やらみそ女子の特徴【男性から見た「30代で処女」の女性とは】

やらみそ女子の特徴や、男性から見た「30代で処女」のやらみそ女性に対して、どういった風に思われているのかを紹介しています。

やらみその意味


セックスに対して誰しも興味を持つものであり、多くの方が20代で経験を持っています。


中には10代で経験する方もいます。
そのような環境下で、30歳になっても経験を持っていない方が実在します。


30歳でセックス経験のない方を俗にやらみそといいます。
つまり、セックスをやらずに30歳をむかえたという意味です。

 

やらみそ女子の特徴


ここでやらみそ女子の特徴が下記になります。


・セックスに興味を持ちつつも自分を出せずに年齢だけ重ねた女子
・男性に対するコンプレックスが強い
・セックスに臆病になっている女性

 

自分の殻に閉じこもっていた女性


やらみそ女子はまず、セックスに興味があるにもかかわらず自分の殻に閉じこもっている傾向があります。


自分の殻に閉じこもりいつしかその殻を破ってくれる男性が現れると信じ込んでいます。


ですがその殻を破る男性は現れません。自分から閉じこもっている以上自分で破るしかないのです。


しかしその状況に慣れてしまい、自分から殻の外に出ることに臆病になっています。

 

男性に対するコンプレックスが強い女の子


また、男性に対するコンプレックスが強いことも特徴の一つです。
付き合った経験がないことから男性とどのように接したらよいか分からずにいます。


もちろん優しい男性であればある程度エスコートしてくれますが、経験がない分強がってしまいそのエスコートに対しても素直に対応できないのが特徴です。

 

セックスに対して臆病になってしまった女性


そして30歳過ぎても処女であるという現実から目をそらしてしまい、セックスに対して臆病になっているのも特徴の一つです。


処女を悟られたくない一心で自分のことを隠そうとします。


30歳過ぎての処女は恥ずかしいことではないにもかかわらず勝手に思い込んでしまい、
異性や性に対して臆病になってしまっています。

 

【関連ページ】逆に童貞男性の年齢などについて紹介しています。 >>童貞卒業の平均年齢はいつ?都道府県別・全国平均は?

 

男性から見た「30代で処女」の女性とは


確かに、男性から見ると30歳で処女の女性は正直異質にも感じます。


これまでどうして出会いがなかったのか理由も分からないし、
性格に難があるのかもしれないと想像する人もいます。


ですが、たいていの男性が処女だからといって付き合うのをやめたりすることはありません。


反対にいろいろと自分が教え込めるチャンスであると考える人もいます。
もちろん中には30代での処女をややこしい女だと判断して避ける人もいます。


ですが、たいていの男性は他の男性の手がついていないことを喜ぶことはあっても、
処女であることをそれほどマイナスには考えないものです。


そのため、女性は処女であることを悲観的に考える必要はなく、自分を聖女だと言えるぐらいの強さが必要だと考えます。

 

【毎月更新】本当に出会いを作れる優良サイト・アプリランキング >>優良出会い系サイト・アプリランキング【評価・口コミを元にした本当のおすすめ】