探し方・作り方・募集方法・会えるアプリ・サイト

愛人はどうやって作る?作り方・出会う場所を徹底解説【出会い系?交際クラブ?】

愛人はどうやって作る?作り方・出会う場所を徹底解説【出会い系?交際クラブ?】

「愛人の作り方を知りたい!」
「愛人はどうやって作るの?」

この記事はそういう人向けに書いています。

愛人になるためには、様々な条件が存在するといわれていますが、特に関係ありません。
中には、「愛人は年収800万円以上ではないとなれない」という人もいますが、正直必要ありません。

要は、自分の相手をしてくれる既婚者・独身女性を狙えばいいだけです。

今回は、愛人の作り方や作れる場所について解説します。

愛人を作る際に起こる3つの誤解

愛人は一般的にイメージが良くないですが、抵抗がない人も存在します。

また、愛人を作る際に様々な誤解を感じている人も存在します。

  • そもそも作るのが難しい
  • 高年収である必要性
  • リスクが高い

主にこれらの誤解を感じている人がいますが、どれも愛人を作る際の条件には当てはまりません。

そもそも作るのが難しい

愛人を作るのが難しいという人もいますが、実際そこまで難しくありません。

結婚相手を見つけるように、婚活のようなことをしなければなりませんが、相手さえ見つけてしまえば簡単に愛人ができます。

近年では、出会い系サイトが増え始めて、ネットでの出会いが盛んになったということもあって、愛人も作りやすい状況になりました。

活性化するまでは、リアルで知り合う必要がありましたが、現在はネットで出会うのが主流なので、気にする必要はありません。

高年収である必要性

「愛人を作るのはお金がかかる」と思っている人もいますが、正直そこまでかかりません。
風俗で抜いてもらうよりも安いですし、サイトによっては5000円以内で作ることも可能です。

近年増加しているのは「ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX」といった出会い系サイトです。
出会い系の料金は5000円程度も使えば、複数人の女性の連絡先を交換できます。

また、割り切りをする場合は月に5万円程度で済みます。

・関連ページ >>割り切りの相場※値段やプレイ内容や時間は何分?【年代別相場や交渉のタイミング】

※肉体関係を結ぶと援助交際になります。

・関連ページ >>出会い系での割り切りは犯罪?【援交・売春で違法になる境界線】

 

「愛人を作るには高年収である必要がある」といわれますが、正直年収は関係ありません。
年収300~500万円程度でも十分作ることはできますし、家庭を捨てる覚悟があるならもっと低くても問題ありません。

リスクが高い

愛人は、作り方を間違えるとかなりリスキーなものになります。
特に、知り合いなどが多い地元で作ってしまうと、非常にリスキーです。

しかし、安全な出会い系サイトを使えば、多少のリスクを解消できます。

無料の出会い系サイトでは、金銭を搾取するような詐欺まがいのことをしてくる女性もいるので注意しましょう。

セキュリティ面がしっかりしている出会い系サイトなら、運営による規制がかかるのでトラブルも少ないです。

それに相手が「愛人募集しています」とプロフィールに書いている人もいます。

この様なタイプを狙えば、確実です。

・関連ページ >>日本の不倫率は高い?不倫の割合を数値を元に徹底解説!

 

愛人の定義

愛人といっても、どの程度が愛人なのかわからない人もいます。

特に、愛人関係と不倫関係の基準がわからないという人が多いです。

それぞれ解説すると下記のとおりです。

  • 愛人:金銭援助を目的とした不倫関係のこと
  • 不倫:既婚者が浮気をすること

正式な定義ではありませんが、一般的に女性にお金を渡すことが主流です。

世間では、「愛人契約」という人も多く、月に5~10万円程度のお金を渡すという契約の元、不倫をするというものになります。

パパ活は独身男性が行うイメージが強いですが、愛人契約は既婚者顔行うイメージです。

そのため、基本的なフローはパパ活と同じといえるでしょう。
都度お金を支払うのか、月々まとめて渡すのかは個人差があります。

愛人つくりでNGな2つのパターン

愛人の作り方は様々ですが、NGなパターンも存在します。

特に、下記の2点はトラブルになりやすいので注意しましょう。

  • 金銭関係がない愛人契約
  • 地元・会社での愛人契約

この二つは、特にトラブルになりやすいので注意しましょう。

金銭関係がない愛人契約

まず、大半の男性が思うのが「お金は渡さずに愛人関係を募集したい」ということです。

これは、単純に言うと不倫です。

しかし、不倫をするとリスクしか生まれません。

不倫と愛人契約の明確な違いは、金銭援助をするかどうかです。

愛人契約の場合は、お金を支払っているので、ある程度相手も関係について黙秘します。
愛人契約が周りにバレてしまうと、社会的信用を失うこともあるからです。

しかし、不倫関係の場合は、女性にとって肉体関係のみなので、メリットもデメリットも存在しません。
関係を切るときに、被害者面をすれば、社会的信用を失わずに済みます。

