ブログ

増加中!非モテコミットとは何?実態、対策、改善点を紹介します!

「非モテコミットについて知りたい!」
「非モテコミットがダメな理由は?」
この記事はそういう人向けに書いています。

先取結論

非モテコミットは女性から煙たがられる

脱却する一番の方法は女性慣れすること

非モテコミットとは?

非モテコミットという言葉を聞いたことがありますか?

馴染みがない人も多く、イメージが付かない人も多いでしょう。

非モテコミットとは、「特定の女性に固執して、その女性のことばかりを考えて必死にアプローチすること」です。
別の視野で見れば、一途で硬派というイメージに変えることができますが、それは恋愛後カップリングしてからです。

非モテコミットが見れられる人は、恋愛前に一人の女性に固執する人が多いです。
女性からすると、粘着質だと思われる人も多く、煙たがられる人も少なくありません。

非モテコミットの具体例は下記の通り。

具体例

特定の女性を追いかける

自慢やアピールを過度に行う

特定の女性からの連絡に一喜一憂する

特定の女性のために時間を優先している

これらの行動をしている人は、非モテコミットの疑いがあり、モテ男からかけ離れます。
そこで、今回は非モテコミットの具体例と対策を紹介し、モテ男になるための方法を紹介していきます。

特定の女性を追いかける

非モテコミットの男性は、特定の女性のことを考える特徴があります。
具体例を挙げるなら、下記のとおりです。

”好きな女性や気になっている女性がいて、その女性に好かれるために貢ぐことがあると思います。
ある程度貢いで搾取された後に、最終的には振られてしまう。”

相手のことを考えすぎるあまり、盲目になってしまうのが非モテコミットの悪い点です。
元々、非モテコミットになりがちな人が好きになる女性は、男性から金銭面で搾取しようと考えている人が多いです。

女性から好かれたいという一心で貢いで、必死にアプローチします。
食事をおごったり、プレゼントを渡したりと様々。

結局は振られてしまうという出来レースが目に見えています。

一途に追いかけるということは、恋愛では非常に重要です。
しかし、女性によっては「他の異性に相手にされてないんだな」と思われてしまう可能性もあり、それを弱みに付け込まれて非モテコミットと化してしまいます。

いい例が、キャバクラに通っている人です。
仕事と割り切っているキャバ嬢は、お客と恋愛関係になることはありません。

しかし、あらゆる手段を使って振り向かせようとする人は非モテコミット予備軍なので注意しましょう。

自慢やアピールを過度に行う

非モテコミットは、自分の経歴や年収を自慢するという特徴があります。

マッチングアプリで非モテコミット予備軍の人をピックアップしてみました。

予備軍の特徴

会社役員アピール

経営者・社長アピール

高年収自慢

これらの自慢をしている人は、非モテコミットの可能性が高いです。

要は、自分の社会的地位や年収を使って女性を釣ろうとしている男性です。
自然体な男性を求めている女性は、こういう必死なアピールにドン引きしてしまう人もいます。

非モテコミットの男性は、他の女性から相手にされないから社会的地位などを使って女性を集めようとします。
しかし、いざ女性が近づいてくるとその女性に盲目になってしまい、貢というサイクルができます。

最終的には、女性に利用されるだけ利用されて捨てられてしまいます。
他の人にはない地位や年収があるのに、それは勿体ないです。

特定の女性からの連絡に一喜一憂

非モテコミットの男性は、特定の女性からの連絡に一喜一憂します。

高校時代を思い出してみてください。
好きな女性から、メールが来たときはうれしかったですよね。
メールが来なかったら、少し不安になったりします。

その感覚を大人になっても感じている人は、非モテコミット予備軍です。

非モテコミットは普段モテることがないので、女性から連絡が来るだけで喜びます。
また、連絡が来ないと落ち込んでしまいます。

これは、ペアーズにいた非モテコミットと思われる男性です。

非モテコミットの男性は、女性からの返信がなくても連投してメッセージを送る特徴があります。
女性の気持ちを考えることができずに、メッセージを送ってしまいます。

女性からすると、好きでもない相手からガツガツメッセージが来たら、引いてしまう人も多いです。
非モテコミットにならないためには、好きでありながらも相手のことを考えてメッセージをすべきですね。

