでセフレ募集している人も多く目にします。
前提として、「セフレ募集」があるように、会うことができればセックスが約束されているものです。

・関連ページ >>【読めば成功】セフレ募集・セフレを作りたい時に読む指南書!

 

会員数も多いですし、女性選びに迷ってしまうほどです。
ナンパのように、手あたり次第声をかけることもありませんし、目星をつければいけそうな女性を絞ってアプローチすればよいです。

最後に、効率が良くお金がかからないという点です。

出会い系サイトは、スマホさえあれば利用可能。
大学にいる時でさえ、出会いを見つけることができますw

家にいても出会いがありますし、効率は非常に良いです。

そして何より、お金がかからないという点です。
出会い系サイトは、無料ポイントも付与されます。

メッセージ1通当たり50円かかりますが、最低でも10通メッセージをすれば、連絡先交換可能です。
初心者は、もう少しかかるとして20通程度やり取りすれば、交換可能です。

そのため、1000円程度で女性一人の連絡先を交換できると思えば、コスパが良いことがわかると思います。

大学生も多く、出会いの場としては最適です。
それに、普段ライン等でメッセージに慣れている大学生は、より出会いに有利です。

・関連ページ >>優良な出会い系サイトの利用料金(ポイント)の相場や支払い方・方法

 

番外編:ナンパして大学生がセフレを作る

難易度 ★★★★★
出会いやすさ ★★★☆☆
項目名 無料~5000円程度

ナンパは場所ではありませんが、セフレを作れるシーンとして挙げられます。
難易度は非常に高めですが、セフレを作るには最も早いといえます。

ナンパテクを使えば、出会いに困ることもありませんし、効率よく出会えます。

ナンパをするとしたら、下記のスポットがメインになります。

ナンパスポット

飲み屋街・居酒屋付近

駅前

繁華街

基本的にストリートでナンパをすることが多く、ナンパをする場所は地域によって変わってきます。
声のかけ方も、グループにかけることもあれば、個人にかける子tもあります。

難易度は最も高いですが、ワンナイト・セフレ作りにもつながります。

基本的な手順は下記の通り。

  1. 声をかける(路上、居酒屋付近、繁華街等)
  2. 居酒屋・カラオケで相手に飲ませる
  3. ホテル・自宅に連れこんでセックス

この様な手順がメインですが、1の時点で結構てこずる人も多いです。
「ホテル行こうよ!」ではなく、「時間あるなら暇なので遊び行きませんか?」という誘い方が主流です。

そのため、誘ったとしても遊びで終わってしまう可能性も大いにあります。

それ以外にも、ナンパでは注意点が存在します。

  • キャッチ・スカウトとトラブルになる可能性がある
  • 女性にとっていい迷惑

まず、キャッチやスカウトとトラブルになる可能性があります。
彼らは仕事で行っており、彼らの縄張りでナンパをしていると、難癖を付けられる可能性も大いにあります。

トラブルになってしまえば、ナンパする気にならないので注意しましょう。

そして、女性に迷惑がかかることがあります。
むしろ、かなり迷惑ですし、基本的にナンパはおすすめしません。

それに大学生は、ナンパに慣れていない人が多く、大半が相手にされません。

セフレを作る手段としては最適です。
しかし、ある程度のスキルと覚悟が必要となります。

出会い系サイト・マッチングアプリから試そう!