中には、家庭や職場に連絡をして、崩壊させることもあります。
不倫関係は、自分の社会的地位を失う可能性があるので、おすすめしません。

お金というつなぎ目があるからこそ、リスクを回避できるわけです。

地元・会社での愛人契約

地元・会社で愛人契約をすることは絶対に控えましょう。

地元で愛人契約を結んだ場合は、お互いにとってデメリットになります。

まず、愛人契約を結んだ男性は、女性との関係がバレると一瞬でうわさが広まります。
もちろん、家庭にもそういう噂が流れてしまうので、家庭崩壊するのも秒読みです。

女性の場合も同様で、あまり良い印象は抱かれません。

会社の場合も同様で、狭いコミュニティなので、噂が広まるのも非常に早いです。
会社は特に、自分の社会的地位があるので、バレた時点で再就職すら絶望になります。

解雇と自主退職は違いますし、愛人契約がバレると解雇になりかねませんし、リスクが高まってしまいます。

愛人を作るために最適なツール

愛人についてのリスクや作り方がわかったところで、作るためのツールについて解説します。

現代は、リアルで探すというよりもネットで探すのが主流になっています。

主に、下記の2つが挙げられます。

  • 出会い系サイト:基本的に自由、既婚者でも問題ない
  • 交際クラブ:費用が高い、上質な出会いを提供してくれる

それぞれメリットとデメリットがありますが、どちらかを利用すれば愛人を簡単に作ることができます。

特に、出会い系サイトは簡単に愛人契約ができる女性がそろっています。

女性も自ら募集していることが多いので、自分に合ったツールを選ぶことをおすすめします。

・現在の最新ランキング >>先月・今月の出会い系ランキング
※お試しポイント付き(女性は完全無料)

 

出会い系サイト

「愛人契約を結びたいけど費用はかけたくない」という人におすすめなのは、出会い系サイトです。

月々5000円程度の余裕があれば、簡単に見つけることができます。

出会い系サイトは、身分証を提示しなければならないので、トラブルにつながりにくいというメリットがあります。

愛人契約・パパ活募集が多いといいうこともあり、男性は女性を選び放題です。

基本的な手順は下記の通り。

  1. 条件に沿った女性を見つける
  2. メッセージ交換をして連絡先交換をする
  3. 条件交渉をする
  4. 会う(愛人契約)

この流れです。

プロフィール検索などをすると、条件に沿った女性が表示されます。

相手も愛人契約を求めているので、条件交渉を求めてきます。

しかし、サイト上で交渉すると利用規約違反なので、早い段階でライン交換してくれます。
(目安は3~5通程度)

1通50円で送れるので、250円程度で交換できます。

そして、条件交渉をして問題なければ無事愛人契約となります。

出会い系サイトは、既婚者でも登録しても良いので、不倫・愛人契約には最適なツールです。

愛人を作りたいと思っている人は、出会い系サイトに登録すると良いでしょう。

・関連ページ >>不倫パートナー探しは出会い掲示板で既婚者が出会っている現実

 

交際クラブ

交際クラブは、基本的には愛人を作りたいと思っている人が登録しています。
入会する際に、審査が存在し、「収入、性格、職業」等で判断されます。

無事、入会することができれば、女性を選びます。
ホストで言う男本のように、女性の簡単なプロフィールが記載されたアルバムを渡されるので、好みの女性を選びましょう。

男性がするのはそこまでで、あとは店側がデートをセッティングしてくれます。
日時・場所なども指定してくれるので、写真を指定したら実質待つだけです。

交際クラブは一般的にハイレベルの人が集まっているので、「お金を払ってでも上質な女性と出会いたい」という人に向いています。

交際クラブは、下記の手順で進んでいきます。

  1. 入会手続きをする
  2. 面談(1時間程度)
  3. 登録
  4. 女性を探す
  5. デート

面談は、登録に本当に適しているのかどうかを判断されます。
ある程度の収入があれば、誰でも通ります。

審査が完了したら、登録を済ませるだけです。

あとは、女性を探してデートをセッティングするのみです。

入会金はお店によって様々ですが、平均相場は5~10万円程度です。
さらに、女性を一人紹介してもらう度に紹介料で3万円程度必要です。

そのため、ある程度金銭面に余裕がある人ではないと、利用は厳しいです。

クラスによって分けられるとはいえ、出会い系サイトに比べると、高額です。

おすすめ交際クラブ2選!