特定の女性のために時間を優先している

非モテコミットの男性は、特定の女性のためだけに時間を優先しているという特徴があります。

相手に好かれたいという気持ちが先行してしまい、自分の時間を割いてまで相手に尽くしてしまいます。

「食事、仕事、遊び」等すべての時間において、女性を優先してしまうので友達関係にヒビが入る人もいます。

女性は、自分に時間を割くことに対して何の感情も抱いていません。
中には、鬱陶しいと感じてしまう人もいるようです。

視野を広げないと、友達を失う可能性もありますし、仕事や遊びがおざなりになってしまうこともあります。

女性のことを優先すべき時は、あくまでも付き合ったときであり、付き合う前にする行動ではありません。

女性が思う非モテコミット

今回、実際に好きでもない男性からアプローチを受けたという数人の女性から話を聞いてきました。
非モテコミットの男性がしてくる行動について、様々な意見があったので紹介します。

しかし、紹介する前に非モテコミットの男性が抱きがちな恋愛手順について触れます。

非モテコミットの恋愛手順

1.女性と知り合う

2.グループで遊ぶ

3.デートをする(友達目線)

4.告白する

5.カップリング

彼女にしたい女性に近づき、好意を抱いていることを気づかせずに友達関係を継続させカップリングするという方法です。
一般的なアプローチ方法であり、フレンドシップ戦略といわれています。

通常、この流れで進めば確実にカップリングすることができますが、非モテ男子は違います。

非モテコミットに陥りがちなのは、1~3の手順で好きになることです。
相手に盲目になりすぎて、相手から引かれるパターンです。
上手くいったはずでも、非モテコミットに陥ると恋愛は成就しません。

これらを把握した上で、女性が抱いている非モテコミットについて紹介していきます。

恋愛対象外

「付き合う前に貢いできたら申し訳なくなる。恋愛対象として見れなくなる(メーカー/OL/23歳)」
「好きになるのはいいけど、アピールが露骨すぎてドン引きする(営業/パート/25歳)」

付き合う前の段階で、非モテコミットすると恋愛対象外になってしまうケースが多いです。

好きでもないのに、貢がれたりアピールをしたりすると引いてしまうことも多く、友達止まりで終了してしまいます。
当然、そういう相手とは付き合うことができませんし、振られてしまうのが関の山です。

友達として見られている以上、恋愛対象になることはまずありません。
「貢いでくれる都合のいい男」という格付けをされます。

ライン等も既読スルーや未読スルーが増えて、最終的には一切返信が来ないままブロックされてしまいます。

気持ち悪い

「付き合う前に勝手に一途になられると恐い。断ると何されるかわからない。(商社/OL/23歳)」
「ストーカーっぽくて相手にしたくないし、最悪友達でも嫌だ。(メーカー/OL/34歳)」

女性からすると、好意を持っていない相手から一途に好きだと思われることに対して恐怖心を抱く人もいます。
ストーカーっぽく見えてしまう人もいるようで、断った後のことを考えると怖いと思う人もいます。

しかし、自分の好意を寄せている相手からはコミットしてほしいと思うのが女性です。
好きな男性から、一途に思われることは嬉しいし幸せです。

ただ、非モテコミットは相手のことを考えずに、自分の思いだけを伝える行為なので気持ち悪いと思われてしまうことも多々あります。

非モテコミットのLINEを公開

非モテコミットの実態が分かったところで、話を聞いた女性に非モテコミットとのラインを提供してもらうことに成功しました。

2人の非モテコミットとのラインを紹介するので、該当する人は即座に気持ちを改めましょう。

PCMAXを通じて仲良くなった男性とやり取りをしたという女性。
相手から自撮りを送ってほしいといわれて、送ったという流れです。

相手が写真を求めてくるようになり、一度目の既読無視。

すると、連投でメッセージを送ってきたというパターンです。

非モテコミットは、相手のことを考えることができず、自分主導で物事を進めがちです。
そのため、自分の私利私欲を満たすためにラインを送ってくることがあります。

ラインの内容にもよりますが、既読スルーをされた場合は落ち着いて判断するようにしましょう。

同じ大学の非モテコミットに、ラインを送ったという流れです。
最初は、メッセージを送ったものの返信が面倒になり既読スルー。

そして、翌日に対して会わないのに会える約束をしようとしてきます。
それも既読スルーすると、悲観的なメッセージ。

典型的な非モテコミットの例です。

自分からラインを送ることもありますが、相手からラインが来ると好意があると勘違いして、ラインを無理に続けようとします。

また、最後のメッセージもポイントです。
自分が構ってもらえないことがわかると、悲観的なメッセージを送ってきます。

このラインを提供してくれた女性は、「本当に面倒な男」と言っていました。
しかし、まさにその通りで、女性からすると勝手に好意を抱かれているだけです。

好きな男性からアプローチを受けている時と訳が違うので、雑な対応をしてしまうのも当たり前です。
しかし、非モテ男子はそれを一切察することができないので、健気にメッセージを送り続けるというサイクルができるわけです。