大学生は、講義中でもスマホをいじることができます。
そのため、出会い系サイトは非常に適しています。

返信が来れば、即レスすることができますし、大学生はSNS等のメッセージに強いので出会い系サイトは最適です。

気になる料金面に関してですが、下記の通りです。

  • 出会い系サイト:従量課金制、基本料金無料、登録無料
  • マッチングアプリ:月額課金制、登録無料

従量課金制とは、サイトを利用する際にポイントが必要になるシステムです。
都度課金する必要がありますが、ポイントを節約すれば、安い料金で出会えます。

月額課金制は、月々の料金を支払うことでコンテンツが利用し放題になるプランです。
3000円が平均相場になっています。

登録は無料ですし、誰でも簡単に利用できる仕組みが整っています。

安全面に関しては、どちらもセキュリティ対策に精通しているので、トラブルなくサイトを利用可能です。

そこで、大学生に特に適しているサイトを2つ解説します。

おすすめサイト:ハッピーメール

まず紹介できるのは、ハッピーメールです。
ハッピーメールは、従量課金制の出会い系サイトであり、運営歴は19年以上と非常に長いです。

会員数は、2000万人以上と業界では最も多いです。
会員数が多いと、その分出会いの幅が広がるということになります。

アクティブ率も非常に高いので、会員全体の7割以上が出会えています。
会員数も増加しているので、出会いには最適なサイトといえるでしょう。

それに、大学生が利用しやすいというのは年齢層にあります。

ハッピーメールの年齢層は、20代がメインです。
会員数に対して、7割弱が20代なので、同年代と知り合いたい大学生にとっては非常におすすめなサイトといえるでしょう。

フットワークが軽いということもあり、気軽に出会ってくれる人が多い印象があります。

また、20代の中でも特に学生が多いので、見た目が派手な人が多いです。
それ以外にも、落ち着いたかわいい系の女性も多いです。

顔面偏差値は、出会い系サイトの中で最も高いので、非常におすすめです。

セフレを作りたいと思っている人は、まず登録すべきサイトとして紹介できます。

初心者でも簡単に使えるような仕組みができているので、気になる人は利用してみると良いでしょう。

ハッピーメールについては、下記のページで詳しく解説しています。

・関連ページ>>>ハッピーメールでセフレを作る方法を徹底解説します!
・関連ページ>>>ハッピーメールの口コミ・評判一覧!本当に優良サイト?悪質サイト?

おすすめアプリ:Pairs(ペアーズ)

ペアーズは、ハッピーメールとは異なり、マッチングアプリになります。
月額制のサイトですが、気軽に利用できるという意味では、ハッピーメールに引けを取りません。

マッチングアプリは、一般的に「婚活・恋活」のイメージが強いですが、ペアーズは様々な目的の人がいます。

まず、会員数は1000万人以上登録している点を考えれば、人によって目的が異なるのもわかります。

遊び目的・飲み友達募集等で登録している人も多く、コミュニティなども存在します。

コミュニティに参加すれば、共通の趣味の人を見つけることができます。

まじめな人が多いマッチングアプリでも、お酒関連のコミュニティに入っているということは、尻軽な人の可能性もあります。

出会いが活発な分、誘ってしまえばワンナイト・セフレも簡単です。

しかし、マッチングアプリなので、セフレから恋愛感情を抱くケースが多いので、注意しましょう。

年齢層は、ハッピーメールと同様で、20代の女性が最も多いです。
全体で、6割の20代が登録しています。

次いで、30代も多く約3割存在します。

そのため、20~30代と知り合いたいと思っている人には最適なアプリです。

その中でも、女子大生の数は下記の通りです。

約10万人の学生が登録しているので、多いことがわかります。

同年代と知り合いたいと思っている人や、大学生と交流したいと思っている人には、最適なアプリといえるでしょう。

もちろん、意気投合してしまえば、簡単に出会えるのがペアーズの特徴。

そこから、セフレに発展するか恋人に発展するかは、個人の自由です。

マッチングアプリは、誰かと会う前提で登録することが多いので、結構早い段階で会う約束をすることができます。
私は、早くて1週間程度で連絡先を交換することができました。

人によっては、積極的にラインを聞いてきたりもします。

出会いに対して積極的な人が多いので、口説いてしまえば簡単にセフレにできるかもしれません。

・関連ページ >>Pairs(ペアーズ)の口コミ・評価からガチな評判を検証しました!

 

ワンナイトからセフレになるためには?