愛人を作りたいと思ったときに、交際クラブと出会い系サイトがおすすめという話をしました。
そこで、愛人契約をしやすい交際クラブを解説します。

特におすすめできる交際クラブは、下記の2つです。

  • ユニバースクラブ(グループ)
  • シュガーダディ

これらのサイトは、交際クラブの中でも非常に優秀です。
いずれも、全国に1万人以上の利用者が存在するサイトであり、女性との出会いに期待できます。

金銭面で節約したい人は、シュガーダディがおすすめです。
上質な出会いを求めている人は、ユニバースクラブがおすすめです。

ユニバースクラブ

ユニバースクラブは、全国15個の地域で利用することが可能な、交際クラブです。
日本で最も会員数が多い交際クラブとして紹介されることも多く、テレビや雑誌等のメディア掲載実績もあります。

入会する際の条件も存在し、完全審査制となっているので、上質な出会いを提供するコンセプトで運営されています。

気になる料金ですが、下記の通りです。

クラスによって分かれており、最低3万円から入会可能です。
デートのセッティングまでお店が行ってくれます。

最大で30万円のプランが存在し、女性のグレードも上がります。

スタンダートクラスでは、一般的なレベルの女性を紹介されます。
料金を支払えば、女性のレベルも上がるという認識で問題ありません。

実際に、サイトで女性を閲覧することができ、ソープやデリヘルのようなパネル写真が並んでいます。
条件に合致すれば、好みの女性を選んでデートをするという流れになります。

入会する際は、面談が必要となり、サイト上の応募フォームで基本情報を入力した後に、面談の日時を決めます。

面談が完了して、審査に通れば無事入会完了となります。

女性会員は、平均で1日に30人程度入会しているということもあり、増加傾向にあることがわかります。
月に約900人増加しているので、常に新鮮な出会いにつながるという特徴があります。

公式サイトでは、毎月の会員数の遷移を発表しています。
2019年5月の実績は、779人でした。

会員を見る限り、全国で登録されていますが、やはり五大都市の登録者が多いです。
最も多いのは東京であり、出会いが盛んなことがわかります。

違法ではないですよ。売春はグレーですが、愛人探しは問題ないです

引用:Yahoo知恵袋

ユニバース倶楽部」「銀座クリスタル」というのは優良だとやはり聞きますね。老舗だったり女性の質が良いというのはやっぱり選ぶポイントになるのでは?

引用:Yahoo知恵袋

口コミにもある通り、サイト自体に違法性はありません。
そのため、心行くまで愛人を作ることができるわけです。

特に、ユニバースクラブは交際クラブの中でも大手サイトなので、安心して利用できるという点で適しています。

ユニバースクラブでは、交際クラブとしての役割もありますが、パーティー・イベントを開催するオーガナイザーでもあります。

会員に限りますが、ユニバースクラブに登録しているユーザーならだれでも参加資格があるイベントが開催されています。
この様なイベントに参加すると、普通に知り合うよりも多くの女性と知り合える機会も増えます。