非モテコミットを脱却する4つの対策

非モテコミットをしてしまうと、女性から敬遠されてしまうだけではなく、一生非モテ男子として生涯を終えてしまいます。

しかし、少し意識を変えることで簡単に非モテコミットを脱却することが可能。

そこで、非モテコミットを脱却する4つの対策を紹介します。

非モテコミット脱却対策

特定の女性を負いすぎない

他のことに没頭する

惚れやすい性格を直す

出会いを増やして幅を広げる

この対策を意識すれば、非モテコミットとは遠い存在になります。

特定の女性を追いすぎない

非モテコミットを脱却したいなら、特定の女性を追うのはやめましょう。
一人の女性に固執していると、周りが見えなくなり、振られたときに大きなショックを受けてしまいます。

そのため、少し余裕をもって複数の女性とやり取りするようにしましょう。

一途な気持ちはわかりますが、複数の女性を吟味した上で仲良くなって付き合えそうな女性にのみ一途になれば良いです。
友達の段階で、女性を絞って一人に固執していると、盲目になりすぎて友達止まりで終了します。

また、近づくときも必死さをアピールしないようにしましょう。

非モテ男子は、社会的地位を使って女性に近づこうとします。
「僕は高年収だから、仲良くしませんか?」というスタンスで、最初から近づくと女性から距離を置かれます。

初対面の相手や、知り合って間もない人に女性と知り合えない必死さをアピールするのは、まさに非モテコミットです。

脱却したいなら、相手と仲良くなることを前提に考えた落ち着いた話題で近づくことをオススメします。
相手と打ち解けて、内情を知ることができたら自分の情報を少しずつ小出しにしていくと良いでしょう。

社会的地位は武器にもなりますが、重荷になることもあるので要注意です。

他のことに没頭する

非モテコミットを脱出するには、女性に固執しないことが重要で、それ以上に没頭できることを見つける必要があります。

仕事や趣味が良い例であり、女性の優先順位を限りなく低くすることで非モテコミットを脱出できます。

最も、非モテ男子は女性からアプローチを受けると、その女性にばかり時間を割いてしまい仕事や趣味への時間を一切かけなくなります。
しかし、それでは非モテコミットをするだけなので、時間の無駄です。

女性を第一優先にするのではなく、普段の生活では趣味や仕事を優先してい、自分が女性と絡みたいときに連絡するのが一番程よいです。

その意識を変えるために、まずはマインドを調整するようにしましょう。

「この女性以外にもたくさんいる」
「離れていっても問題ないし、他の女性に手を出せばいい」

この様な心のマインドができれば、男性としての余裕の元非モテコミットから脱却することが可能。

女性にばかり固執していると、余裕がないことを女性から悟られてしまい気持ち悪がられたりもします。

女性の優先順位を限りなく低くして、仕事や趣味に没頭することができれば確実に非モテコミットを脱却できます。

惚れやすい性格を直す

非モテコミットになる最大の理由は、惚れやすい性格です。
友達関係から、恋愛感情を移入するということは、友達になるという段階を省いていることになります。

通常、上記の流れで恋愛は進み、上手くいけば恋愛関係に移行します。
しかし、恋愛関係に移行しなくても友達として割り切ることができるので、問題ありません。

非モテコミットの場合はこのサイクルで、恋愛感情を抱きます。
通常の男性の場合に比べて、早い段階で恋愛感情を抱くので、友達関係を省いて好きになります。
惚れやすい性格が、このサイクルを作り上げています。

惚れやすい性格を直せば、非モテコミットを脱却することが可能です。

また非モテ男子は、好きという感情を女性に悟られていないと思っていますが、簡単に悟られています。
女性からの意見で分かったように、露骨に態度に表しているので、すぐにバレてしまいます。

相手に気持ちを悟られてしまうと、友達関係のまま終了し、恋愛関係に移行することはありません。

非モテコミットを脱却したいなら、友達関係を長くして、その延長で恋愛関係に自然と移行するのが重要です。
短期間で恋愛関係に移行しようとすると、必ず失敗してしまうので控えましょう。

出会いを増やして幅を広げる

好きな人や恋人がいると「運命の人に出会えた」と思って、思わずその人に夢中になってしまいます。
しかし、その人との恋愛が終わると多大なショックを受けてしまいますよね。
これは、まさに非モテコミットの例といえるでしょう。