出会い系サイトやマッチングアプリが最適な場所ということが分かったところで、ワンナイトからセフレになる方法を解説します。

ワンナイトに持ち込んだとしても、セフレになるのは非常に簡単です。
セックスをした後も、コンスタントに連絡を取り続ければよいのです。

セフレ関係を終わらせないためにも、根気よく連絡を続けましょう。

ワンナイト・セフレ関係が終わってしまうパターンとして、下記の3つがあります。

  • 相手に彼氏ができた・真剣に恋活をし始めた
  • 相手が恋愛感情を抱き始めた
  • 飽きた・セフレ関係が嫌になった

主にこれらの理由が原因です。

まず、相手に彼氏ができたパターンです。
セフレ期間中も、別の男とやり取りすることが多いので、急に彼氏ができたりします。

相手に彼氏ができたら、その彼氏に集中するので関係を継続するのは不可能に近いです。

次に、相手が恋愛感情を抱いた場合です。
セフレということは、基本的に関係を割り切っているので、「セックスだけの関係」と思っている人が大半です。

しかし、女性はセックスをした後によく「私たちの関係って何?」と遠回しに、恋愛関係になりましょうということを言ってきます。
「わからない」「セフレじゃない?」といってはぐらかすことが重要です。

それで、何か相手が求めてくるようであれば、関係を破綻させて別の女性に移行するようにしましょう。

最後に、飽きた・嫌気がさしたというパターンです。

セフレによくありがちですが、セフレ関係になるのが嫌だと思う人も多いです。
基本的には、割り切った関係を継続できれば問題ありませんが、しつこい連絡や彼氏面をしてしまうと、相手に負担をかけてしまいます。

そのため、干渉は一切せず、セックスだけの関係と割り切りましょう。

セフレができた場合は、これらのことを意識すれば基本的に関係は継続します。
しかし、無理にセフレ関係を維持しようとすると、失敗する可能性が高いので注意しましょう。

セフレを継続させるには、下記が必須です。

  • 適度なデート
  • ホテル代・食事代の負担
  • その他雑費

私がセフレとの関係を維持するための、1か月の費用の概算を出してみました。

ホテル代 1.5万~3万
食事代 5000~1万
雑費 1万~2万

ホテル代は、相手に出してもらうとしても都内だと料金がそもそも高いので、月に最大3万円かかることもあります。
また、関係を継続させるためには、セックスなしのデートも必要で、月々雑費として2~3万円が飛んでいきます。

中には、「ヤりたいときだけに連絡してもいいよ!」という人もいますが、そういうタイプは大体短期間(1か月以内)で関係が破綻します。

セフレとはいえ、前提は友達なので、関係を継続させるように様々なことをしなければなりません。
大学生なら、年上の女性を狙う等すれば代金はすべて負担してくれる可能性もあります。

そのため、無理に関係を継続させる必要はないのです。
セフレを維持するよりも、大学生のうちはワンナイト・短期間セフレを作って、経験を積むことを優先しましょう。

出会いの場を活用していれば、セフレを作るのも簡単ですからね。

大学生のうちからスキルを身に着けていれば、出会いがない社会人になったときでも、気軽にセフレができるようになります。

・関連ページ >>女子大生と確実にエッチがやれるアプリ

 

セフレを作り大学生活を満喫!

大学生がセフレを作る方法について解説しました。

セフレを作れば、大学生活が満喫しますし、大学時代に女性関係に活発になる人は増えるのでいい時期です。
そこでアクションを起こすか否かで、今後の女性関係に大きく影響を及ぼします。

それに、セフレを作る際の努力というのは、就職活動や社会人の営業に通ずるものがあります。

  1. セフレ選び・女性の品定め(企業選び・顧客、ターゲットの選定)
  2. アプローチ(自己PR・訪問先への営業)
  3. お持ち帰りの交渉(企業へのアピール・契約を取るための一押し)
  4. 関係を継続させる(就職・取引先にして関係を維持する)

セフレを作れる人は、トーク力・コミュ力があるということなので、就職活動や営業活動もスムーズにいきます。

女性経験を積めば、就職活動に直結することもあるので、大学生のうちは勉強と思ってセフレを作りましょう。
無駄になることはないので、時間があるうちから積極的にアピールすると良いです。

生活に影響することもあるので、紹介した出会いの場はしっかり押さえておきましょう。
出会い系サイトは、気軽に試せるという意味でも非常に適しています。

・関連ページ >>【読めば成功】セフレ募集・セフレを作りたい時に読む指南書!

 




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事