積極的な女性が多いということもあって、その場で連絡先交換をして、愛人契約の条件交渉をしても問題ありません。

大手サイトという安心感もありますし、出会いに貢献しているという点を考慮すると、非常におすすめなサイトです。

交際クラブに登録しようと思っている人は、参加してみると良いでしょ。

シュガーダディ

シュガーダディは、全国どこに住んでいても利用可能な交際クラブです。

ユニバースクラブに比べると、会員数は少ないですが、大手の交際クラブとして紹介されることが多いサイトです。

入会資格は存在せず、マッチングアプリのような感覚で利用可能です。
特に面談もありませんし、気軽に始められる交際クラブです。

料金プランについては下記の通りです。

月々4980円から利用可能であり、長期プランを契約すると、月々の料金がお得になります。

無料登録も可能であり、様子を見るという意味でも一度無料会員として登録するのもありです。

効果的に使うには、無料会員になって使用感を確かめて、1か月会員で登録してみると良いでしょう。
そして、波長が合えば長期プランを契約するという流れが良いです。

会員データは下記の通り。

圧倒的に女性会員が多く、男性会員の割合が少ないので、男性はチャンスです。
マッチングアプリで、女性の数が多いのは稀なので、しっかり利用しておきたいものです。

また、公式サイトには男女の目的について書かれています。

シュガーダディを利用する上での、注意点のような感じです。
女性は出会いを求めている人が多いので、真剣に対応しましょうということが書かれています。

基本的には、女性主導で考えることが多いということもあり、女性を優先したほうが良いということが書かれています。

そこで、シュガーダディに登録して、どういう実態なのか検証してみました。

個人情報は隠していますが、メールアドレスを入力すると基本情報を入力する画面に遷移します。

年収などを入れる項目は存在しませんでした。

しかし、登録完了の項目で求められます。

様々な状況を入力することができ、詳しく入力すればするほど女性とマッチングする確率も高まります。
年収も入力可能なので、適切な情報を入力しましょう。

手順に沿って入力をすれば、登録が完了しました。

メインページを見た感じ、通常のマッチングアプリと変わりません。
女性が表示されており、その女性にアタックして愛人契約の交渉をするという形ですね。

実際に女性のプロフィールを閲覧してみましたが、出会い系サイトと変わりませんでした。
条件を入力しており、その条件に沿って男性がアタックするという形です。

しかし、マッチングアプリとは異なり、マッチングする必要はありません。
直接メッセージをすることができるので、非常におすすめです。

しかし、基本的に登録している女性はパパ活・割り切りを募集しています。
愛人契約を結びたいと思っている人には最適ですが、純粋に出会いを求めている人にはおすすめできません。

検索に関してですが、「年齢、地域、交際タイプ」しか絞れません。
そのため、精度は非常に低いです。

レベルも選べませんし、顔写真を登録していない人がほとんどなので、判断基準が少ないです。

業者・サクラは存在しなさそうですが、希望の女性を探すのは困難です。

また、全国で検索することが可能ですが、地方になるとアクティブ率が少ないです。
出会えずに辞めた人もいるので、おすすめできませんね。

掲示板も存在し、この辺はポイント制の出会い系サイトと変わりません。
こちらも、無料会員で閲覧可能です。

投稿している女性のプロフィールを、いくらか閲覧してみました。

パパ活を募集している女性です。
急な出費があるようで、金銭支援を求めているとのことでした。

肉体関係を求めていないようで、食事だけの関係を求めているそうです。

ルックスは、下の中くらいなので、正直ねらい目にはなりませんね。
ニートというのもポイントであり、このようなタイプを愛人にしてもメリットはありません。

愛人にするくらいなら、少しでも条件が良い人を見つけることをおすすめします。

既婚者として登録している女性です。
息抜きができないということもあり、家庭に不満を抱いているタイプの女性です。

主婦という傍らで、サイトを利用している人もいるということです。

自己紹介に、体系やカップ数を書いているので、割り切りの可能性が高いです。
愛人契約もできそうですが、相手も既婚者ということもあって、ダブル不倫になってしまいます。

リスクを考えて付き合う必要がありますが、肉体関係を結ぶには最適です。

シュガーダディには、訪問者という項目も存在します。
これは、出会い系サイトで言う足跡機能です。

自分のプロフィールに訪れた人を確認できます。
女性会員のほうが多いということもあって、頻繁に女性からの足あとが付きます。

気になったら、ここから探すのもありです。

また、女性のプロフィールからは、デート可能日を閲覧できます。
相手が空いている時間を把握することができるので、非常に効果的です。

自分が空いている時間を相手に伝えれば、すぐに会うことが可能です。

条件が合致すれば、基本的に会えます。

シュガーダディの基本機能は以上になります。

メッセージ以外なら、無料でコンテンツを利用することができるので、お試しとして登録してみると良いでしょう。
しかし、登録している人のすべてが、パパ活・割り切りを求めているので、完全にそういう目的の人しか登録しないことです。

特に、愛人契約をしたいと思っている人には最適です。

最後に、禁止事項について触れておきます。

禁止事項13項には、「援助交際、売春、買春」等の目的で登録することを禁止すると書かれています。
そのため、体の関係を結んだ時点でアウトということです。

・関連ページ >>割り切りしてる女性の特徴【業者(援デリ)と素人の違い・見分け方】

 

相手が最初からそういう目的なら問題ありませんが、強要した時点でそのやり取りを通報されることもあります。
そうなると、退会処分を食らうこともあるので注意しましょう。

禁止事項ではありますが、サイト上でやり取りして移動すれば、運営の管轄外になってしまいます。
仮に、金銭面の条件交渉をする際は、サイト上ではなく移動先で行ったほうが安心です。

おすすめ出会い系サイト2選!