「運命の人」といっていますが、非モテ男子の場合は女性と接する機会がほとんどないので、「この女性を逃したらチャンスがない」というマインドが働いてしまいます。

好きという感情はそこまで存在せず、「チャンスを失いたくない」という気持ちから女性に没頭してしまうわけです。

確かに、一人の女性を好きになることも重要ですが、非モテコミットを脱却するなら複数の女性と知り合って幅を広げることが重要です。

一人の女性に固執していると、本来出会うべき相手と出会えなくなりますし、それこそチャンスを逃している可能性が考えられます。

非モテ男子は、最初から女性を絞りたがるので、気になる女性がいても一人の女性に没頭します。
余裕がある人は、複数の女性とやり取りして、その中で行ける人を選んで確信がある人に没頭します。

没頭するという意味では、どちらも同じですが、選び方が異なります。

付き合う前なので、複数の女性とやり取りすることは問題ありません。
女性を精査して、自分に適している女性を格付けするというのも、恋愛では必要です。

モテ男になる3つの方法

非モテコミットを脱却することができたら、次はモテ男になる努力をしなければなりません。

余裕をもって、女性に接することができれば、非モテコミットを脱却する他簡単にモテ男になることができます。

モテ男になる3つの極意

清潔感と誠実さを磨く

マッチングアプリ等で女性慣れする

余裕を持つ

これらの3つの方法を意識すれば、確実にモテ男になれるのでそれぞれ紹介していきます。

清潔感と誠実さを磨く

モテ男になりたいなら、まず清潔感と誠実さを磨くことが重要です。

ここで言う清潔感は、見た目の清潔感ではなく、スマートに見えることを意識しましょう。

簡単にチェンジすることができるのは、ファッションです。
カジュアルな恰好を意識すれば、清潔感のある雰囲気を出すことができます。

「スーツ、ジャケット」等小奇麗に見える恰好を意識すると良いでしょう。
下記でマッチングアプリについて触れますが、プロフィール写真を設定することがあります。

明らかに陰険そうな雰囲気を見せるよりも、清潔感をアピールしたほうが女性からのアクションは多いです。

Tinderで女性からアクションが来やすい写真の例です。

・関連ページ >>Tinderの口コミや評価は?7000マッチした私が教える攻略法

カジュアルな恰好で清潔感を出したり、スポーツをしている風景を移せばさわやかさを演出することができます。

誠実さに関しては、慎重に女性に近づくことで磨くことができます。
非モテコミットをしがちな男性は、すぐに女性に近づいて勝手に好きになるパターンが多いですが、モテ男になりたいなら余裕を持ちましょう。

どの女性にも近づこうとする男性は、女性から敵対視される可能性があります。

恋愛に対して真面目であることを女性に伝えれば、誠実さをアピールできます。

マッチングアプリ等で女性慣れする

非モテコミットに陥りがちな男性は、女性慣れしていないことが理由として挙げられます。

一人の女性に固執してしまうのは、普段の生活から女性に相手にされないことが理由です。

女性慣れするためには、マッチングアプリや出会い系サイトに登録して出会いの幅を広げるようにしましょう。

モテ男は、マッチングアプリ等に必ずといっていいほど登録しています。

マッチングアプリの中で、最大手といわれているのはペアーズです。
会員数は1000万人と非常に多く、女性のアクティブ数は2019年現在で約110万人です。

全国どこでも出会うことができるマッチングアプリなので、非モテコミットを脱却するには非常に効果的です。
実際、私もペアーズを利用していますが、1か月利用した結果が下記の通りです。

ペアーズ検証

1週間でもらったいいね:85件

1か月でマッチングした数:229件

現在でもやり取りが継続している人もいて、会う約束をした人が数名存在します。
元々は、非モテコミットだった私も、マッチングアプリに登録してからマインドが変わりました。

多くの女性と知り合う機会ができて、気づけば女性慣れしていました。

女性が多い環境に身を置くと、一人の女性に集中している暇がなくなります。
そのため、自然と非モテコミットを脱却することが可能。

出会い系サイトでも同様です。
会員数が2000万人と最も多い、ハッピーメールのメールボックスです。

マッチングアプリに比べると、サクラや業者が多いですが、素人の女性からメッセージが来ます。
こちらも簡単に非モテコミットを脱却することができるのでオススメです。

メッセージを続ければ、モテ男になるのも夢ではないので、マッチングアプリ等に登録するのは必須です。

余裕を持つ

モテ男になるために最も意識したいポイントは、余裕を持つということです。
男の余裕に女性は惹かれることが多く、どういう局面でも動じないということが重要です。

一人の女性だけを相手していると、余裕がなくなってしまいます。

「この女性以外にもほかの女性が大勢いる」というマインドの元生活すると良いでしょう。
マッチングアプリを利用すれば、簡単にそのマインドにチェンジすることができます。

心に余裕ができると、一人の女性に縛られることもなく、自然と非モテコミットを脱却します。

関連記事