交際クラブは、パパ活・愛人契約に非常に向いていることがわかりました。

特に、シュガーダディは月に5000円程度で始めることができるので、年収が低い人でも十分始められます。

愛人契約を結ぶには、最適なツールです。

しかし、出会い系サイトも負けていません。

出会い系サイトは、月額制ではなく、ポイント制がほとんどです。
ポイント制の場合は、自分が使いたい範囲内で使えるので調整が利きます。

私がおすすめする出会い系サイトは、下記の二つです。

・PCMAX

・ワクワクメール

他にもサイトは存在しますが、「キーワード検索」があって、業者を判別できるサイトとなるとこの2つに限られます。

会員数も多いサイトなので、愛人契約を募集したい人には最適です。

・今現在のおすすめランキング >>先月・今月の出会い系アプリ・サイトランキング
※お試しポイント付き(女性は完全無料)

 

では、実際にこの2つのサイトを解説します。

PCMAX

PCMAXは、初心者には非常におすすめです。
ポイント制であり、1通50円からメッセージを送れます。

愛人契約で必要なコンテンツは下記の通り。

  • メッセージ送信:5PT/50円
  • プロフィール閲覧:1PT/10円
  • 掲示板投稿:無料(条件あり)

基本的にはこの3つしか使用しません。

効率が良い方法は、パパ活を募集している人を見つけてやり取りするか、愛人契約を求めている人を探すかです。

探す方法としては、「プロフィール検索」か「キーワード検索」があります。

まず、プロフィール検索です。

プロフィール検索は、条件を入力することができますが、今回はその中でも「キーワード検索」を解説します。

ページ最下部に存在するツールです。

これは、純粋なキーワード検索とは異なります。

このキーワード検索は、「プロフィール内の言葉を検索する」というものです。
プロフィールに「パパ活募集しています」という人を探したいなら、「パパ活」と検索すると出てきます。

純粋にパパ活と検索しても良いですが、規制されていたりするので「p募集」「理解してくれる」等連想されるワードを探すと良いでしょう。

また、純粋に「愛人」と契約しても問題ありません。

そちらのほうが回りくどくありませんし、純粋に愛人契約を求めている人を見つけられます。

プロフィール検索をしてみた結果ですが、愛人を募集している人が表示されました。

しかし、実際は「愛人とかいらない!」「旦那が愛人を作っていて」というプロフィールが多かったです。
「愛人契約をしたいです!」というプロフィールが少ないので、狙うなら「パパ活」と検索したほうがよさそうです。

次に、キーワード検索です。

キーワード検索は、「掲示板内からワードを拾って検索する」という検索方法になります。
プロフィールに比べると、条件を求めている人を検索できるので、かなり効率が良いです。

「愛人」「パパ活」といったワードで検索すると、豊富なユーザーが出てきます。

いずれのパターンで、ワード検索をしてみました。

愛人で検索した結果になります。

「愛人のようなデート」「旦那が愛人を作っている」という内容でした。

しかし、中には「不倫願望」という人もいて、実際に投稿内容を見てみました。

少し怪しい感じもしますが、不倫を求めている人です。
出張中の2か月だけの期間になりますが、セフレ関係を求めている女性です。

相手も家庭があるので、お互いリスクを抱えながらの出会いになります。

愛人で検索した場合は、ヒットの条件がそもそも少なく、7件しか表示されませんでした。
一般的に、愛人を掲示板で募集するのは少ないようです。

そのため、次は「パパ活」で調べてみました。

パパ活に関しては、そもそもパパ活を求めている人を探すことができるので、効率は良い方です。

ワードを検索すれば、条件に合致した人を見つけられます。

愛人契約をしたいと思っているなら、「パパ活」と検索しましょう。

実際に、パパ活を募集している女性です。
カカオを送ってくれれば、そちらでやり取りするというタイプですね。

このパターンは、かなり良心的です。

そもそも、愛人契約をするにもパパ活をするにも条件交渉は必須です。
しかし、金銭面でのやり取りをすることは、サイト上で禁止されています。

女性も男性も、早めに移動したほうが、手っ取り早く交渉を進めることができるわけです。

もちろん、女性によって異なる部分はあります。
交換してから仲良くなって条件交渉したほうが早いので、早い段階で連絡先好感を持ちかけることをおすすめします。

この様に、PCMAXには様々な条件で愛人を作れることがわかりました。
肉体関係をのなしに契約をする人も多く、純粋にご飯だけの関係を求めることもあります。

しかし、愛人を作りたいと思っている人にとっては、最適なツールなので、利用してみると良いでしょう。

交際クラブよりも安いですし、相手が「愛人契約」「パパ活募集」を求めているなら、早い段階で移動できるので初期費用は掛かりません。

そのため、女性を狙うとしたら最初から条件交渉ができそうな人を選びましょう。

・関連ページ >>PCMAXの口コミ・評判からわかる実態とは?本当に出会えるサイト?

 

ワクワクメール

ワクワクメールは、検索条件が充実しているため、愛人契約をしたいと思っている人には最適なツールといえます。

PCMAX同様に、ポイント制になっています。
メインで使うコンテンツは、下記の通りです。

  • メッセージ送信:5PT/50円
  • 掲示板投稿:無料(条件あり)

ワクワクメールは、プロフィールが無料で閲覧できるので非常に良心的です。

掲示板投稿に関しても、20種類以上ある掲示板が、1日1回無料で投稿できます。
そのため、実質ポイントをかけることなく使用することができるので、非常におすすめです。

ワクワクメールで、愛人契約をしたい場合は、「プロフィール検索」を行いましょう。

プロフィール検索では、条件を絞れるので非常におすすめです。

また、愛人を探したいと思っているなら、一口コメントを利用しましょう。

一口コメントは、プロフィールに含まれた言葉を検索することが可能なツールです。
条件検索なども引き継がれるので、それぞれ自分の条件に合った女性を検索してみると良いでしょう。

実際に、検索した結果、様々な女性が表示されました。

PCMAXに比べると「愛人になりたいです」「過去に愛人をしていて」という内容が多いので、精度は非常に高いです。

条件交渉などは、外部サイトでする必要がありますが、相手を判断すれば問題なく交渉できます。

例えば、この女性は愛人契約を募集していますが、内容的に非常にアダルトなので業者の可能性が高いです。
先ほどのPCMAXの内容もそうですが、プロフィールにアダルトな内容が含まれている場合は、業者と判断しましょう。(参照ページ >>アダルト出会い系アプリ・サイトランキング【大人の出会いを作る方法と解説】)

純粋に、愛人を募集している人は、プロフィールで多く語りません。

この女性は、内容について具体的に書かれているので素人の可能性が高いです。
「詳細などはメールをください」といっているので、メールしてみる価値はあります。

「愛人」と契約すると、業者が多く表示される可能性が高いので、個人的には「パパ活」で検索することをおすすめします。

この様に、素人っぽい書き込みが非常に多いです。
愛人ではどうしても「エッチな関係を求めています」というものが多く、判別がつきにくくなってしまいます。

しかし、パパ活なら「お金が欲しい」という人が多いので、愛人契約を探している人には最適です。

掲示板も使えますが、PCMAXのようにキーワード検索ができるわけでもないので、効率は悪いです。

仮に、利用するとしたら、「パパ活・愛人契約を求めています」という条件で投稿してみましょう。

同じ内容で、違う掲示板に複数回投稿すると、メッセージが来るパターンもあります。

・関連ページ >>【優良サイト】ワクワクメールの口コミ・評価を徹底解説!

 

まとめ

愛人の作り方と作る方法について解説しました。

作り方は人によって異なりますが、様々なパターンがあります。

安心して作りたいなら、交際クラブに登録しましょう。
ユニバースクラブは、高額ですが出会いが保証されています。

条件が合致すれば、女性と会えるツールとして使えます。

シュガーダディに関しては、安価で利用することができるので、年収が低い人でも十分使えるサイトです。
それに、利用している女性が、愛人契約を募集してるので、かなり効率的です。

次に、出会い系サイトになります。

出会い系サイトは、ポイント制のところがほとんどです。
ポイントを消費しつつ、愛人契約をすることになります。

定額制に比べて、条件交渉に持ち込めば、早い段階でライン・カカオに移動できます。

移動後はポイントもかからないので、便利です。

安い費用で女性と会って、愛人契約をしたいと思っている人には最適です。

しかし、その分「冷やかし・業者」なども存在するので、注意しましょう。

愛人契約は一般的に、「高年収しか無理」といわれていますが、ツールによっては簡単に結ぶことができます。

効率よく愛人を作るためにも、自分に合ったツールを見つけて利用することが重要になってきます。




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事